<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1176794389076832&ev=PageView&noscript=1" />

待機児童…満員電車…東京のストレスから逃れ、佐賀へ移住したパパブロガーの働き方

待機児童…満員電車…東京のストレスから逃れ、佐賀へ移住したパパブロガーの働き方

待機児童…満員電車…東京のストレスから逃れ、佐賀へ移住したパパブロガーの働き方

初めまして!おはようございます!こんにちは!こんばんは!横道亨(よこみちとおる)と申します。この度ご縁ありまして、働き方メディア「Fledge」佐賀県アンバサダーに就任いたしました。

本業は、東京に本社を構える一部上場企業の福岡支店で人材紹介・再就職支援事業の営業企画を担当しています。その他、佐賀県庁移住支援室の応援団として、佐賀県への移住者・関係人口・お試し移住者の発掘をお手伝いさせていただいている傍ら、まさに私の移住経験をブログに載せて「Iターン移住のパパブロガー」としても活動中です。

本記事では、私の「1.移住前後の様子」、「2.アンバサダーに就任した想い」を綴りたいと思います。

横道亨(よこみちとおる)

東京都墨田区生まれ育ち。30年過ごした押上(最寄り駅:とうきょうスカイツリー駅)から佐賀県唐津市に家族4人で2019/9/10~移住スタート(以下写真参照:環境が様変わり)。(妻はUターン|私はIターン)満員電車通勤、人工物(ビル・マンション・広告・乗り物)ばかりな都会の環境、情報過多な東京にストレスを感じ、自然豊かな佐賀県へ拠点を移しました。

パパブロガーのやっていること

▼移住後、環境は一変。

ブロガーとしては、【パパ】、【移住(Iターン)】を軸に『家族の幸福度』、『地方の働き方』について発信しています。

【Career】サッカーで高校入学→大学4年間ダブルダッチ漬け(カナダに1年語学留学+アジアバックパック)→新卒入社7年目の採用コンサルタント(人材紹介、再就職支援、若手顧問紹介)

【Like】妻と子供、サガン鳥栖、ダブルダッチ(イベント、親子教室)、ランニング
【Interest】人材育成、志を同じにする仲間、日本人の働き方、家族の幸福度
【Dream】九州エリアの企業に新たな働き方の啓蒙活動及び提案、老若男女が簡単にできるダブルダッチの普及

そして家族と毎日笑顔で暮らす!
Blog → https://saganchu-toru.com/before-move/

移住のキッカケは?

私が移住したキッカケは3点でした。

⑴「長男が待機児童になった」

⑵「東京生活に疲れたこと」(笑)

⑶「九州に広めていきたい事業があるから」の3点です。

(1)子供が生まれてからというもの、東京での育児はやや窮屈に感じていました。そんな状況下で待機児童となったため、東京で生活し続けるメリットが多くなかったのです。
(2)東京生活でストレスに感じていたことが6点あり、そのすべてを解消することが出来ると思い人生のセカンドステージに踏み出しました。

➊待機児童というストレス

➋満員電車通勤というストレス

➌情報過多というストレス

➍東京で生活している人の心に余裕がないというストレス

➎自然に触れる機会が少ないストレス

➏スクスク育児が出来ないストレス

※詳細は、ブログで綴っております。https://saganchu-toru.com/stress-tokyo-life/

(3)直近まで東京の人材マーケットで(若手)顧問紹介の事業を担当していましたが、ちょうど移住を検討していた時期に福岡支店にも事業部が立ち上がるとの情報を耳にし、自身のキャリア形成のためにも挑戦したい旨を会社に相談したところ、異動が叶いました。このサービスは新たな人材活用モデルであり、私にとってはマーケットと顧客の開拓をする絶好のチャンスでした。詳細は下記(2)を参照ください。

佐賀(九州)での夢・アンバサダーとしての想い

⑴移住者として⑵社会人として⑶一個人として

(1)移住者として・・・佐賀県庁移住支援室とのご縁で、私がサポートを受けてから佐賀に移住するまでの流れを「移住者の体験談」という形でお話しさせていただく機会を得ました。移住した私がサポートをする側になって、佐賀へ移住する(またはお試し移住含め佐賀県のファンになっていただける)方々を増やすお手伝いをしたいと考えています。(下図:イベントイメージ)

(2)社会人として・・・上記に述べたような福岡並びに九州エリアで新たな事業のマーケット開拓をする事が私の目標です。具体的には、雇用以外の新たな人材活用モデル(=業務委託で“顧問“、”フリーランス“、”複業人材“を活用する)提案です。

人口減少からなる人手不足・事業継承問題は深刻です。労働力を1人で1とみなす時代は終わりました。週5日フルタイム出社できる人間を1とする時代が終わったからです。介護・育児・療養のためにフルタイム出社できない方々、逆にスキルが高いので週5日フルタイムで働く必要のない優秀な層(例:週1日の頻度でも求められる成果が出せる優秀な方がいます)と様々な経験と事情を抱える働き手がいます。

私が提案したいのは、後者の優秀層の業務委託提案という働き方を個人や、そしてそうした個人を採用してくださる企業への理解啓蒙活動を通した開拓です。

(3)一個人として・・・➊パパとして、『家族の幸福度を高めるためには?』を追求したいと思っています。今の仮説は「ママが良く笑う家庭は家族の幸福度が高い(=パパが家事育児に積極的に参加している状態がそれを生み出す)」です。

➋サッカーとダブルダッチを通して人間形成されたといっても過言ではないほどスポーツが私を育ててくれました。ダブルダッチはまだやったことがない人が大勢いるマイナースポーツのため、地方での普及活動にいそしみたいと思います。また「スポーツを通して世界へ羽ばたく人材を育てる」佐賀県庁のSSP構想*1という活動があることを知りました。この活動にいつか参加してダブルダッチの輪を広げたいと考えています。

*1 SSP構想 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000151.000018574.html

色々ご紹介させていただきましたが、実はまだ移住して半月です。妻のUターンにのこのことくっついてきたわけではありません!横道亨という一人の人間が本業・複業を通じて、良い影響を与えられる人間になるのが最終的なゴールです。「働き方」というテーマを専門メディアに持つFlegdeを通じて、「働き方」を専門とする私の発信(blog)にも注目していただけましたら幸いです。

よこみちさんの活動詳細はこちらから!

▼ブログ

虫嫌いなシティボーイの移住生活ブログ

▼Twitter
サガンちゅ