<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1176794389076832&ev=PageView&noscript=1" />

後悔しないために転職!仲間、家族、仕事に対する熱い思い。

後悔しないために転職!仲間、家族、仕事に対する熱い思い。

清水 大志

出身:愛知県名古屋市 大学卒業後、(株)NTTフィールドテクノに入社。1年目には、通信の建設業務に携わり、2~3年目は通信設備の保守保全を従事。 2020年4月にADD1株式会社に入社し、電気通信業の事業拡大に取り組んでいる。 末っ子気質で人懐っこい性格、仕事熱心で工事チームの要。ダイエット宣言中。 趣味:ゴルフ・野球

今回はADD1工事チームの要!2020年4月に入社した清水さんにインタビューさせて頂きました!

転職の経緯や入社早々コロナの影響を受け苦労したこと、将来像などお伺いしていきたいと思います!




工事チームの要として。ベンチャー企業でチャレンジしたい!

ー清水さんは入社前はどんなお仕事をされていましたか?

 

新卒で(株)NTTフィールドテクノに入社し、3年間NTT設備の新設から保守・保全までを従事していました。

具体的に新設は、光回線がまだない地域に電柱を建てて光回線を敷設したり、ケーブルが足りないときに追加でケーブルを敷設したりします。保守・保全は、お客様のネットが使えないテレビが見れない時などの故障対応や、故障などが起きないように事前の予防業務などのことです。

 

 

ー電気通信業界の大手からベンチャー企業であるADD1に入社するきっかけはなんでしたか?

 

社長との出会いは大学時代の部活で、社会人になってからも一緒に野球をやっていました。

ある時社長が名古屋に帰省し一緒に喫茶店に行った際に、ADD1が何をやっているのか、今後どうしていきたいかなどの話をして下さり僕に工事チームとして引っ張ってほしいと声をかけられたのがきっかけです!

 

 

ー声をかけれてすぐに転職を決意したんですか?

 

正直最初は悩みました。今まで名古屋から出たこともなかったので...(笑)

でも声をかけてもらったタイミングが良く、当時勤めていた職場がちょうど異動のタイミングで現場から管理業務に変わる時期だったんです。僕自身もっと通信の現場に携わりたいという気持ちがあったので、異動には気が進まない状況の時に声をかけてもらいました。

かなり考えましたが少しでも興味があるのならここで転職しないと後悔すると感じたので決意しました!

 

それに尊敬している社長のもとで働きたいと思ったのも理由の一つです。

常に冷静に物事を判断して行動でき、勉強熱心で仲間思い、自分にはないものをたくさん持っているところに惹かれ、この人について行きたい!と思いました。

 

 

ー大手の会社からの転職をするにはそれなりの覚悟があったと思います。

 

そうですね。前の会社はNTTグループで将来安定はしていたと思いますし、正直親にも心配されました。

でも設立して間もない会社ということもあり、自分で会社のルールや環境などを作り上げていきたい!チャレンジしたい!という気持ちの方が強かったです。

実際にADD1で工事チームの体制作りを行いました。入社当初は取引先1社・パートナー0人でしたが、今では取引先9社・パートナー20人ほどに増えました。自分で会社の体制を作っていくのは苦労もありますけどとてもやりがいを感じ、今後も様々なことに取り組んでいきたいと思ってます!

 

そして前の会社で出世した場合の年収を大幅に超えたいです!!!

両親にも家とか車とかも買ってあげたいですし、自分が家庭をもって幸せに過ごしている姿を見せることで恩返しもしていきたいです。






仲間に対する熱い思い

ー現在ADD1ではどのような業務をされていますか?

 

電気通信業の事業拡大のため、新規取引の開拓やパートナー様の管理業務を行っています!

ジョブマッチングサイトを活用したりホームページを見てテレアポで新規の取引先を開拓、パートナー様の管理業務は現場の調整や金額管理などを一任されています。

 

あと電気通信工事の現場にも出ています。モバイル端末に効率よく電波を届けるための基地局工事、パソコンや通信機器などをネットワークに接続するためLAN工事などを行っています。

 

 

ー新規開拓に現場仕事で大忙しのなかで仕事をするモチベーション何ですか?

 

ADD1で働いている社員全員が幸せを感じる環境を作りたいのと、自分がどこまで成長できるのかを試したいっていう気持ちです!

周りが幸せになってくれたら自分自身も幸せに感じるし、そのためにはみんなが何に幸せを感じるのか知る必要があると思っています。

 

みんなのために僕は全力を尽くしたいんです!

 

 

ー仲間に対する熱い気持ちが伝わってきます!

 

社員が会社のことを考えるのはもちろん大事ですが、それと同じくらい自分の幸せを考えることが大事だと思います。せっかく大学からの付き合いで仲の良いメンバーが集まっているので、みんなで幸せになる環境を考えて作っていきたいです!

 

自分を試したいというのは、実は僕今まで挫折の経験がないんです。それは自ら挫折しそうな道を選ばずに、並み以上の成果は出してこれたからだと思います。でも今回は何もないところからのスタートなので、電気通信の技術も人間性も自分がどこまで成長できるのか試してみたいです!

 

 

ー一緒に働いている仲間はどんな方たちですか?

 

頼りになる人ばかりで周りで困っている人がいたらすぐに助けに入ります。

例えば仕事で躓いているときすぐに相談に乗ってくれたりアドバイスをくれたり、何かトラブルが起きたときには全員でその対処方法を考えたりします!

 

特に社長は常に的確なアドバイスをくれますし、会話をしていても着目点が抜群で躓いたときなどいつも助けてもらっています!

感謝です!!

 

 

ー頼れる仲間というのは心強いですね!

 

でも付き合いが長く仲の良い仲間だからこそコミュニケーションを取るうえで大事にしていることもあります。

まずは手の意見を尊重することです。全てを聞き入れる訳ではないですが、まずは相手の意見を聞きそれに対して一緒に考えていくようにしています。あとは極力マイナスな発言をしないように心掛けています。入社当初にパートナーの方と上手くいかなかったことがあり、それによってネガティブな言動になってしまい周りに心配かけてしまいました...。それ以降は気を付けています!






稼ぐことは甘くない。苦労した2ヶ月

ー入社前と入社後のギャップはありますか?

 

ギャップはありましたね...。

入社前は自分が現場に出て電気通信の工事等を社員に教えて広げていくイメージをしていましたが、入る予定の現場がコロナ等の理由で人数の必要がなくなってしまい入れる現場がなく、仕事を自分で取ってくるような営業がメインでした。

ジョブマッチングサイトを活用して自分のできそうな分野を選んで応募してました。ですが最初の2ヶ月は契約には至っても現場がなく特に苦労しました。

 

自分で仕事を取ってくるというのは想像以上に難しく、それと同時に稼ぐことがいかに難しいかを感じました。

 

 

ー稼ぐって簡単じゃないですもんね。

 

今までの環境は良くも悪くも利益などに関して社員はあまり考えていなかったので、ただただ上からの指示を受けそれに従い動いていただけでした。そんな過去の自分に「稼ぐことは甘くない。自分から行動に移さないと何も生まれないよ!」と伝えたいです。

 

 

ー仕事に対してはどのような思いで取り組んでいますか?

 

会社を大きくしたい!自分自身が成長したい!電気通信業界をもっと盛り上げたい!という思いで取り組んでいます。

 

 

ー仕事に対しても熱い思いをお持ちなんですね!

 

通信といえばADD1と言われるような存在になりたいですねー!

前職が電気通信業だったので、そこでNTTの最新技術を自分自身で学び周りにもっと知ってほしいと思ったことがきっかけです。今は通信インフラは人々の暮らしに必要不可欠になっているので、今後も発展が著しいと思います。そのような現場に入れることは社会への貢献度も高く、非常にやりがいを感じています!

 

電気通信業界が未経験の人も好きになってもらえるように自分自身の経験を少しでも伝えられたらと思っています!

 

 

ー清水さんは将来どうありたいですか?

 

困っている人に対してすぐに助けることができるような会社、人間になっていたいです!

先の話にはなると思いますがADD1が通信業界で大きくなった時に、通信の工事に関する相談ならADD1の清水に聞けばわかる!という存在になりたいです。社内でも仕事でお付き合いるする方達からも頼られる人間になりたいです!

 

 

ー最後に会社の好きなところを教えて下さい!

 

本当に人が良くみんなポテンシャルを秘めていて、目標達成のために全員が必死に動けるところが好きです!

みんな仲間思いで人のために動けるような人ばかりですが、まだまだ仕事に対して自分を出せていない人が多いと思うのでみんなが殻を破ることで物凄いことが出来るのではないかと感じています。

 

今後会社が大きくなるとともに一緒に働く仲間が増えると思いますが、人の気持ちを考えられる人と働きたいです!

どんな困難なことにもくじけないで必死に食らいつける人がこの会社でやっていけると思います!