<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1176794389076832&ev=PageView&noscript=1" />

もっと地元を元気にしたい — 公共イノベーション&サポート事業部

もっと地元を元気にしたい — 公共イノベーション&サポート事業部

プロフィール


地域科学研究所の公共イノベーション&サポート事業部で働いている方に、自身の仕事内容や会社の魅力についてお話しいただきました。


●出身 日本大学 生物資源科学部 森林資源科学科 卒

●所属 公共イノベーション&サポート事業部

●これまでのキャリア

入社して1年目なので、キャリアはまだまだこれからの話になります。日頃から切磋琢磨し、きちんとキャリアを積んでいきたいです。



仕事について


◇仕事内容

私は地方公共団体に密着した、公会計導入サポートを行っています。公会計とは、自治体特有の会計のこと。財務データ、建物・土地などの財産データを主に取り扱っています。これらのデータをまとめて自治体の財務状況を分析し、これからの運営方針などに活かしてもらうような業務です。マイナーな分野ですが、地方自治体の仕事をサポートして、より良い地域にしていくといった意味では、とても密着した仕事内容だと思います。


◇仕事にまつわる嬉しかったエピソード

担当のお客様から、業務外での内容で相談されたことが嬉しかったですね。業務で質問がくる時はもちろんありますが、業務外でも私を頼ってくださることは1番嬉しいことだと思います。もっとたくさんの相談をいただけるように、日々精進しております。


◇会社を選んだ理由

私が小さい頃に、「日本一高齢化が進む町」として地元が取り上げられました。その頃から地域問題に対して強い関心を持っており、将来は地元に貢献できるような仕事をしたいと考えていました。そして地域科学研究所に出会い、地域に密着して貢献していくという仕事内容に惹かれ、入社を決めました。


就職活動アドバイス


1つ目はいかに早くスタートを切れるか、だと思います。限られた時間の中で、自身が納得できるような就職活動を進めていくには、スタートダッシュを決めて余裕を持たせることが大切だと感じました。

2つ目は、仕事内容をはじめ、職場環境、働く場所、人間関係など、自分が働いていく上で何が1番大切なのかを考えて活動することが重要だと思います。理想の社会人生活を思い描き、何が大切か優先度を決めることで、自分に合った会社を見つけられると思います。頑張ってください!