<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1176794389076832&ev=PageView&noscript=1" />

シゴトを楽しむために、今すぐできること。

シゴトを楽しむために、今すぐできること。

シゴトを楽しむために、今すぐできること。

>シゴトに楽しさを感じている方へ
このコラムを読む必要はありません!時間の無駄です(笑)

>シゴトに楽しさを感じられていない方へ
このコラムが少しでもお役に立てれば嬉しいです。

突然ですが、みなさん何のためにシゴトをしていますか?日々のシゴトに追われて、ついつい目的を見失ってしまいがちですよね。新卒で初めて社会に飛び込んだ日…。そのとき、どんな想いで社会人生活をスタートしましたか?

もしも今、
生活を維持するためだけにシゴトをしていたら。
もしも今、
目的もなく何も考えずにシゴトをしていたら。
もしも今、
シゴトに楽しさを持てずにシゴトをしていたら。

自分の人生が勿体ないですよね?

【心】が変われば【行動】が変わります。
そして、【心】が変わるきっかけを一人でも多くの人に届けられるように、コラムを書き綴りたいと思います。

そもそもシゴトが楽しいってどんな状態?

人によって「シゴトが楽しい」の定義は違うと思いますが、ここでは、「やりがい・達成感・充実感」を総称したものを指します。シゴトを心から好きになることができれば、趣味のような感覚でシゴトをすることができます。そうなることで、自ら進んでシゴトをするようになり、自然とスキルや能力が上がっていき、貢献度合いが高まっていきます。貢献度合いが高まれば、よりシゴトが楽しくなっていくという好循環なスパイラルが生まれますよね!

仕事が楽しい状態のイメージ

難易度:★

ルーチンになっている仕事を見直し、もっと良い手段がないかを模索し、やり方を変えてみる。
日々行っている業務を分解して、それぞれのやり方を見直してみましょう!これなら今すぐにでもできますよね!これも立派な「チャレンジ」です。もちろん、チャレンジした結果、今までのやり方よりも悪い結果になる可能性もあると思います。しかし、チャレンジしなければより良くなることはありません。上司や結果を恐れていても、前に進みません。思い切って変えてみましょう!

「誰か」のために頑張ってみる。
利他主義ってやつです!人のため、会社のため、社会のため。give&giveの精神は、結果的に大きなtakeに繋がりますよね!特に周りからの「信頼」はこれ以上ないtakeです。
やっぱり人は、誰かに貢献して喜んでもらえることほど幸せなことはないと思います。

周囲にちょっと気を配るだけで、みんなの「困っていること」が見えてきます。普段よりも気配り、目配りを意識してみましょう!

質問や相談を増やしてみる。
「難易度:★★」「難易度:★★★」とも関連しますが、考えながらシゴトをしていると、知りたいこと、聞きたいことが自然と増えてきます。そんなときは、周囲の方に質問や相談を積極的にしてみましょう!もちろん、普段自己解決していることを聞いてみるのもありだと思います。

自分では思いつかないアドバイスをもらえたり、そもそもみんなとの距離が近づき、今までよりもシゴトがし易い環境になるかも知れません。普段からのコミュニケーションが少ないと、どうしても考えや行動にすれ違いが生じやすいので積極的にコミュニケーションを取りましょう!

難易度:★★

当事者意識を持って、頭に汗をかくまで考え抜いてみる!
ベンチャー企業で良く聞くフレーズ。
「あなたがこの会社の経営者だったら、どう判断する?」当事者意識を持って物事を考えることができれば、自然と主体性がうまれ、行動が変わっていくはずです。

会社(事業)の問題点や改善案などが見えて、仕事にのめり込んじゃうかも!?まずは、妄想レベルからでも良いのでゲーム感覚で始めてみましょう!

難易度:★★★

会社に対する不満があれば、不満を解決するための提案に切り替えてぶつけてみる!
誰もが一度は会社に不満を持った経験はあるのではないでしょうか?でも、そんなとき幾ら愚痴を言っていても何も解決はしません。むしろ、不満が膨れ上がっていくだけですよね。

みんなが感じている不満は、会社にとっては貴重な意見でもあります。今感じている不満を組織として解決したらどんなメリットが会社にありますか?どうしたら解決できますか?
それを考えて「こうするのはどうですか?」と提案に切り替えて持ってきてくれる人は素敵すぎます!

もし聞く耳を持ってくれない上司だとしたら…酷かも知れませんが、もっと会社にとって必要な社員になることです。あなたに辞められると困る!っていう状態になれば流石に真剣に聞いてくれるでしょう!

難易度:★★★★

ネガティブなことも、ポジティブに捉えるように癖づけをする。
簡単なようで、人によっては意外と難易度が高いです。仕事でもプライベートでもネガティブなことってありますよね。失敗しちゃった。怒られた。思い通りに行かなかった。などなど。
落ち込んでいても何もいいことはありません!こんなときこそ、成長するチャンスです!

例えば、「今日中にやらなきゃいけないことを忘れてしまい、上司に怒られた」としましょう。
そんなとき、タスク管理の仕方を見直すチャンスかも知れません!もしくは、自分だったらこうやって部下に伝えてあげたいな!と気づくかも知れません。

発想の転換は、シゴトを楽しむ大事な要素です!まずは、モノの見方や捉え方を意識的に変えてみると良いと思います。

難易度:★★★★★

主体的な行動を継続するために…内発的動機づけを持つ。
意識的、強制的に行動しても継続が難しいことが多いです。それは内発的動機づけがないからに他なりません。行動自体にやりがいや楽しさを見つけられれば、意識しなくてもこれらの行動が自然とできるようになります。

自然とできるような状態になれば、どんどん成長していき、成長することで信頼関係が深まり、人や組織、社会への貢献が増え、結果的に心からシゴトにやりがいや楽しさを持つことができるでしょう!

ただ、内発的動機づけは持とうと思って持てるものではないので、先ず自分はどうしたいのか?など自分自身と真剣に向き合うことをオススメします!

まとめ

これらのほぼ全てに共通すること。それは主体的に行動する!ということです。何事も「やらされ感」では楽しくありません。受身で仕事をしていると、愚痴と疲労を繰り返します。

人は、ロボットではありません。感情のある生き物です。人にコントロールされるのではなく、自分で自分をコントロールしてこそ、やりがいや楽しいという感情が生まれるのだと思います。

ぜひ、いろんなことに「チャレンジ」してみて下さい!きっとその先には、幸せな未来が待っていると思います。