<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1176794389076832&ev=PageView&noscript=1" />

【Work Design Camp】人生100年時代の波に乗るための「ポートフォリオキャリア」

東京都Diagonal Run Tokyo
2017/09/28(木) 19:30〜


詳細

「人生100年時代」をどう生きるか? あなたはどんな働き方、生き方をしたいですか?


LIFE SHIFTが発売されてから「人生100年時代」という言葉とともに、100年という歳月をどのように過ごすのか?自分自身の人生をどのように生きるのか?生きたいのか?というテーマがあらためて注目されるようになりました。


同時に、「生きる」上で切り離すことができない「働く」にも注目が集まり、「働き方」についても考える機会となっています。


今回はみなさんにとっては聞き慣れない言葉かもしれませんが、

「ポートフォリオキャリア」というテーマでお話をしたいと思います。


副業、複業、パラレルキャリアなど様々な言葉がありますが、

どれも働き方の「種類」を表すものですが、

「ポートフォリオキャリア」は異なった言葉です。


自分を構成する仕事をポートフォリオとして見立ててみるとどうなるのか?

既存の自分の仕事だけでなく、新たな自分らしい仕事はどのように作ることができるのか?


●会社員として仕事をしているけれど、自分の働き方、キャリアについて考えたい

●フリーランスとして仕事をしているけれど、できることだけではなく、やりたいことにも挑戦したい


という方はぜひお越しください。


モデレーター&ポートフォリオキャリアを実践している4人でみなさんをお迎えします!



【イベント詳細】

▶︎日時:9月28日(木)19時開場、19時30開始


▶︎場所:Diagonal Run Tokyo(東京都中央区八重洲2丁目8−7 福岡ビル4F)


▶︎登壇ゲスト:

・三原 菜央氏(事業会社広報、「先生の学校」代表)

・今田 孝哉氏(MOA大学代表)


▶︎モデレーター

・黒田 悠介氏(新規事業を支援するフリーランスのディスカッションパートナー、キャリアシナリオコンサルタント、Blended株式会社 取締役COO、FreelanceNow発起人、フリーランス研究家)

・寒川 英里(Diagonal Run Tokyo コミュニティーマネージャー、【ふみだす一歩を支援する】cokowill 代表、パーソナルコーチ、キャリアカウンセラー、キャンパー)


▶︎タイムスケジュール

19:00〜 会場

19:30〜 開始の挨拶

19:40〜

・ポートフォリオキャリアとは?

・ポートフォリオキャリアがなぜ今後の働き方に重要なのか

・ポートフォリオキャリアワーカーから具体的な働き方、生き方を学ぶ

参加者の皆さんの体験、経験もシェア!

・ワークショップを通じて自分のポートフォリオキャリアを考えてみよう

21:30〜懇親会

22:00 終了

※内容は当日までに変更する場合があります


▶︎参加費:2,000円(ワンドリンク付き)


【こんな方におすすめ】

・自分自身の働き方を考えてみたい方

・複業に興味のある方

・やりたいことを形にしてみたい方


【登壇者プロフィール】

三原 菜央氏

大学卒業後、学校法人「三幸学園」に就職。三幸学園に8年間勤務した後、不動産の広報PRを経て、Webのプロモーションを行うベンチャー企業に転職。主に営業とオウンドメディアの立ち上げに従事。その後、学校広報やオウンドメディアの経験を活かして大手事業会社に転職。自社のBtoBサービスの広報担当として働き、グループ内の広報ナレッジコンテストでは全社2位を獲得。本業に留まらず、「先生の学校」の開催や業務委託で広報PRを担うなど、複業家として幅広く活躍中。


今田 孝哉氏

1993年生まれ / MOA大学代表 学生時代は音楽・ブレイクダンスを行い、 13年には”野外音楽フェス”を立ち上げる。「超大自然フェス」と題したイベントは、その企画のユニーク性から各メディアに取材され「福井で今熱い人~What'sHOT!~」として雑誌・新聞に取り上げれる。その後福井最大規模に成長。9年間、エンターテイメントの世界に身を置いたことで、ワクワクする空間作りの素晴らしさを実感し、22歳の時に「エンターテイメントで世の中を変える」ことを志す。現在はスタートアップで新規事業を立ち上げながら、MOA大学の運営を行っている。



【モデレータープロフィール】

黒田 悠介氏

1985年生まれ。大学卒業後、ベンチャー社員×2→起業→キャリアカウンセラー→フリーランス(ポートフォリオワーカー)→兼業COOというキャリア。スタートアップから大企業までディスカッションパートナーとして年間30社の 新規事業の立ち上げを支援。フリーランスに関する情報を発信する「文系フリーランスって食べていけるの?」というメディアを運営し、登壇実績多数。その他の肩書は、アイディエーション講師/キャリアシナリオコンサルタント。フリーランス900人の互助組織「FreelanceNow」発起人。転職に代わるキャリアマッチングサービス「Transit」を運営するブレンディッド株式会社 取締役COO。


寒川 英里氏

1981年生まれ。幼い頃から「先生」に憧れ、教員免許を取得するべく、大学へ進学。「なぜ教師になりたいのか」という課題が出され、初めて理由を真剣に考え「先生」=「人の成長・変化に立ち会う人」だと思っていたこと、一方で教科を教える事は楽しいと感じていないことに気づく。私自身がワクワクしながら「人の成長・変化に関わる仕事」をするためにリクルートグループに入社し、人材領域の営業、企画、メンバー育成などに関わる。2009年の娘の誕生、復職を機に改めて何のために働くのかを考えた結果、私の仕事は「一人ひとりが自分らしく働き、生きるきっかけをつくる」ことと定義し、企業人事、コーチ、キャンパーとして複数の仕事を行う。2016年4月に独立、7月に【ふみだす一歩を支援する】cokowillというwebメデイア、サービスをスタート。2017年4月Diagonal Run Tokyoのコミュニティーマネージャー。「本当の仕事」ワークショップを各地で開催するなど、ポートフォリオワーカーを実践中。


【注意事項と免責】

申し込み後のキャンセルは受け付けておりませんのでご了承いただけますようお願いいたします。






東京都で開催予定のイベント

イベントが見つかりませんでした。