<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1176794389076832&ev=PageView&noscript=1" />

全戸省令準耐火構造適合

全戸省令準耐火構造適合

保険料減額は安心・安全な住まいである証


ヤング開発の住宅は、全て省令準耐火構造適合です。

省令準耐火構造とは、住宅金融支援機構の業務運営などに関わる省令に定める、準耐火構造に則った耐火性能を有する構造の建物のことをいいます。認定を受けることで、一般的な木造住宅と比較して火災保険料・地震保険料を低く抑えられます。


省令準耐火構造


◇外部からの延焼防止

不燃材の屋根、外壁、軒天に防火認定材を使うことで、隣の家などから火をもらわないようにします。


◇各部屋防火・他室への延焼遅延

内部に関して外壁側や界壁に、ファイヤーストップ構造を採用し、厚みのある耐火ボードやグラスウール、厚さ30mmを超える木材を使用。火事が起きてもある程度の時間部屋から火を出さない・仮に部屋から火が出ても、延焼を遅らせます。


特記仕様の発行


ヤング開発の住まいは、資格を持った検査員による厳しい審査と検査に基づいて、 特記仕様が全戸発行されます。

設計時検査・現場施工時検査の2回、チェックリストによる確固たる検査を実施しています。