<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1176794389076832&ev=PageView&noscript=1" />

新卒一年目から世界一周!?新しい働き方への挑戦に込めたアツイ想いとは ── しくみ製作所株式会社

新卒一年目から世界一周!?新しい働き方への挑戦に込めたアツイ想いとは ── しくみ製作所株式会社

新卒一年目から世界一周!?新しい働き方への挑戦に込めたアツイ想いとは ── しくみ製作所株式会社

完全リモートワークのしくみ製作所で、新卒一年目にして世界一周しながらリモートワークで働いている社員の方へインタビュー!

なぜ、海外で旅をしながらリモートワークを行っているのか、新卒一年目でのリモートワークをどう感じているか、今後どのように世界一周を行うのか、様々なお話を伺ってきました!
(Fledge初、海外⇔日本間でのオンラインインタビューです!)

神宮司 明良(じんぐうじ あきら)

2017年4月、初の新卒としてしくみ製作所に入社。フルリモートという働き方を生かし入社初日から世界一周の旅へ。海外を旅しつつも平日は職務に従事するという、普通ではありえない働き方に挑戦し、この働き方をもっと広めたいと画策中。 しくみ製作所では、学生時代のWEB開発のアルバイト経験を生かし、フロント・バックエンドのWEB開発を担当。

第2回
新卒一年目から世界一周!?新しい働き方への挑戦に込めたアツイ想いとは ── しくみ製作所株式会社

新卒一年目にして海外を旅しながらリモートワーク!?その理由とは

しくみ製作所株式会社 神宮司明良▲台湾⇔日本でのリモート取材!

── 社会人一年目、入社初日から海外で働くって本当に凄いなと!

神宮司 明良(以下、神宮司):入社時の面接で世界一周しながら働きたいと言っていたので、それを実現させてもらって、応援もしてもらえてるのは凄く有難いです!

── そもそも、なぜ世界一周をしながら働きたいと思ったんですか?

神宮司:海外の人たちがどんな生活を送っているのか知りたいと思ったんです。
僕自身、生まれも育ちも日本で、当たり前ですけど、日本以外の生活を全く知らなくて。でも、世界には色んな生活があって、それを体験してみたかったのが一番の理由ですね。

旅行という形で海外を知ることもできるんですけど、日常生活、価値観、食文化など、海外の暮らしを感じるには、実際に住んでみるしかないなと。一方で、ちゃんと働きたいって想いもあって。どちらも諦めたくないと思っていた時に、しくみ製作所から内定を頂けたんです。

── 旅行だと観光するだけで終わって、現地の方がどんな生活を送っているのか分からないですもんね。ちなみに世界一周の一か国目に台湾を選んだ理由ってなんでしょう?

神宮司:一番は通信環境ですね!台湾なら通信環境の問題がないので。
あとは学生時代に行ったこともあって、肩慣らしの意味合いを込めて選びました。一か国目で「やっぱり無理でした…」ということにはしたくなかったので(笑)

── 台湾なら親日家も多くて日本のお店も多いので生活しやすそうですね!とはいえ、社会人初日から海外って、不安じゃなかったんですか?

神宮司:もちろん、不安はありました。「働く」ということもよく分かっていないのに「海外でちゃんと働けるのかな…」って(笑)

ただ、内定が決まってから入社までの一年間はアルバイトとして働かせてもらっていたので、仕事の内容については事前に理解できていたのはかなり大きくて。業務に対する不安がなくなったおかげで、海外へ行く心の準備・旅の準備がしっかりできました!

リモートワークは「自由」だからこそ課題もある

しくみ製作所株式会社 神宮司明良 台湾▲台湾の料理や観光名所の台北101のお写真。小籠包美味しそう…

── 実際、台湾で生活してみてどうですか?

神宮司:充実した生活を送っています!
台湾はとにかく物価が安くて、ご飯は一食200~300円で食べれますし、交通費もバスだと一区間50~100円なので、バスで色んな場所に行って台湾の食文化に触れてます。

── いいですね!仕事をしながら台湾の文化に触れていると思うのですが、一日のスケジュールはどんな感じなんですか?

神宮司:特に充実していた日のスケジュールがこんな感じです(笑)

7:00 起床 ⇒ 朝食を食べに外へ
9:00 宿泊先のゲストハウスで仕事
12:00 昼食を食べにバスで台湾の中心部へ
13:00 カフェで仕事
18:00 台湾市内観光(台北101や夜市)


── めちゃめちゃ充実してるじゃないですか!リモートワークだからこその過ごし方でもありますよね。

神宮司:それはありますね!働く場所が自由に選べるからこそできていると実感してます。
通勤時間もないですし、ミーティングもオンラインなので、時間を効率的に使えて自由度が高いのはリモートのメリットだと感じます!

でも、しっかりと時間を決めて仕事をしないと、仕事が進まなかったり、いつまでも仕事をダラダラと続けてしまったりするので、それは自由だからこその課題だと思いますね。

── その課題に対して何か工夫してることはありますか?

神宮司:自分なりに工夫していることは、朝、誰に会うわけでもなくリモートで顔が見えなくても、人と会えるような状態にしてますね。当たり前のことかもしれないですけど、身なりを整えることで気持ちを上手く切り替えることができます。

また、就業時間が決まってるので定時で終わったら、仕事の作業はしないようにしてます。ダラダラ仕事をしていても効率が悪くなるだけなので、きっちり就業時間の中で仕事を行うようにしてます。
なので、ポモドーロテクニックをかなり重宝してます!

ポモドーロテクニックとは…25分作業したら10分休憩を1セットと考え、8セットやったら作業を終えるといった生産性を上げるための方法の一つ。

── ポモドーロを使ってみたときと使わなかったときで比べてみると、やっぱり違いますか?

神宮司:違いますね!ポモドーロを使って作業した後に、今度はポモドーロを使わずに作業してみた時は明確でした。
ポモドーロを使うときは何の作業をやるか事前に決めてから実行するので、どれだけ集中できて決めた作業がちゃんと終わったのか、見積もりに関してどうだったのかっていうのが分かるんです。

── 時間と気持ちの切り替えはリモートワークを行う上でとても重要ですね!

コミュニケーションの課題が少ない理由とは?

── コミュニケーションには課題を感じないですか?社会人一年目というだけでも社内の人に気を遣うことがあると思うんですけど、更にリモートワークでのコミュニケーションなので…

神宮司:実はそういった課題は感じていなくて。
コミュニケーションの取りやすい環境が入社した当初から出来上がっていたので、抵抗や気を遣うことなくコミュニケーションを取ることができてます。
それに会社自体、全員リモートなので、場所による情報格差が少ないですね!

── なるほど!オンラインでメンバーの皆さんと会話をすることもあるんですか?

神宮司:毎朝、朝会を開いてコミュニケーションを取っています!
朝会は4人1グループで毎日違う人と話すようになっているので、仕事内容は違っても色んな人と色んな話ができるんです。
今やってる仕事の話とか、プライベートの話とか、最近気になったニュースを一人一つ以上見つけて共有したり。そのニュースに対して意見交換するので、ニュースが話すキッカケになって、コミュニケーションが円滑に進めやすいなと思ってます。

── そういう機会があると、業務は違えど、様々な場面でコミュニケーションが取りやすくなりそうですね!

自分の働き方をキッカケに自分らしく働ける人を増やしたい!

しくみ製作所株式会社 神宮司明良 仕事中▲台湾のスタバで仕事しているお写真

── 今後はどの国を回る予定なんでしょうか?

神宮司:計画としてはカンボジア・タイに行って、東南アジアの雰囲気を肌で感じながら、中東・ヨーロッパと西へ移っていこうと考えてますね。
そこからアメリカの方にいって、最後に南の島に行こうかなと!

あとは、ただ世界一周して仕事をするだけじゃなくて、こういう生き方・働き方があることをもっと広めていくつもりです。

── どのような形で広めていこうと思ってるんですか?

神宮司:現状はTwitterを使って、旅の様子や台湾の様子、自分が今どんな働き方をしているのか、写真を載せて発信しています。
今後はTwitterだけじゃなくて、ブログも活用して発信していきたいと思っています。

── 情報を発信していかないと、広めるどころか伝わらないですしね!

神宮司:まさにそうだと思っていて。
周りの友達にこの働き方の話をすると多くの人が興味を持ってくれるんですけど、実際に生活イメージが伝わってる人は少なかったんです。おそらくそんな働き方を見たことも聞いたこともないからだと思うんですけどね。

それと同じで社内に制度がない会社や先例がないなどの理由で、リモートワークを実現できないと思ってる人は未だに多くて。

── 会社や働く場所に捕らわれて働いている人、そういう働き方しかないと思っている人って結構多いですもんね。

神宮司:そうなんです。そんな人たちに、僕が挑戦している「海外で旅をしながら会社員として働ける」ことを知ってもらって、リモートワークへの参加障壁が低くなればいいと思います。

会社で働くことが悪いことではないけど、自由に働くことは楽しいですし、好きな場所で生活できることは素晴らしいです。
仕事や環境を理由に自分のやりたいことを諦める人が多いですけど、それって凄くもったいなくて。そういう人って自分の周囲だけしか見てないとか、狭い視点で物事を見てるんじゃないかなと思うんです。

でも、色んな生き方・働き方をしている人は意外と多いんですよね。もっと視野を広げて自分に合った理想の生き方・働き方を見つけてほしい、僕の「海外で旅をしながら会社員として働く」という挑戦から場所にとらわれない自由な働き方を知ってほしいという想いを持って世界一周しながら働くことを発信していきます!

── 神宮司さんの挑戦が多くの人に広まってほしいですし、私たちも応援しています!
本日は貴重なお話ありがとうございました!

編集後記

リモートワークと聞くと「コミュニケーションの課題」が頭に浮かんできますが、「コミュニケーションの課題は全くないです~」といったお話に衝撃が走りました。(「え、本当に?」と少し疑ってしまうほど)

ところがお話を伺っていると、そこにはコミュニケーションを取るための工夫や、そもそも「完全リモートワーク」という全員が同じ環境下で働くことが、コミュニケーションの差を生まない「しくみ」なんですよね。
また、会社の「新しいしくみをつくっていきたい」、働く社員の「新しい働き方に挑戦していきたい」、という想いがパズルのピースのようにぴたりとハマっていることで相乗効果が生まれているのではないでしょうか。

しくみ製作所の「新しいしくみへの挑戦」に目が離せません!

 ▼今回お話を伺った企業の情報
しくみ製作所株式会社
神宮司 明良さんのTwitter世界一周の動向が掲載されています!要チェック!

第2回
新卒一年目から世界一周!?新しい働き方への挑戦に込めたアツイ想いとは ── しくみ製作所株式会社