<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1176794389076832&ev=PageView&noscript=1" />

Fledgeを運営する株式会社えふななが社歌づくりでエンゲージメントを高めてみた!

Fledgeを運営する株式会社えふななが社歌づくりでエンゲージメントを高めてみた!

Fledgeを運営する株式会社えふななが社歌づくりでエンゲージメントを高めてみた!

Fledgeを運営している株式会社えふなな。実は「シゴトを楽しむ、人生を楽しむ。」という想いを掲げ、メンバー一人ひとりが自分らしく働けるような環境を常に模索している。
みんなが自立的かつ主体的にシゴトに取り組めるように、自由度の高いホラクラシー型の組織スタイルを取っている。

しかし、えふななの代表取締役である新田は、組織づくりについてこんな悩みを抱えていた。 

みんなはえふななでシゴトをする意味を見出せているのだろうか?みんなにとってえふななが必要な存在になれているだろうか?

こんな不安を抱えていたある日、「えふななのホラクラシー型組織に興味があるから話を聞かせて欲しい」と一本の問い合わせが舞い込んできた。
送り主はベンチャーソングライターと名乗る謎の男。気前のいい新田は謎の男と会うことに。その男の名は根木 啓輔。「社員と共にベンチャーソングをつくり、組織へのエンゲージメントを高めるサービス」を展開するミューロン株式会社の代表取締役だったのだ。根木氏は大層えふななを気に入り、そして新田にこう告げた。

えふななのベンチャーソングを僕につくらせてください!!!!!!

悩みを抱える新田にとって、まさに絶好のチャンスが到来したのであった──。

ベンチャーソング企画者:根木 啓輔(ねぎ けいすけ)

ミューロン株式会社 代表取締役CEO ベンチャーソングライター 大学時代にプロのシンガーソングライターを目指す。2014年4月、新卒で戦略PR会社に入社し、約2年間PRコンサルタントとして従事。その後、HRTechのスタートアップに転職し、ベンチャー企業を中心にHR領域の支援を行う。 自分が培ってきたキャリアを活かして、ベンチャー経営者のビジョン実現に貢献したいと考えベンチャーソングライターとして独立したのち、2018年1月、ミューロン株式会社を設立。

第1回
Fledgeを運営する株式会社えふななが社歌づくりでエンゲージメントを高めてみた!

ということで今回は、Fledgeを運営するえふななが抱えている課題を解決し、より「一人ひとりが自分らしく働きがいを持って働く」ためのキッカケとして、ベンチャーソングづくり(以下、ワークショップ)を実施。今回は、その日の様子をレポートしていきます!
ワークショップを通して、えふななにどのような変化が起こったのでしょうか…?

ベンチャーソングとは?

とはいえ、ベンチャーソングってなんのこっちゃ…という読者の方が多いと思うので、まずはご説明から!
「ベンチャーソング」とは、組織のエンゲージメントを向上させる“次世代型社歌”のこと。
従来は会社の士気を高めたり、対外的なプロモーションやブランディングの手段として社歌を取り入れている企業がほとんどでした。このように従来型の社歌は、会社主体でつくられることが多く、歌う場になった時も「歌わされている」と思うことが多かったそうです。

しかし、ベンチャーソングは完全に組織のエンゲージメント向上に特化しています。
組織が掲げる社会的なビジョンと個人が描く人生のビジョンはそれぞれ異なりますよね。個人は「自分の人生を豊かにする一つの手段」として組織に所属し働いていることが多いです。一方組織は「ビジョンを叶える一つの手段」として社員の採用を行います。
このように組織と個人では目的が違うため、結果エンゲージメントが上がらないという構図になるのです。

エンゲージメントの定義 / ミューロン株式会社

エンゲージメントの定義は色々ありますが、ベンチャーソングでは「組織と個人それぞれのビジョン達成が、互いのビジョン達成に貢献し合える状態」と定義しています
すなわち、エンゲージメントを高めるためには、組織と個人の目的のベクトルを揃え、結びつけることが必要になってきます。個人は会社に所属することで自分の幸福を満たし、組織は個人の幸福を満たすことでビジョンを達成できれば、エンゲージメントが自然と高まると考えています。

今回のワークショップの中では、個人が一番大切にしたいワクワクを見つけ、そのワクワクと組織のビジョンを結びつけながら、歌詞をつくり、最終的に曲をつくり上げていきました!
どのように曲を完成させていったのか、ワークショップ当日の様子をお届けします!

ワークショップ当日の様子

今回のワークショップでは、個人のワクワクをメンバーと一緒に引き出し合います。ワクワクを引き出すということは、自分でも気づいていない深ーーーい部分をさらけ出す必要があるため、照れ屋さんの多いえふななにとって、このワークショップは非常に難易度が高い…。

そこでまずは、みんなが心を開くためのアイスブレイクを実施

⑴ アイスブレイク 自己開示ゲーム

自己開示ゲーム基本ルール▲自己開示ゲームの説明

ここでは、自分自身が普段メンバーに話せないような話や、晒せないような顔をゲーム形式で披露し合いました。もちろんメンバーだけではなく、社長である新田も普段は話せないことを暴露!

自己開示ゲームボード(社員用)▲自己開示ゲームボード(社員用)

自己開示ゲームボード(社長用)▲自己開示ゲームボード(社長用)

ここには書けないようなあんな話やこんな話、やばい顔まで思い思いに打ち明け、凍っていたみんなの心が溶けていきました。

河野伸樹▲根木ファミリーの一人、アイスブレイクの達人・河野 伸樹(こうの のぶき)さんが担当してくれます

そして、いよいよ本題へ突入。

⑵ 個人が一番大切にしたいワクワクの明確化

人が行動するときは、自分にとってワクワクするかしないかで、行動するしないの判断をするのだそう。今回のワークショップでは、自分の最も大切にしたいワクワクが何かを明確化していきました。

ワクワクの明確化 / ミューロン株式会社

主催である根木さんの一番大切にしたいワクワクは「絆」。人との関係性を深めていくプロセスに一番ワクワクするそうで、実はこのワークショップ当日の明け方まで新田と電話をし、絆を深めていました。(熱量がハンパない…!)
これは根木さんにとって、とても「楽しい」ことだから、お金をもらえなくても時間がかかってもいいものなんですって。

このように、一番大切にしたいワクワクは人によって全く違うものなのでそれを引き出し合いました!

田中啓▲根木ファミリーの一人田中 啓(たなか けい)さんが担当してくれます(左端)

まず、“自分が一番ワクワクする瞬間”を書き出します。その書きだした内容をもとに、「何が、どのように、なぜワクワクするのか」チーム内で質問攻めしていきます。そりゃもう質問の嵐、ぶつけ合いです。ちょっと精神がすり減ります。
精神をすり減らしながらも導き出した、私が一番ワクワクすることは「丁寧なヒト、コト、モノ」でした。

かなり気力のいる作業だったのですが、ワクワクが導き出された時の達成感はひとしお。みんながワクワクを満たし続けることができると、幸福度を満たし続けることができるのです。
このワクワクをメンバー一人ひとりが言語化できたところで、続いて「組織ビジョンの共有」がスタート。

⑶ 組織ビジョンの共有

ここからは社長である新田にバトンタッチ。組織のビジョンを語ってもらいました。

えふななベンチャーソングワークショップ

えふななのビジョンは「自分らしく生きられる、唯一無二のコミュニティをつくる」。このビジョンは、えふななの掲げる最大のテーマ「シゴトを楽しむ、人生を楽しむ。」を叶えるためのもの。
これを叶えるために必要な環境は、成果をより多く出してシゴトにやりがいを感じられる環境であり、メンバーの個性・能力を最大限引き出せるチーム構成や、チーム内での役割を担っている状態だと語ります。
そのため、えふななでは働き方にルールはなく、自由で自然体に働ける環境づくりを行っているのです。
そんな中、新田がメンバーに持ってもらいたい視点は2つ。

①「組織と事業を良くする」組織視点
②「スキルを磨く・できることを増やす」個人視点


えふななベンチャーソングワークショップ

これらを可視化していきました。
さて、ここからがエンゲージメントを高めるために必要な「ビジョンリンク」です。

⑷ ビジョンリンク

組織のビジョンと社員一人ひとりの最も大切にしたいワクワクを結びつけます
ここでは、具体的にどのような行動を取ることで、組織のビジョンと個人のワクワクが結びつくかを、徹底的に書き出していきます。

例えば、私の場合はこんな感じ。

【組織の求める視点】「組織と事業を良くする」組織視点
【自分のワクワク】丁寧なヒト、コト、モノ


①組織・事業を良くする【組織の求めているもの】
②金銭的にも環境的にも組織が潤う
③メンバー一人ひとり(自分含め)に心の余裕が生まれる
④自分のシゴトに対して、人との関わり合いに対して、もっと丁寧になる【自分のワクワクが叶う】

ということになります。組織のビジョンを叶えることが自分自身のワクワクに向かっていく、この流れを可視化することによりモチベーションを持ちながらシゴトができれば「ビジョンリンク」が成功となります。
他のメンバーの「ビジョンリンク」もご覧ください。

えふななベンチャーソングワークショップ グラフィックレコード

そして、ここで出てきた「ビジョンリンク」をもとに歌詞づくりを行います。ここからベンチャーソングライターの根木さんが担当してくれます。

⑸ 楽曲制作

「ビジョンリンクできたなら、それだけで良くない?」と疑問に思う方もいると思いますが、日々の業務に追われてしまうと、ビジョンに生きることが難しくなる、と根木さんは話します。そこで「自分の大切にしたいワクワクや組織のビジョンを、より鮮明に思い出せるツール」が必要になります。
そのツールこそが、音楽なのです!音楽には、過去の記憶や感情を引き出すチカラがあります。例えば、同窓会でカラオケに行って当時流行っていた曲を聴くと、その頃の記憶が蘇ってくる、なんてことはありませんか?
ベンチャーソングでは、その音楽の「記憶や感情を引き出すチカラ」を活用します。

みんなで一緒に曲をつくり、この曲を聴けば、その時の記憶と感情を呼び起こすことができる、そのために曲づくりをするためのワークショップは、かなり重要なプロセスなのです!

えふななベンチャーソングワークショップ

根木さんが用意した、えふななのイメージから考えたメロディーを聴きながら、最も大切にしたいワクワクやビジョンリンクから出てきた言葉を歌詞に紡ぎます。
メンバーみんなが自分らしい言葉で歌詞をつくり、完成した歌詞がこちら!

えふななベンチャーソングワークショップ 歌詞

達・成・感……!!!!!!!みんなで一つのものをつくるってこんなに満足感が得られるものなんだなと感じられました。

ちなみに、今回のワークショップでは曲以外にも記憶を引き出すツールをいくつも作ってくれています。
先ほどから写真に登場している、今回のワークショップの内容がギュギュっと絵と文字で詰め込まれた「グラフィックレコード」。

畑中みどり▲根木ファミリーの一人・絵も文字も、さらには描いてる本人もキュートな畑中(はたなか)みどりさんが担当(右端)

さらにさらに、映像としてこの日の一部始終を逃さず残してくれています。映像には個人のワクワクと組織ビジョンがリンクする様子を撮ってくれました。

加藤隼介 渡邊海月▲根木ファミリーの2人・隠し撮りのプロフェッショナル加藤 隼介(かとう しゅんすけ)さん(右端上)と渡邊 海月(わたなべ みづき)さん(右端下)

そしてみんなでつくった曲と撮影された映像をもとに、な・な・なんとハイライト映像がプレゼントされました。後日、そのハイライト映像の上映会を開催!

⑹ 上映会

えふななベンチャーソングワークショップ上映会
ワークショップを思い出しながら、組織とのビジョンリンクを思い出しながら見るハイライト映像は感無量。改めて自分の最も大事にしたいワクワクと組織のビジョンを照らし合わせた瞬間でした。
そんな素晴らしいえふななのベンチャーソングを、ハイライト映像と共にご覧ください。

【えふななとみんなの未来】

さて、ここまでを通じて組織のエンゲージメントに、メンバーの気持ちに、そして悩みを抱えていた新田の気持ちにどのような変化が生まれたのでしょうか?

ベンチャーソングづくりを通じてどんな変化が起こったのか

<エンゲージメントツールの結果>

ワークショップ前とワークショップ後それぞれでエンゲージメント測定ツールを使用して、エンゲージメントの変化を測定しました。
社長を含む、えふななメンバー全員で測定をした結果、エンゲージメントは見事向上!

そして、向上したのには大きく3つの理由があると感じました。

1. 自己成長への意識が高まった
会社のビジョンと自分のワクワクをリンクさせたことで、自己成長のためにどのような行動を取れば良いのかが組織と個人どちらも明確になりました。

2. 組織の理念に向かう方向性を理解できた
新田さんから改めて組織の理念を共有してもらい、組織の理念をグラフィックレコードで可視化、またビジョンリンクのプロセスを踏んだことで理念に対する理解が深まりました。

3.  えふななの働き方や環境に対して再認識できた
組織の理念を改めて理解したことで、なぜ、メンバー一人ひとりが自分らしく働けるような環境を常に模索しているのか、みんなが自立的かつ主体的にシゴトに取り組めるように自由度の高いホラクラシー型の組織スタイルを取っているのか再認識できました。

このように社歌づくりというワークショップを通じてエンゲージメントが変化したのです。

<つくる前とつくった後でのメンバーの心境の変化>

そして、そんな中でも特にエンゲージメントに変化のあったメンバーから、ワークショップを通しての心境の変化を聞いてみました!

最も大切にしたいワクワク「素直さ」が言語化できたことによって、これまで感じていた違和感の原因が見えてきました。
エンゲージメントが高まったという実感は少ないけれど、自分自身と組織の接点がどこにあるのか、そして組織の中で自分をどう活かしていくのかという道筋が見えた、そこがワークショップの大きな収穫でした。つるみほ

最も大切にしたいワクワク「自己表現」が言語化できたことにより、「個人としてやっていきたいこと」と「これからえふななで実現していきたいこと」の結びつきができました。自分自身を個と他の両面から見ることができ、組織の求めているものとのすり合わせができたのはすごく大きかったと思います!もかちん

<つくる前とつくった後での新田さんの心境の変化>

まず、みんなが組織のビジョンと自分のビジョンを重ね合わせる作業を楽しみながらできたことが良かったと思います。
そして、それを思い出せるツール(音楽)があることで、一時的ではなく、継続的な価値として残るので、そこに関しては、今後組織にとってもみんなにとっても、大きな価値を発揮してくれるような気がします。新田


 “自分らしく働く人を増やしたい”、そんな想いから誕生したFledgeを運営している私たちが、ベンチャーソングを通じて「自分らしさ」と向き合う良い機会となりました。

一石二鳥にも三鳥にもなったワークショップですが、この最も大切にしたいワクワクやビジョンを自然と重ね合わせられることで、継続的にエンゲージメントを高い状態で保つことができます。また仮にモチベーションが下がったときには、この日のことを曲を聴いて映像とグラフィックレコードを見て思い出していきます!ご協力いただいたみなさん、ありがとうございました!

えふななベンチャーソングワークショップ

そんな、私たちえふななを動かしたベンチャーソング。謎多き男・根木氏はなぜこのサービスをつくろうと考えたのか、今度はFledgeで徹底的に暴きたい!と思い、密着取材を決行!ベンチャーソングへの想いや今後の展望についてお話を伺ってきました。
ベンチャーソングづくりへの想いには根木さんの最も大切にしたいワクワクである「絆」が大きく関わっていました。次回乞うご期待!

★ビッグニュース★

な・な・なんと、3月17日(土)恵比寿リキッドルームにて、Fledgeを運営する株式会社えふななのベンチャーソングフェスへの出演が決定!
今回、つくったベンチャーソングが生バンドで演奏されます。また、経営者の新田を含めたえふななメンバーが登壇。ベンチャーソングづくり当日の様子や、えふななの深い話まで語られます。フェスでしか聞けない話が盛りだくさんですので、ぜひお越しくださいませ!

▼詳しくは下記をご覧ください!
ベンチャーソングフェス

 

▼ベンチャーソングに興味のある経営者・人事担当者の方はコチラをご覧ください。
ベンチャーソング

第1回
Fledgeを運営する株式会社えふななが社歌づくりでエンゲージメントを高めてみた!