<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1176794389076832&ev=PageView&noscript=1" />

<女性限定>明日を“わたしらしくする”チェンジの扉~レゴブロックで楽しく語り合うワークショップ

東京都FUJITSU Knowledge Integration Base PLY(富士通ソリューションスクエア2階)
2018/12/20(木) 19:00〜

年末が近づいてきて、一年を振り返る機会が多い季節だと思います。


「色々やりたいことがあったけど、今年もなんかいつもどおりだったなぁ。」

「なんだか最近、わたしらしくないなぁ。自分らしく生きたい。」

「最近、仕事が楽しくないなぁ。もっとワクワクを大事にしたい。」


と感じていませんか?


今回のあすよみでは、「わたしらしさ」を見つけて「いつものじぶん」から一歩ずつ歩みだした女性起業家をお呼びして、自分を見つめなおす女性限定の特別イベントを企画しました。


ゲストは、日本を代表するNGOの1つでもある「認定NPO法人ACE(エース)」代表の岩附 由香さんと、ニューヨークでNPO「NY de Volunteer」を立ち上げ、現在はIT企業で働く日野 紀子さんです。


冒頭でそれぞれの「チェンジ・ストーリー」をお聞きします。

「チェンジ・ストーリー」を聞いた後は、あすよみ流の本を使った参加者同士の対話を中心とするワークショップです。


今回使う本は、ゲストである岩附さんの団体ACEの活動をまとめた書籍「チェンジの扉~児童労働に向き合って気づいたこと」です。

児童労働をやめて教育を受けられるようになった子どもたち自身や、彼らに向き合ってきたACEの日本人スタッフが体験した「人生の変化のきっかけ」を通して、“人生は選択でき、変えることができる”ということを伝える内容となっています。


日本で普通に生活をしているだけでは決して知ることのない社会課題の最前線に目を向けることで、思考の幅が広がり、普段気づかなかった視点やヒントが得られると思います。


ゲストのお二人のお話しや書籍からヒントをもらい、レゴブロックを使って対話しながら「わたしらしさ」や「じぶんの中にあるチェンジの扉」について探求していくワークショップとなります(本はこちらでご用意いたします)。


女性には、「共感力」「コミュニケーション力」「愛する力」をベースとした「つながる力」があると思います。


しかしながら、日本は先進諸国の中でも、女性が働きにくい国にランキングされています。

(経済協力開発機構(OECD)加盟国29ヶ国中ワースト2位(2017年調査))


一方で、日本のどの企業でも、「働き方改革」「新ビジネスの創出」が求められています。


「多様性」が価値を生むこれからの社会において、女性が本来持っている力を引き出し、自分らしくいられることが、世界を豊かにすることにつながるカギなのかもしれません。


今日の「わたしの選択」が、明日の「わたしらしさ」をつくる。


自分自身へのクリスマスプレゼントとして、”わたしらしい”チェンジの扉をプレゼントしませんか?


「あすよみ」では、毎回、みんなで対話するユニークなワークショップを開催しています。


詳しくは、「あすよみのイベント5つの特徴」をご覧ください。

http://www.asuyomi.com/pages/1008214/blog


ぜひ「あすよみ」にお越しください(本を忘れずに!)。

東京都で開催予定のイベント

イベントが見つかりませんでした。