<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1176794389076832&ev=PageView&noscript=1" />

女性の仕事を犠牲にする家庭のあり方は、もう成り立たない ── ジャーナリスト・白河桃子

女性の仕事を犠牲にする家庭のあり方は、もう成り立たない ── ジャーナリスト・白河桃子

女性の仕事を犠牲にする家庭のあり方は、もう成り立たない ── ジャーナリスト・白河桃子

ジャーナリストである白河桃子さんに「働き方改革」についてお伺いする今回の連載。
前編では、「働き方の“OS”を変えるのが本当の働き方改革」についてお届けしました。

後編では、働き方改革実現会議有識者議員、そして少子化ジャーナリストでもある白河さんに、「家庭や夫婦」「これからの夫婦のあり方」に関するお話を、掘り下げて伺っていきます。

白河 桃子(しらかわ とうこ)

少子化ジャーナリスト、作家、相模女子大学客員教授。チーム育児チーム稼ぎの社会目指します。ライフキャリア、女性活躍、働き方改革などについて発信中。 著書に『御社の働き方改革、ここが間違ってます! 残業削減で伸びるすごい会社』 (PHP新書)、『「逃げ恥」にみる結婚の経済学』(毎日新聞出版)など。

共働き世帯がぶつかる問題とは?

今後、共働き家庭が増えていくかと思いますが、共働き世帯はこれからどんな問題にぶつかりますか?

白河 桃子(以下、白河):待機児童問題などもあるんですが、大きいものは「家事と育児の両立問題」です。共働き家庭であっても、やっぱりまだまだ家事・育児は女性がやるものという認識が抜けきっていないんです。

男性とお話していても、「女性はどうしても育児でキャリアダウンするから」というようなことを平気でおっしゃるんですよ。男性の家事と育児の両立対策を実践している企業もほとんどないですね。そこが一番の問題かなと思います。

「家事・育児は女性」という認識のままだと、どんな問題が起こるのでしょう?

白河:男性が稼げなくなってきていますし、その一方で女性の市場価値はすごく上がっています。はっきり言ってしまうと、女性の仕事、キャリアの展望を全く犠牲にするような家庭のあり方は、もうなかなか難しくなってきているんですよね。

共働きでも共働きでなくても、男性が全く家事育児をせず、女性だけに負担がかかること自体が成り立たなくなっているんですよね。

意識改革はどのようにしたら良いのでしょうか?

白河:社会や法律、会社が変わればすぐに変わると思います。例えば会社が男性の育休取得を本気で応援するとか。そこは上から攻めていくのが一番ですね。会社から言われたり、評価に不利にならないことが一番早いですよ。家庭でも、説得するためのツールは必要です。数字や目に見えるものの方が男性に響きやすいです。

例えば、大学生の男の子に響いたのは、「奥さんの働き方によって家庭の収入は最大2億円変わります」という、ファイナンシャルプランナーが作った表でした。「家事育児をシェアしなさい」ではなくお金の話をした方が、共働きじゃないともうやっていけないということがダイレクトに伝わるようです。

女性は旦那さんにどのように伝えたらいいですか?

白河:まず気持ちのシェアからだと思いますね。女性の方からはっきり「家事をして欲しい」「育休をとって欲しい」と要求するのが大事です。自分が目指している方向があるんだったら、女性から梶を切らないとなかなか難しいです。女性が強く要求した夫婦は結果的にうまくいきますね。

あとは、女性も平等に交渉できるためには、女性もしっかり経済力を持つことが大切だと思います。家事・育児だけでも、本当は男性には払いきれないくらいすごく価値はあるんですけど…。

専業主婦が成り立つボーダーは1200万円から?

白河桃子

専業主婦家庭が成り立つボーダーはどこからなのでしょう?

白河:子どもがいるかいないかで変わってきますね。『逃げ恥にみる結婚の経済学」でミクロエコノミストの是枝さんが試算したところ、女性が家事育児をすべてひきうけてペイするのは男性の収入が1200万円くらいでしょうか。でも、子どもができると勤務時間が24時間になってしまうので、結局払いきれなくなってしまうんですよね。(白河桃子・是枝俊悟著:『「逃げ恥」にみる結婚の経済学』)

結構高い印象です…!

白河:1時間、自宅で家事・育児をするのと、1時間外に出て働くのとどっちが高いかという、すごく単純な問題です。

例えば、アジアはベビーシッターやメイドさんといった外部の手が安いので、そういう人たちを雇って自分たちは働きに出ます。

その一方で、アメリカは保育園がすごく高いので、家庭で子どもを見た方が安上がりです。奥さんの方がキャリアがあると、男性が一時的に専業主夫をします。子育てがとりあえず落ち着いたら職場復帰できますし、労働市場の流動性がすごく高いので、どちらかお給料の高い方が稼ぎ、どちらかが家庭で子どもを見ていた方が結果的に見て合理的になるでしょう。

もし自分のスキルが古くなっていたとしても、大学院などに通い直して職場復帰をするので、また自分の価値が高くなる。日本はそういう部分がまだまだ遅れていますね。やっぱり、騙し騙しでもとにかく仕事を継続していくことが日本にとって重要かなと思いますね。

男性は放っておいても父親にはなれない

男性の育児参加のためには何が必要ですか?

白河:育児休暇はもちろん大事なんですけれど、男性が取るとなるとすごくハードルが高いですよね。育休をとったらもう絶対に仕事してはいけないのではなくて、一週間に何日とか、何時間以内なら働いてもいいというように、もう少し柔軟にするっていうのは大事かなと思います。

企業によっては「育児サポート休暇」のように、有給を育児に使える休暇を置いているところもあります。育休というとすごくハードルが高いところをそれでクリアしていますよね。

あとは、やっぱり意識の問題も変えていかないといけませんね。例えばフランスでは、会社で働く男性に対して、赤ちゃん誕生後に14日間の出産休暇が与えられます。3日間は会社、11日間は国の負担で、狙いは「カップルが一緒に育児をする関係に変化する」こと。
この制度のおかげで、赤ちゃんが自宅に帰ってきて、いざ育児を始めますというタイミングで一緒にスタートアップが取れるんです。男性もがっつり赤ちゃんの育児をやらなくてはいけないので、そこで初めて父親になるんですよね。

その期間でパパのスイッチが入る感じですね。

白河:すごいなと思うのは、男性は放って置いても父親にはなれないというのをはっきり政府が分かって制度に落とし込んだということです。

日本に多い里帰り出産をしてしまうと、その期間、パパは赤ちゃんとママに向き合えません。お母さんはベテランのお母さんになって戻ってきますが、男性はまだ父親になれていないんです。ですから、スタートアップの時期を一緒に過ごすというのはすごく大事なんですね。

男性がしっかりと育休を取ると、その後「ワンオペ育児」になりにくいという結果も出ています。育休でも名目育休でも、赤ちゃんが泣いてたりお母さんがお乳をあげている時でも側でウロウロしているだけで、結構意味はあります。

長い目で見たときに、その家庭にとってどちらがより良い選択なのか

男性の家事・育児両立は、長い目で見たときにすごく意味があるんですね。

白河:男性が頑張って「女性を働く市場に戻す」っていうのはものすごく効果があります。一人が無償労働のために有償労働を犠牲にしたら、もう一人が有償労働市場に戻れるように助けていかないと、なかなか難しいんです。

一時期男性がキャリアダウンしたとしても、そのあと奥さんが正社員に戻れたとしたら、結果的に見ると全然お釣りがくるんですよ。(白河桃子・是枝俊悟著:「逃げ恥」にみる結婚の経済学」)

パートナーとカップルでこれからやっていくのであれば、今のスケールメリットを生かすために「今の状態だったら、どちらが何時間働くほうがいいのか」を考えたほうがいいですね。
最終的には自分がどのくらい働いて、どのくらいの時間を儲けるかっていうことを自分自身が選べるというのが、最終的な働き方改革になるのかなと思いますね。

貴重なお話ありがとうございました。

取材を終えて

男性は仕事・女性は家庭とお互いの仕事をそれぞれ支えていた時代は終わり、男性も女性も同じくらい働き、稼げるようになった現代。

時代は変わっているのにも関わらず「長時間働いた方が儲かる」「家事育児は女性がするべきだ」というような不思議な意識だけが根強く残り、それが日本の長時間労働や少子高齢化などに暗い影を落としているのだと感じた今回の取材。

長い目で見たときに、どちらの選択がその家庭や会社にとって最適いなのか。合理的に考えれば、簡単に答えは出るはずだと思います。

▼興味を持たれた方はこちらをどうぞ!

白河 桃子 著
御社の働き方改革、ここが間違ってます! 残業削減で伸びるすごい会社 (PHP新書)