<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1176794389076832&ev=PageView&noscript=1" />

強固な家創り

強固な家創り

強固なSHMB工法


ヤング開発の住まいは、家族を守る安心と信頼の住まいです。

地震・風など、外部からの強い圧力に対して建物が変形しないよう、床をはじめ柱・梁、筋違いの接合部は基準を上回る質の高い金物で補強しています。構造材の接合部分のボルトは全て2度締め(増締め)をして安全性アップ。さらに2度締めしたものはカラーペンキを塗ることで念入りに確認します。

無垢材の1.5倍の強さを持つエンジニアリングウッドを使うことで、強固な躯体を実現。金物工法、鋼製火打ち梁、垂木全数金具止めなども採用しています。


耐震性・耐久性に優れた基礎


基礎は、建物の安全設計のベースとなる土台部分です。

ヤング開発の住まいは、荷重を地盤に伝える面積が広く最も安定した構造体の一つ「ベタ基礎」を採用しています。

鉄筋は縦横に巡らせ、ベタ基礎のスラブ筋のピッチは150mm施工。基礎の立ち上がり部分の幅は150mmを確保し、コーナーには大型の基礎火打ち(300mmコーナー)を採用しました。さらに外周部にも補強筋を入れることで、より耐久性・耐震性に優れた基礎となっています。

そのほか、基礎パッキング工法、排水ヘッダー工法を採用し、将来のメンテナンスも容易にしました。


外壁内通気工法


外壁内通気工法により、外壁内のエアバリア(空気の壁)が、外気との温度差の緩衝帯となり断熱効果を発揮。室内温度への影響を与えにくくします。

また、外壁内の空気の流れが壁体内の湿気を蒸発させることによって結露を防ぎ、壁内の断熱材の耐久性も高め、断熱効果の維持にもつながっています。結露の発生を防止することでカビの発生を抑制し、建物も長持ちします。