会社員・フリーランスの「複業したい」をあと押し!組織の枠組みを超えた『チームランサー』という提案

会社員・フリーランスの「複業したい」をあと押し!組織の枠組みを超えた『チームランサー』という提案

会社員・フリーランスの「複業したい」をあと押し!組織の枠組みを超えた『チームランサー』という提案

このエントリーをはてなブックマークに追加

「働き方改革」が叫ばれる中、働き方の選択肢の一つとして「フクギョウ」が注目を集めています。最近では、従来のような本業の収入を補う意味での「副業」だけでなく、本業以外の場でやりがいや新しいキャリアに繋がるような仕事を行う「複業」への注目度も俄然高まっています

しかし、いざ複業を始めたいと考えても、その第一歩目をどう踏み出したらいいかわからないという人も多いはず。また、フリーランサーとして現在活動する人の中にも、時には同じ志を持つ仲間とともに「チームの一員」としてプロジェクトに参加したいという想いを抱いている方もいるはずです。

そんな悩みを解決する可能性を秘めたサービスが、昨年の2017年11月に新しくアップデートして登場しました。会社員やフリーランスの複業を支援する『チームランサー』です。

同サービスを使えば、会社員やフリーランサーなど異なるバックグラウンドを持つメンバーたちが一つのチームをつくり、プロジェクトに取り組むことができます。

なぜ『チームランサー』が生まれたのか?実際に利用することでユーザーが得られるメリットは?『チームランサー』の開発・運営を手がける、エンファクトリー代表取締役社長の加藤健太さんと、同社サービスマネジャー兼チーフデザイナーの藤生朋子さんのお二人に詳しく伺いました。

第1回
複業キャリア時代の到来!政府の「副業容認」で変わる“個”と“企業”の働き方
第2回
会社員・フリーランスの「複業したい」をあと押し!組織の枠組みを超えた『チームランサー』という提案
第3回
「提案力」に「柔軟性」これから生き残る人材になるために必要なこと ── チームランサーユーザー座談会

加藤 健太(かとう けんた)

リクルート出身、前職ではオールアバウトを上場へ導く。エンファクトリーでは「相利共生」の精神に基づき、立ち上げ当初より「専業禁止」の人材ポリシーを貫く。

藤生 朋子(ふじう ともこ)

オールアバウト在籍中、Webデザインを中心に企画まで広く携わる。エンファクトリーでは、フリーランサーやパラレルワーカーのチーム支援プラットホーム『Teamlancer』を担当。デザイン制作やOpenHR事業への参画など、これまで様々な複業活動を行う。

企業の垣根を超えて、個人が一緒に仕事をする時代へ

 政府が「働き方改革」を掲げる中、個人としては複業やパラレルキャリアといった働き方に注目が集まっています。お二人は現在の働き方のトレンドをどのようにとらえていますか?

藤生:制度面の整備について議論が活発化している一方で、働く人の意識はまだ追いついていない部分があるなという印象を受けます。

加藤:そもそも根本的な問題は「働き方」ではないんじゃないかと考えています。

なるほど、詳しく教えていただけますか?

加藤:どんな働き方をするかは個人の勝手であって、国が決めることじゃない。ともすれば複業をしないといけないみたいな風潮ですが、別にしなくたっていい。働き方の選択肢が増えるのはいいけど、自分がどういう働き方をするかなんて、働く人個人が考えればいい。複業やパラレルワークなどは、自分が理想とする働き方を実現するための手段のひとつに過ぎないですから。

おっしゃる通りですね。ただ、これまでは社外でのプロジェクトに参加したり、複業をしたいと思っても限られた一部の人しか実践できませんでした。

加藤:そうですね。しかし、今後は間違いなく複業の流れが加速していくはずです。会社員やフリーランスが企業という垣根を超えてチームを組み、何らかのプロジェクトに取り組むという働き方が一般的になります

そんな中で、私たちは「個人ではなくチームへ。様々なワーカーが、自らチームを組み働く時代へ。」という想いを込めて『チームランサー』というサービスをローンチしました。

「企業」と「個人」それぞれの働き方の良い面を掛け合わせる

『チームランサー』は時代背景と「働く人のニーズ」を上手くすくい上げたサービスですね。今回は大幅アップデートとのことですが、昨年2017年5月に提供したものと比べるとどのような点が変わりましたか?

加藤:前回のバージョンではフリーランサーに主眼を置いて、フリーランサーとプロジェクトをマッチングさせていました。しかし今回は、会社員をやりながらパラレルワークをする人など、様々な雇用形態の人がチームを組む「チームランサー」としての働き方に重きを置きました。

ターゲットとなるユーザーが増えることで、また新しい可能性が広がりそうですね。

加藤:チームランサーを一言で表すと、個人でも企業でもない「新しい組織体」でしょうね。ユーザーが企業という垣根を超え、柔軟性のある働き方ができる機会を得られる点がメリットです。

たとえばフリーランスは、場所や時間の自由度が高く仕事ができる反面、個人で仕事をするケースが多いため、人脈が広がりにくかったり、学ぶ機会が得られにくい傾向があります。

一方で大企業で働く人は、人とのつながりやリソースが豊富ですが、業務が画一的な役割分担になりがちです。つまり自分がいなくても仕事が回る環境なので、仕事を自分ごととして捉える意識が希薄になりがちな傾向があります。

『チームランサー』は双方のメリットを掛け合わせています。プロジェクトに参加するメンバーが仕事を自分ごと化して、周りと相談しながら進行できる。仕事を自分ごととして取り組むと熱量も集中力も格段に上がります。苦手なことはそれを得意とする人とチームを組めばいいし、他社とつながりながら自分のスキルが発揮できることに時間を使える。効率的かつ合理的で、気分良く仕事ができる。実際に使われた方からの評判も上々です。

新しい仕事の進め方と言えそうですね。

加藤:実はそうでもないんです。様々なスキルを持った人が組織の枠組みを超えてチームで仕事をするという取り組み方は、昔からあります。士業がいい例ですね。たとえば相続の案件があるとします。相続税については税理士、法律のことは弁護士、土地のことは不動産鑑定士など、様々な士業がひとつの顧客の案件に対して連携して価値を提供していると考えれば、必ずしも先進的な働き方というわけではないんです。

Facebookアカウントで登録可能。スカウト機能も

『チームランサー』を利用するにはどうすればいいですか?

加藤:まずはアカウント登録(Facebookアカウントでも可能)をして、ライター、デザイナーなど職種を選択すればOKです。

メンバーとして既存のプロジェクトに参加することもできますし、自分でチームを作ることもできます。プロジェクトの一例を挙げると、ウェブページの立ち上げ、アパレル販売員にデジタルスキルの教育をするといったものがあります。弊社でも『チームランサー』を開発するためのコーダーを募集するプロジェクトを立ち上げていたことがあります。

すぐに使えるのはいいですね!スカウト機能はないんですか?

加藤:あります。プロフィールや実績を確認して個別にスカウトすることができます。また、スカウト以外にも、ちょっとした仕事の相談をしたり、見積もりの概算が欲しい場合に使える「ZAKKURI」という機能もあります。文字通り“ざっくり”とした内容で仕事の相談ができます。現在では、1件の「ZAKKURI」に対して、平均で7件ほどの返事があります。比較的反応はいいと思います。

現在のユーザーは、フリーランスと会社員どちらが多いですか?

藤生:割合で言うと、フリーランスが6で会社員が4くらいですね。

加藤:会社員の登録者も増えてきていますね。弊社が「専業禁止」をうたっているので、それを知って興味を持っていただいた方もいるのかなと(笑)

チームランサーを拝見すると、実名での登録が必須となっています。たとえばクラウドソーシングなど匿名(ユーザーID)で利用できるサービスが多い中、実名制にこだわる理由は何でしょう?

藤生:『チームランサー』にあるプロジェクトの多くは、タスクではなくチームの一員として関わる仕事になります。何をするというよりは、誰とするかが大事です。実名での登録の方が人となりがわかる分、安心感を得られるというメリットがあります。「あなたと一緒に仕事がしたい」「あなたのチームに入りたい」という意思決定がしやすいわけですね。

御社が提供する『チームランサー』だからこその強みは何でしょうか?

藤生:弊社は専門家プロファイル(探したい専門家とのマッチングサービス)とスタイルストア(ショッピングサイト)の提供を13年ほど行っており、マーケティングの支援やリクルーティングの分野では多くの実績があります。フリーランサーや士業の人の立場になり、サービスを提供し続けたことは、他社が持ち得ない経験値だと思っています。

加藤:また『チームランサー』は弊社が掲げる「専業禁止」の世界観を表したサービスと言えるため、会社としてのポリシーや考え方がブレないことが強みですね。

個人も企業も様々な人との繋がりを持つことが大切

今後、『チームランサー』のようなサービスを活用してパラレルキャリアを構築する人と、勤めている会社や現在抱えている仕事だけをしていればいいと考えている人との間には、スキルや経験、その後のキャリアで大きな差が付くと思います。その点についてはどうお考えですか?

加藤:働き方の選択肢や人との繋がりをいかに多く持っているかどうかで、仕事の幅は変わるでしょうね。先が見えにくい時代だからこそ、社外の様々な人との関係を築くことは大切だと思います。チームランサーは、こうした繋がりを手にするのに役立ちます。

あと最初は複業を始めたり、人に会ったりする動機は「面白そうだな」という程度でいいと思っているんですよ。フットワークを軽くして、今いる環境では知り合えない人たちと関わり合いを持つことは、これからの時代を生きて行くためのリテラシーみたいなものだと思います。

自社か他社を問わず、様々な人と幅広く繋がっていくことの重要性は、個人だけでなく企業でも増してくるでしょうね。今後は企業も積極的に外部の人材を活用する時代になります。

最後に、パラレルワークや複業が当たり前の世の中では、働き方はどのように変化すると考えていますか?

加藤:働き方が多様化するにしたがって、個人に求められる能力は上がってきます。単に自分の能力を発揮すればいいというわけではなくて、様々な課題に対して自分の能力をどう配分していくかまで考えないといけない。これができる人とできない人では、仕事のレベルやその人に仕事が来るかどうかまで大きく違ってくるはずです。

藤生:働き方の選択肢が増えることで、小さな仕事やタスクをこなす人が増えてきます。その際に、それらの人たちをまとめる力、プロデュースする能力がこれまで以上に求められるようになると考えています。

▼Teamlancer MEETUPイベントも開催
『チームランサー』では、2月16日にイベント「Teamlancer MEETUP vol.2」を実施。実際にチームを組んで仕事をこなす4人の登壇者によるライトニングトークと、リアルに参加者同士がチームビルディングを行うミートアップが行われました。

編集後記

複業をしたいと思う会社員や、フリーランスとして活動の幅をもっと広げたいという人の要望に見事に応えた、社名通りの「縁」をつなぐサービスだと感じました。

フリーライターの筆者も早速登録してZAKKURIを体験しました。現在の仕事では知り合えない人たちとやりとりができますし、ここで作った人脈を通じて仕事の幅が広がりそうだと感じました。『チームランサー』で得られたご縁から、さらにやりがいのある仕事に出会えるかもしれないと思うと今からワクワクします。

▼チームランサーが気になった方は、こちらでチェック!
https://teamlancer.jp/

第1回
複業キャリア時代の到来!政府の「副業容認」で変わる“個”と“企業”の働き方
第2回
会社員・フリーランスの「複業したい」をあと押し!組織の枠組みを超えた『チームランサー』という提案
第3回
「提案力」に「柔軟性」これから生き残る人材になるために必要なこと ── チームランサーユーザー座談会
この記事をシェアしよう!
TAGS
もっと便利に!

記事のクリップを使ってオリジナルのライブラリを作りましょう。

すでにアカウントをお持ちの方
or

ソーシャルアカウントで登録/ログイン