<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1176794389076832&ev=PageView&noscript=1" />

経営理念と社風に魅かれました — 公共イノベーション&サポート事業部

経営理念と社風に魅かれました — 公共イノベーション&サポート事業部

プロフィール


地域科学研究所の公共イノベーション&サポート事業部で働いている方に、自身の仕事内容や会社の魅力についてお話しいただきました。


●出身 神戸大学大学院 国際協力研究科 卒

●所属 公共イノベーション&サポート事業部

●これまでのキャリア

入社して4年目で、これまで様々な自治体を担当してきました。徳島県や鳥取県の自治体で仕事を経験し、最近は香川県をメインに県内全域の自治体で、営業やシステムのサポート、コンサルタントを行っています。


仕事について


◇仕事内容

私は地方自治体の職員さんと協力して地方で役立つシステムを提供し、運用をサポートしています。最近では、空き家の管理システムや苦情要望の管理システム、自治体公式アプリなど、より地域住民の方々に密着するような内容のシステムをご提案しています。


◇仕事にまつわる嬉しかったエピソード

入社してから2年ほどは、自分の力量が足りずお客様にご迷惑をおかけすることもありました。しかし、最近では関わりある全てのお客様と良好な信頼関係を構築できているように感じます。日々の精進によって信頼関係は築けるものだと思いますが、関係が構築されると毎日の仕事が楽しくなってきました。


◇会社を選んだ理由

私は地域科学研究所の経営理念と社風に魅かれました。元々「地域の活性化」というテーマに関心があり、経営理念に「豊かで活力ある地域社会づくり」を掲げていた当社に興味を持ち、入社を決めました。また、説明会や入社前の訪問などの場面で、雰囲気の良さが伝わってきました。この会社なら充実した働き方ができそうだと思い、実際に社内の風通しも良く感じます。社員同士の仲が良いところも好きです。


就職活動アドバイス


私は就職活動中、興味が持てる業界・会社に対象を絞ること、早め早めに動くこと、面接やグループディスカッションの場数を踏むことを心掛けてきました。

また、働きやすさや社風は大切だと思うので、会社訪問を行うなど、実際に足を運ぶことが大事だと考えています。皆さん、頑張ってください。