<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1176794389076832&ev=PageView&noscript=1" />

適材適所を比較 スポーツ vs ビジネス

適材適所を比較 スポーツ vs ビジネス

伊藤亜里沙

Capire(カピーレ) 才能分業コンサルタント 法人の適材適所コンサルティング、個人向けのキャリアコンサルティングを行っている。 会社員時代は夢中になれる仕事がわからず職を転々。 自分を研究するために学んだ心理学、行動科学等、人間の本質を知るための学問知識を活かし、オリジナルの適職診断「才能分業明細書™」を考案。

スポーツでは、それぞれの選手が得意なポジションを担当します。

 

 

例えばサッカーなら、

 

Aくんをキーパーに。

Bくんを右サイドバックに。

 

野球なら、

 

Cくんをキャッチャーに。

Dくんをピッチャーに。

 

なんてことをやります。 

結果も点数ではっきり出るので、効果の有無がわかりやすい。

 

 

 

そして、このチームが強かった場合、もし急に監督が

「CくんとDくんのポジションを入れ替えよう~!」と言ったら、

 

チームメンバーは

「えええええ!!!!」

 

と思うでしょう。

 

それぞれがスポーツ万能な人なのだとしても、既に強いチームのキャッチャーとピッチャーのトレードは危険だと感じるからです。

 


企業で人事異動をする場合には、スポーツと違って効果がはっきり目で見えにくいので、Before & Afterをきちんと見るようにすれば、社員の方たちがより働きやすい会社になっていくのではないでしょうか。