<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1176794389076832&ev=PageView&noscript=1" />

仕事にするならどっち?得意なこと vs 好きなこと

仕事にするならどっち?得意なこと vs 好きなこと

伊藤 亜里沙

Capire(カピーレ) 才能分業コンサルタント 法人の適材適所コンサルティング、個人向けのキャリアコンサルティングを行っている。 会社員時代は夢中になれる仕事がわからず職を転々。 自分を研究するために学んだ心理学、行動科学等、人間の本質を知るための学問知識を活かし、オリジナルの適職診断「才能分業明細書™」を考案。 「人生を楽しく」「それぞれの人がもっと自分らしく過ごせるようにサポートしたい」という想いで活動中。

仕事にするのは、自分が「得意なこと(=できること)」が良いのか、それとも、「好きなこと(=やりたいこと)」が良いのか。


お客様からよくいただく質問なのですが、みなさんはどちらですか?

 


私はどちらかではなく、

「得意なことで、かつ、好きなこと」をするのが一番だと思います。


…が、ここでポイントが一つありまして、得意なことには、


①得意だし、好きなこと

②得意だけど、好きじゃないこと 


があるんです。

 

私は物事のオペレーションが本質的には得意なので、何かの段取りをすることはぱぱっとできるのですが、決してワクワクしない。

つまり、別に好きじゃないんです。

だからこれだけをし続ける業務だと飽きちゃいます。


得意だけどそんなに好きじゃないことを仕事にしても、続きません。

こういうものって、皆さんの中にもたくさんあると思います。

 


私は、独立する前、自分の好きなことと得意なことの両方を同時に探しました。 


「得意なこと」の中に「好きなこと、やってみたいこと」が入っているか確認して、「よし、入ってる!」という状態で今の事業を始めたんです。

だから、今すごく楽しいです。