導入から早1年。何故、国はストレスチェックを行うのか

導入から早1年。何故、国はストレスチェックを行うのか

厚生労働省が平成27年12月1日に施行したストレスチェック制度。導入から1年が経ちます。しかし、過労が原因で精神疾患になる人や自殺をしてしまう人が今年も話題になっていますよね…
では何故、厚生労働省はストレスチェックを行い始めたのか、労働者にとってストレスチェックにはどのような効果があるのか…知っているようで実は知らないストレスチェック制度についてご紹介していきます!

仕事にストレスを感じている人は5割にも及ぶ

厚生労働省は毎年「労働者健康状況調査」を行っています。その調査結果で、近年、仕事や職業生活に関するストレスを強く感じている人が5割を超えており、平成25年の調査結果ではなんと55.7%…と半数以上の人が仕事に関して何かしらのストレスを感じています。ストレスを感じる要因は様々ですが、特に多い理由が「仕事内容・仕事量の大きな変化」「職場での嫌がらせ、いじめ等」でした。

このような現状に日本は対策を入れるべく、厚生労働省は平成26年6月に、労働安全衛生法の一部を改正しストレスチェック制度の導入を行いました。

自分のメンタルを把握する。それがストレスチェック制度

自分のストレスが現在どのような状態にあるのかを調べるために行われているのが、ストレスチェック。

過労が原因で精神疾患になる人や過労自殺等、メンタルヘルスの不調を未然に防ぐ為に行われています。自分自身のストレス状態を知るために行っており、ストレスを溜めすぎない為の対処や、万が一ストレスが高い場合は医師の診断を受けてもらいます。
会社側は、ストレスが高い従業員がいた場合は業務の措置を行ったり、職場環境の改善を行ったりする仕組みとなっているそう。


― ストレスチェックの方法

労働者がストレスに関する質問を回答し、それを集計・分析します。

― ストレスチェックの対象と実施頻度

従業員が50人以上いる事業所は、毎年1回ストレスチェックを行います。

― ストレスチェックの実施者

医師や保健師などの医療関係者、またはその補助を行っている実施事務事業者。

― ストレスチェックの実施手順

 
(厚生労働省「ストレスチェック制度簡単!導入マニュアル」を加工して作成)
※ストレスチェックと面接指導の実施状況は、毎年、労働基準監督署に報告する必要があります。

 

参考:厚生労働省 「ストレスチェック制度簡単!導入マニュアル」 平成27年12月

簡易ストレスチェックを行ってみませんか?

ストレスチェック少し気になるけど、うちの会社やってないんだよな…と思ったそこのあなた!実は厚生労働省のマニュアルに記載されている「職業性ストレス簡易調査票フィードバックプログラム」を基に、簡単なストレスチェックができるページがあるんです。

それは「5分でできる職場ストレスセルフチェック」。実際に私も試してみましたが、5分もかかっていないのでは?というくらい手軽にできる上に、診断結果も分かりやすく解説してくれます。


▲実際にセルフストレスチェックをやってみた結果です。ストレスは少し高めという結果に…でも仕事上のストレスではないようなので安心(笑)

空き時間や通勤時間でサクッとできる診断なので、是非一度やってみては如何でしょうか!

ストレスチェックを行うのは個人の自由

 ストレスチェックを行って、自分自身と向き合い社内改善がされるなんてとても良いじゃん!と思いますが、ネットを見てみるとこんな意見も…

sadストレスチェックする方がストレス…
sad職員ストレスチェックを必ず受験してその結果を必ず確認せよ、というメールがストレス。
sadストレスチェックを社員に押し付ける人事部がいて本末転倒。

 

ストレスチェック制度に対して否定的な人がチラホラ…ストレスチェックを強制されたり催促されたりすることが逆にストレスに感じるということも。

しかし、ストレスチェックは強制ではありません!受検はあくまでも個人の自由(任意)なんです。これは企業側も受検者も、知っておくべきポイントかもしれません。

個人と会社が歩み寄るチャンス

 ストレスチェックをしたからと言ってすぐに会社が変わるとか、個人の気持ちが変わるとか、それは何とも言えないでしょう。ただ、やっておいて損はないと思います。

どうせ会社は何もしてくれないと諦めて、日々愚痴だけ言う人って沢山いるんですよね。でも、会社は何もしてくれないのではなく、出来なかったり気づかなかったりすることがとても多いと思うんです。従業員1人1人の状況を全て把握できている会社なんてとても少ないのです。従業員が多ければ多いほど把握できない、それは会社としての課題でもありますが、従業員としても理解しなければならないことでもあります。

だからこそ、このストレスチェックは会社に自分を知ってもらうチャンスなのでは…と感じます。自分から歩み寄ろうともせず、ただ愚痴を言って諦めるのは間違いで、個人としても自分自身を会社に知ってもらう努力をしなくちゃいけない気がするんです。

歩み寄るチャンスが1つでもあるなら、そのチャンスは利用すべきですし、チャンスを利用したことでほんの少しでもプラスの方向に変化するなら、それは会社にとっても個人にとっても良いことなのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
TAGS
もっと便利に!

記事のクリップを使ってオリジナルのライブラリを作りましょう。

すでにアカウントをお持ちの方
or

ソーシャルアカウントで登録/ログイン