<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1176794389076832&ev=PageView&noscript=1" />

んめものいっぺ、おもしぇひといっぺの庄内地方!子育て×フリーランスという第2のキャリア

んめものいっぺ、おもしぇひといっぺの庄内地方!子育て×フリーランスという第2のキャリア

んめものいっぺ、おもしぇひといっぺの庄内地方!子育て×フリーランスという第2のキャリア

こんにちは、山形県・庄内地方のアンバサダーとしてFledgeに参加しました伊藤秀和です。

神奈川・横浜市で生まれ、33年間を関東圏で過ごし、庄内地方の三川町に移住してから1年が経ちます。

この地にも慣れてきた今、移住するまでのことを振り返りつつ、三川町地域おこし協力隊としての現在の活動やここ庄内のことをまとめました!

(※これまでの経歴に関しては、個人ブログの方にまとめておりますので、興味のある方はそちらもどうぞ。)

伊藤 秀和(いとう ひでかず)

都会での子育てで仕事に没頭しすぎて、ワンオペ育児になってしまったため、生活環境を変えて心機一転、脱サラ。現在は三川町地域おこし協力隊として、「ミカワビト」という担当地域で活躍している人の紹介記事をブログ上に執筆。他、SNS・ブログ・ラジオによる情報発信、イベント企画・運営、家族移住ブログ「家族4人、山形暮らしはじめました。」・通販サイト「めいぶつチョイス」三川町ページ運営中。

子育てをするために選んだ『フリーランス』という第2のキャリア

▲庄内に来てから、子どもと一緒に過ごす時間も増えました!

新卒から勤続10年。入社時に550人いた同期もリーマンショックや、東日本震災など激動の時代を経て100人を切る中。10年目に入るときに退職の意向を上司に伝えました。

特に人間関係が悪かったわけでもない。

仕事が辛いわけでもない。

少し帰宅は遅いけど、我慢できるレベル。

それでも、既視感の強いこの環境から何かを変えたかった。


「ワクワクするような人生の転機をつくりたい」

そんな思いから、大手人材サービス企業へ入社。

朝から晩まで新規の電話を200件、1日100件以上の飛び込み訪問の新人時代。

日々、時間単位で追っていく業績。

スピード感のある会社の中で、自分のキャリアに本気で向き合う余裕もなく、仕事のことばかりを考える日々が続く。

1,2年だけ会社員を経験したら、独立しようと思ってました。しかし、年次を積むごとに任せられる責任のある仕事にやりがいを感じながら、結婚・子どもの誕生などのライフイベントを経る中で、会社員という生き方もありなのではないかと思うように。

当時、国の働き方改革などの動きもあり、労働環境は改善されてきていました。21時に仕事が終わると帰宅して22時。子どもが寝る時間で、この時間に帰宅すると子どもが逆に起きてしまったりするので、時間をずらして遅く帰ったり、家族の寝顔しか見れていませんでした。

仕事は仕事で忙しいけれど、家庭は家庭でなかなか育児をサポートできていない現状をどうにかできないかと問答する日々。

時間から自由になるには?

自分でお金を生み出すには?

そんな中、真剣にキャリアに向き合った結果、フリーランスという生き方をしようと決意。

会社員時代にブログを開設したり、ライティングセミナーに通ったりして、フリーランスになった際に活かせるスキルを伸ばそうとしました。

『地域おこし協力隊』という制度との出逢い

▲町の特産品食べれるなばな「キラリボシ」を収穫する様子

▲地域おこし協力隊の地域づくり事業・地域の学びと交流の場「学びBAR」


ちょうどその頃、東京の家も子どもが生まれる前に妻と借りた家だったので、手狭になってきており、少し大きめの家を探してました。

家を購入して都心部に定住?
それとも実家のある山形県酒田市に家族で同居?

そんな誰もがいずれは経験する住む場所の選択と葛藤の中過ごしながら、仕事と子育てについて向き合って真剣に考えるようになりました。

「家族 移住」でその働き方を探して様々な本を読み漁っていると、「地域おこし協力隊」という言葉を目にするように。

“地域おこし協力隊とは・・・人口減少や高齢化等の進行が著しい過疎地域において、地域外の人材を受け入れることで、地域協力活動を行いつつ、定住・定着を図ることで、意欲ある都市住民のニーズに応えながら、地域活性化を図っていくことを目的とした制度のことです。”

都心部から過疎地域へ移住、起業など、自分が考えていた軸に合った制度であることがわかり、すぐに応募しました。

実家のある庄内地方でも協力隊を受け入れており、酒田市の隣接自治体である「三川町」の地域おこし協力隊に着任。

地域おこし協力隊としては、三川町観光協会に席を置きながら、SNS、ブログ、HPなどの情報発信事業を軸に、地域づくり事業、産業振興事業・観光振興事業のサポートなどを中心に行っております。

山形県庄内地方ってどんなとこ?

▲三川町花菜の花と鳥海山 三川町・助川集落 撮影:三川町・佐竹優子さん

もともと父の実家が山形県酒田市だったこともあり、庄内地方は馴染みの土地でした。

毎年ゴールデンウィークの時期に帰ってきては、春を感じるおいしい山菜や麦切を食べたりして、そのたびに五感が研ぎ澄まされていく感覚を持ちました。

家の目の前からでっかくみえる、鳥海山。

春の天気の良い日に吸う空気もうまい。

お米はおいしすぎて、いつも1杯しか食べなかったけれど、2杯、3杯とおかわりをしてしまう。

野菜や果物はお隣さんからよくもらったりするけど、そのへんのスーパーで買ったものよりめちゃくちゃうまい。

水道から出る水ですら、おいしく感じる瞬間。

ここ山形県庄内地方は、自然の恵みでいっぱい!

県内にはこの地ならではの180を超える在来野菜(うち60が庄内地方)が育ち、その豊な食文化は国際的に認められ、2014年にユネスコ食文化創造都市に鶴岡が選ばれるほど。

地元の人にとっての当たり前であろうことが、外から来た私にとっては素晴らしい感動でいっぱいでした。

ここだったら豊な自然を感じながら、広大な土地でのびのび、ゆったりとした子育てができる。

じいちゃん、ばあちゃんもすぐそばにいるから、何かあればすぐ子どもを預けられる距離。

じいちゃん、ばあちゃんも子どもの孫の顔が見られて嬉しい。

地域の方も家族のことまで気にしてくれていたり、どこかあったかい。

仕事にも家庭にも向き合いながら、過ごしやすく暮らさせてもらっております。

『地方創生アンバサダー』として庄内地方と他の地域をつなぐ

▲前職の会社の同僚が軽トラハウスで日本10週にチャレンジした際に開催した#Coトラックイベントin山形県三川町(三川町文化交流館(アトク先生の館)にて

関東圏から移住した自分がこの地域に何ができるか?

地域おこし協力隊として来た自分は、この地域に還元できる価値を落とさなければと日々考えてます。

その1つの手段が『伝えること』

1つ1つをしっかりと自分の言葉で伝えたい。

ライターとして、文字にして伝えること。

ラジオを通じて、声に出して電波を通じて伝えること。

イベントを通じて、その素晴らしさを伝えること。

自分はデザインができたり、プログラミングができたりするわけではありませんが、周りには庄内を愛する各分野のスペシャリストがたくさんいます。

庄内にいるたくさんの方たちと連携をとりながら、多くの方に庄内のことを知ってもらえるきっかけをつくっていきたいと思います。

地方に移住してきましたが、たいして距離って関係ないと思うんです。

ネット1つで繋がっていけるし、ZOOMやチャットワークで会議やコミュニケーションは行われているし、今やオンライン飲みという言葉もあるくらい。

気になる人がいればMessengerなどで連絡すればいいし、久しぶりに友人に会えばその当時のままの関係だったりしますし(笑)。
当時の仲間ともまた違った組織や役割の中で、一緒に仕事ができる環境がまた嬉しかったりします。

酒田コミュニティエフエム(ハーバーラジオ)にて全世界に庄内地域のおもしぇごと発信中!

 

▲同じく庄内地方の地域おこし協力隊・酒田市八幡地域大沢地区の阿部彩人さんと

庄内地方のおもしろい人をゲストに呼んで、ラジオを使っての情報発信についてこの場を借りてご宣伝させて頂きます!

「地域おこし協力隊・阿部彩人ど伊藤秀和の庄内もっけだレディオ」

(酒田エフエム放送(76.1Mhz)・ハーバーラジオ 毎週月曜日9:00~10:00/再放送毎週日曜日13:00~14:00)
庄内地方にU・Iターンして活動する地域おこし協力隊の2人、酒田市 八幡地域・大沢地区の阿部彩人と三川町の伊藤秀和が庄内の「おもしぇごど(おもしろいこと)」を、人、文化、イベントなどの視点からご紹介する1時間番組。地域や地域おこし協力隊をゲストに招いたり、「酒田方言いろはかるた」を使って庄内弁を学ぶ「庄内弁講座」のコーナーなど、庄内の魅力満載の内容でお送りしているラジオ番組です。

※電波が届かない地域でも、インターネットでサイマルラジオにて聴くこともできます!
▼酒田エフエム放送ハーバーラジオ
http://www.sakatafm.com/
▼ハーバーラジオのサイマルラジオ
https://www.jcbasimul.com/?radio=ハーバーラジオ
▼Facebookページ
https://www.facebook.com/mokkedaradio/
▼ポッドキャスティングのアーカイブ配信
http://www.sakatafm.com/info/podcast/
近日中にスタート予定!

▼三川町の最新情報満載!伊藤秀和さんのブログはこちら!

家族4人、山形暮らしはじめました。

\Fledgeでは全国各地の地域を応援するアンバサダーを募集中/

「我こそは地方創生アンバサダーに適任だ!」という地元愛溢れる方、

ご連絡はこちらまで!