アイデアを行動に移す場所。横浜のコワーキングスペース「タネマキ」に潜入してみた!

アイデアを行動に移す場所。横浜のコワーキングスペース「タネマキ」に潜入してみた!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コワーキングスペースレポートも今回で第4弾になりました!!

今回は私自身、何かとゆかりがあり、庭と言っても過言ではない(!?)大好きな「横浜駅」のコワーキングスペース「タネマキ」にお邪魔してきました!

横浜駅の西口から徒歩8分。横浜駅唯一の映画館、相鉄ムービルの横を道なりに進み、平沼高校の目の前に位置する「タネマキ」。

 

曇りガラスで中が全く見えないため、「入っても大丈夫だろうか…」と一見不安になりますが、勇気を振り絞り足を踏み入れてみると、とっても気さくなオーナーさんが出迎えてくれます!


▲オーナーさん、「顔出しはちょっと…」ということで後ろ姿だけご了承頂けました(笑)

入るとすぐ目に飛び込んでくる大きなバーカウンター。まるでオシャレなカフェのよう!
そんなバーカウンターでオーナーさんに受付と説明をしてもらいます。

受付の時に渡された「ネームカード」に自分の名前を書いて、自分の席の位置にネームカードを置いていくのですが、このネームカード、ただ名前を書くだけじゃないんです。

 

「何をしている人なのか」「何で来たのか」「好きなもの」など、自己紹介を書き、このネームカードを利用者同士が見られるようにすることで、コミュニケーションのキッカケを作っているのだそう。

お邪魔して早々ワクワクさせてくれる「タネマキ」。スペースの中をウロウロしていると色んなものが目について、更にワクワク。
そんなワクワクするアイテムをご紹介していきます!

5つのワクワクアイテム!

1.シェアコーヒー


オーナーさんオススメのシェアコーヒー。タネマキメンバー(会員)の皆さんがお気に入りのコーヒー豆を持ってきて、みんなでコーヒーを飲もう!というもの。100円で美味しいコーヒーが飲めちゃいます。この日もオーナーさんがコーヒーを入れてくれました♪

2.中村商店


タネマキメンバーの「中村さん」が気づいたら開いていたお菓子屋さん。小腹が空いた時にとっても便利!
中村商店の横には「無料で湧き出る泉」という名のドリンクバーがあり、スペース利用者は無料で使うことができますよ♪

3.本


こちらの本棚にある本もメンバーの皆さんが持ち寄って、気づいたら増えていた本たち。専門書から漫画まで幅広くあります!ジョジョも全巻ありますよ!

4.ボードゲーム


▲ほんの一部…スペースのいたるところにボードゲームがなりを潜めています(笑)

ボードゲームがとにかく多いタネマキ。その数なんと100種類!こちらのボードゲームもメンバーの方が集めているものを置いています。毎週木曜日に行われている「初心者ボードゲーム部」で使用しているんだそうです!

5.モグラ


▲ほんの一部をチラリとご紹介!タネマキに行った際はぜひ探してみてください♪

タネマキのマスコットキャラクターとして、至る所にいる隠れモグラの「モグ雄」。ゆる可愛い「モグ雄」を見つけるだけで楽しい気持ちになれちゃいます!
利用者さんが作ってくれた、モグラのボードゲームやモグラをぬくゲームアプリまであるという…利用者の方とコラボレーションを次々と生み出す強者です(笑)

ひとしきりワクワクしたところで、「タネマキのこと、もっともっと知りたい!」と欲が出てきた私。
そこで、「タマネキ」の気さくなオーナー上津原 雅之さんにお話を聞くことができました!

オーナーに「タネマキ」の想いを語って頂きました

—— 上津原 雅之さん
タネマキのオーナー。2011年12月にタネマキを創業。オーナーの傍ら、アプリの開発をしたり、エンジニア向けの勉強会を開催したりと幅広く活動中。


—— 「タネマキ」は普段、どんな方の利用が多いですか?

上津原 雅之(以下、上津原):フリーランスの方が多いですね。
その中でもエンジニアの方や、デザイナー、ライター、あと漫画家さんも利用してます!

土日になると仕事をしてない方の利用も多いですね。勉強してる学生さんとか、会社の仕事じゃなくて趣味で開発してるエンジニアさんとか。パソコンの作業とかだけじゃなくて、手芸をやっている人なんかもいますね!

—— 本当に色んな方が利用されているんですね!
ホームページを見た時に、通常の利用だけじゃなくて、勉強会も盛んだなと思ったのですが、そういう活動は上津原さんが始めているんですか?

上津原:メンバー(会員)が自発的に始めてるものが多いですね!うちを利用してくれているエンジニアさんが中心となってやってくれてます。

いくつか僕が始めた勉強会もありますけどね。コワーキングスペースを作ろうと思い始めたのも、そういうイベントや勉強会ができたらいいなっていう想いがあったんです。

—— イベントや勉強会ができる場でありながら、仕事場としても利用できる「コワーキングスペース」にしようと思ったキッカケって何かあるんですか?

上津原:僕自身、ずっとフリーランスとして家で仕事をしていたんですけど、自宅で一人で働いてると「人と喋りたいな…ずっと一人だと気が滅入るな…」って思ったんですよ(笑)
きっと同じ気持ちの人って多いんじゃないかなって思ったのと、コワーキングスペースなら色んな職業の、色んな考え方や価値観を持った人たちがごちゃ混ぜに集まれる場所になって「新しい何か」が生まれるかもしれないって思ったのがキッカケですかね!

—— 実際にそういう場になっていると感じますか?

上津原:どうなんですかね(笑)
そういう場になってるか分からないけど、そうなってほしいって想いで、創業当初から続けてるのが「ランチタイム」ですね。

▼ランチタイムとは?
タネマキでは毎日12:00~13:00、スペースを一時的にクローズして、オーナーの上津原さんと利用してる皆さんでランチを食べに行く時間。

 

作業している時って話さないというか、話せないじゃないですか。でも、一緒にランチに行けば気軽に話せる。
無理してコミュニケーションを取ろうとかそんな堅苦しいものじゃなくて、お昼ご飯一緒に食べながら他愛もないことを話す時間があってもいいのかなって。

—— ランチタイムがあるおかげで、コミュニケーションのキッカケにも繋がりますもんね!
それでは最後に。今後、「タマネキ」が皆さんにとってどんな場所になってほしいですか?

上津原:何かを始める時って一歩を踏み出すのに勇気がいるじゃないですか。でも、こうやって色んな人が集まっていると、すでにその一歩を踏み出している人もいて。「あ、自分でもできるかも」って背中を押されたりすることってあると思うんです。

そうやって、利用する人たちが、お互いに良いスパイスになって、初めの一歩を踏み出せるような、新しいものができるような、「アイデアを行動に移す」ことができる、そんな場所にしていきたいですね!

タネマキユーザーの声

上津原さんから素敵なお話が聞けたことで、「せっかくだから、今度はタネマキを愛用してるユーザーさんの声が聞きたいぞ…」と欲にまみれている私。

「タネマキ」のご近所に住み、足しげく通う2人のユーザーさんから「タマネキの気に入ってるところ」について、お話を伺うことができました!

▼フリーランスで仕事場としてタネマキを利用している松本さん

「ランチタイム」ですかね。ランチまでにはタネマキに行こうっていうモチベーションになります(笑)

受注先のオフィスで作業することがあるんですけど、仕事のキリの良さって人それぞれなので、時間を合わせてみんなでご飯食べに行こう!ってあまりなくて。その点、タネマキは12:00~13:00ってランチタイムが決まってるから、みんなそれに合わせて動いて、コミュニケーションを取ることができるので凄く良いです。
それに会社にいるとどうしても仕事に関係する会話ばかりだけど、ここなら同じような仕事をしている人もいれば、全く違う仕事をしている人もいるから、色んな人と仕事以外の会話ができるのも良いですね!

オーナーも、利用してるみんなも、いい感じにゆるいし堅苦しくないし、このゆるい居心地の良さが継続されてほしいなって思います。

▼リモートOKな会社に勤めて仕事場としてタネマキを利用している杉本さん

「静かすぎない」っていうのがいいですね。たまに他のコワーキングとか行っても誰も話してないというか、話せる空気感でもなかったりするんですけど、「タネマキ」はオーナーがいつもスペース内をウロウロして声かけてくれたりして(笑)
オーナーから「この人こういうことやってる人だよ」って、他の利用者さんと話すキッカケを作ってくれることもあるので、色んな人と繋がれるし話せるんです。

自然と人が繋がれる場所ですし、仕事と関係ない話ができるっていうのは凄くいいですね。普段、仕事してると職場の人以外と話すことってなかなかないので。ここにきて仕事しながら、仕事と全然関係ない話ができる、それは凄くコミュニケーションの満足感を得ることができますね。

あと、僕の大量(100個)のボードゲームも置けるし!毎週、ボードゲーム会できるのもお気に入りの一つかな(笑)

利用してみた感想

利用されている皆さん、本当に気さくな方ばかりで、「ランチタイム」にも参加させて頂いて、本当に楽しいひと時で時間の流れが早かった!

そして、とにかくオーナーの上津原さんの人柄が素敵なんです。今回、色んな人と話すことができたのも上津原さんが紹介してくれたおかげ。
コワーキングスペースに行っても一人で黙々と作業して一日が過ぎることが多く、息抜きの時も誰かと話すことってなかなかありませんでした。ですが、ここではオーナーさんが息抜きに誰かと話すことができます!

だからといって無理にコミュニケーションを取ろう!とかはなく、仕事や作業にとても集中できる環境というのは間違いないです。
それはオーナーさんや、利用している皆さんが良い感じに空気を読んでくれてるんだろうなと勝手ながらに思いました(笑)
人と人とが自然に繋がれる空気感や皆さんの人柄が、「タネマキ」最大の魅力と言えます!

まさに新しい出会いが生まれるコワーキングスペース。「ずっと一人で仕事してると気が滅入る…」「たまには会社以外の人とも話したいけど、どこに行けば良いか分からない…」と思っている人たちに全力でオススメできる場所です!
私のように横浜大好きで「横浜で作業したい!」という方も少なからずいるのでは?そんな方もフラッと立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

取材にご協力いただいた「タネマキ」のみなさま本当にありがとうございました!

■詳細情報

タネマキ
場所:横浜駅西口から徒歩8分
営業時間:8:00-18:00(金曜日のみ、21:00まで) 月・火曜日は定休日
利用料金:2時間 600円、1日 1,100円(見学は無料)
席数:16席 + ソファ2席
公式サイト:https://tane-maki.net/

(※営業時間、利用料金はどちらもドロップイン時)

この記事をシェアしよう!
TAGS
もっと便利に!

記事のクリップを使ってオリジナルのライブラリを作りましょう。

すでにアカウントをお持ちの方
or

ソーシャルアカウントで登録/ログイン