<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1176794389076832&ev=PageView&noscript=1" />

仕事も育児も楽しめる社会を目指して。心のつながりが育む、教育・福祉の現場

仕事も育児も楽しめる社会を目指して。心のつながりが育む、教育・福祉の現場

仕事も育児も楽しめる社会を目指して。心のつながりが育む、教育・福祉の現場

「全ての人々が夢や役割を持って、笑顔で暮らせる社会をつくりたいんです」と、はきはきとした関西弁で話す『モリ・プランズ』の社長、吉盛さん。

兵庫県豊岡市を中心に、地域企業のコンサルティングや保育・介護施設の運営に力を入れています。

“明るい未来をつくる” そう言葉にするのは簡単。では実際に地域社会にどのような影響を及ぼしているのでしょうか?吉盛さんの職場に対する厳しくも温かいおもいを、余すことなくお話していただきました。

吉盛 文彦(よしもり ふみひこ)

モリ・プランズ株式会社 代表取締役。関東圏内の自治体や企業に向けたコンサルティング・プランニングを手掛ける。現在は兵庫県豊岡市を中心に、教育・福祉関係の施設運営も行う。医療・介護事業を展開する、株式会社ラッキーシーダーズの代表取締役も務める。

小規模保育園だからこそできる、子どもを通じた大人の教育

教育や福祉に関する事業とは、具体的にどういったことをされているのでしょう?

吉盛文彦さん(以下、吉盛):モリ・プランズは、もともと保育園の運営からスタートしました。その後、教育をテーマに事業を展開し、地域企業や自治体のコンサルティング、学習塾や放課後デイサービスの運営、子育てセミナーの開催なども行っています。

吉盛さんが特に教育分野に力を入れているのはなぜでしょうか?

吉盛:たまたまご縁があって保育園の運営を引き受け、携わっていくうちに「大人が作る環境で子どもたちの将来が決まる、それらなまず大人の教育をせなあかん!」という結論にたどり着きました。

親御さんに対して、“こうすれば正解”と伝えるのではなく、子どもたちを通じて親御さんが自然と変わっていく。そうすることで教育の環境が良くなっていく、このサイクルを大事にしたいなと思っています。

そのためにまず、勉強会や保育園での行事の中で、スタッフと親御さんとの間に関係性をつくります。大規模な運営で効率化を図るのは簡単ですが、小規模な保育園を点在させることで、親御さんひとりひとりとの関係性が作りやすく、教育についても手厚くなるのは間違いないですよね。

そもそも保育園という場所が、子どもを預ける場所であって、教育というイメージがあまりなかったかもしれません。

吉盛:現代は、核家族化が進み、昔のように世代を越えた複数の大人との関わりが乏しくて、なかなか家庭での教育がむずかしいと思うんです。なので保育園の環境からその状況を変えていきたいんです。

お母さん一人が育児を抱えてしまうと、その親子が社会の中で生きてるという感覚が薄くなってしまう。自分と子こども二人だけの世界になっていき、生活環境に問題が生じて、ネグレクトや虐待にもつながりかねません。

僕はせっかく子育てするんだったら楽しんだほうがいいでしょって思うんです。でも実際のところ、「子育ては大変、仕事は大変」ってみんな言いますよね。そんな疲れ切った不機嫌な親が家に帰ってきても、子どもは楽しくないじゃないですか。親が「今日めちゃくちゃ楽しかったわ!」って子どものところに帰ってきてほしいなって思います。そしてそれは、職場のスタッフにも同じように思っています。

三方良しの好循環が、職場の“いい空気”を生み出す

なるほど。スタッフの皆さんが仕事を楽しめるような環境も大事にされているということですか?

吉盛:会社の理念として「元気、感動、感謝を共有すること」を掲げていますが、それは利用者さんにとって、会社にとって、スタッフにとって、っていう3方向に対してです。その全員が良い状態にならないと仕事って楽しくないと思うんです。「楽しくやらなあかん!」と言っているのではなくて、自分たちが自然と楽しいと感じて、結果それが相手にも届けられたらいいよね、ということです。

吉盛さんのそのおもいはスタッフの方々に伝わっているのですか?

吉盛:今現在、スタッフの離職率が限りなくゼロに近いので、多分それが一つの答えかなとは思っていますね。

表向きは良く見える会社っていっぱいあると思いますが、僕が一番気になるのは“ギャップ”です。外から見た部分と中から見た部分にギャップがあると、結局中に入ったときに離脱してしまう、という場合が多いんじゃないかなと感じていて。

そのギャップが生まれないようにするには、何が大事だと考えますか?

吉盛:僕個人としては“空気”だと思いますね。たとえばどこかお店に入ったとき、「このお店なんかええなあ」とか「ええんやけどちょっとちゃうなあ」と感じる空気ってあるじゃないですか。僕はその空気はスタッフが無意識に作るものだと思うんです。応募者の方が見学に来てくれたときは「一口目の空気はおいしかったですか?」って、最初に感じた空気の印象を必ず聞いたりしますよ(笑)。

職場環境を整えるのが、経営者・管理職の役割

職場の“いい空気”をつくるために、何かされていることはありますか?

吉盛:「家族を味方にしよう!」というテーマから、職場の環境づくりをしていますね。

家族ですか?

吉盛:はい。僕は女性が働く上で、もっともハードルになってくるのは家族やと思うんです。

たとえば、男性は女性に対して「定時に帰ってこないと困る」とか「家事もちゃんと両立してほしい」とか、すごい理不尽なことを言う場合があるじゃないですか。それができていないとなったときに女性は「仕事を辞めなくちゃいけない」というマインドになってしまう。一番近い存在が味方じゃないからね。

だから、まずは定時にちゃんと帰ることを奨めていて。うちの保育園は、時間外の労働がありません。持ち帰りの仕事をゼロにすることを徹底してきました。

残業で帰りが遅くなるより、同じ給料をもらって定時に帰ってきて、家のこともやっていれば、家族も応援してくれるじゃないですか。それでたまに「研修に行きたい!」と言えば、喜んで行かせてもらえるわけです。

「元気・感動・感謝のあるサービスを届けましょう」というのは当たり前の話だと思いますが、届けるのはスタッフです。ではそのスタッフを誰が元気にするの?といえば、それは僕ら経営者や管理職の役割だと思うんです。その結果として、みんなが自発的に「利用者さんのためにがんばろう」と思えるのが理想ですね。

心地よい人間関係を生む、新たな視点の見つけ方

そういったポジティブな発想が生まれやすくなるには、何が必要でしょう?

吉盛:相手の良いところを意識的に見つけるようにするのは、大事なことやと思います。僕は人間は良いところが2割、だめなところが8割やと思っていて、良いところを見つけるのって実はすごくむずかしいんですよ。

だから、子育てセミナーや親御さんたちが集まるときに、初対面の相手の良いと思ったところを20個書いてもらって、「褒め合うワーク」をやっています。子どもと向き合うときも、しっかり褒めるというのは大事なことですからね。

慣れていないと、人を褒める言葉が20個も浮かばないかもしれません。

吉盛:問題は物事の捉え方とか、どこから見るのかっていう視点だと思うんです。新たな視点を持つっていうのは、人と関わる上でとても大切なことで、たとえば僕は毎年自分の誕生日に、母親へお花を贈ってるんです。

お母さんにですか?

吉盛:そうです。みんな誕生日って自分がお祝いされる日だと思っていますが、実はお母さんが苦しんで生んでくれた日でもあるんですよね。だから、お母さんにありがとうって伝える良い機会ないじゃないですか。

それを知ると、「誕生日ってそういう日なんや!」ってちょっと驚きがあるでしょ?お母さんもうれしいし、ありがとうと言えた自分もうれしくなります。

想像して、、ちょっと感動してしまいました。

吉盛:新しい価値観に出会う瞬間って心が熱くなって、さらに「自分もそれを誰かに伝えてみよう!」って連鎖していく。そんな気持ちのつながりが生まれる会社でありたい、それが僕のおもいです。

▲スタッフから誕生日プレゼントとお花を贈られた吉盛さん。

会社の永続を願うことが、地域貢献につながっていく

吉盛さんにとって、仕事のやりがいってどんなところでしょうか?

吉盛:僕はやりがいって実は考えたことがなくて。経営者としては、やりがいよりも責任が大事やと思ってます。そう考えると会社を永続することに責任があって、そのためにはもちろん利益もですが、人がちゃんと定着するってことが大事で、その人たちが楽しんで働ける環境が必要ですよね。

楽しく働いている人が増えれば、さらにそこに明るい雰囲気やエネルギーが乗っかってくる。そういう会社を作っていくと、最終的には地域貢献にもなるのかもしれませんね。

その循環が生まれることで、地域が元気になっていくのかもしれませんね。

吉盛:地域に対して直接的でなくても、親御さんや子どもたち、関わる人みんなが元気になって、結果として地域がさらに良い場所になっていきます。だから、楽しく働ける環境を整えて、大人も子どもも元気になっていける空気をつくりたい、それが僕のおもいです。

取材を終えて

「実際に利用者さんや親御さん、子どもたちに接するのは自分じゃなくスタッフ。だからこそスタッフを大事にしたい」と、真剣に語る表情の奥に温かさを覗かせる吉盛さん。その言葉は表面上の綺麗事ではなく、吉盛さん自身が行動をもって示されています。「関わるすべての人が心地よい環境をつくる」ということは、いかなる組織づくりにも共通する、最も大切な基盤となるものだと感じました。

▼教育・福祉事業『モリ・プランズ』
https://mori-plans.co.jp/

▼医療・介護事業『ラッキーシーダーズ』
https://lucky-seeders.com/