<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1176794389076832&ev=PageView&noscript=1" />

育児と仕事の両立に必要なのは「一人で頑張ること」ではなく、「パートナーを巻き込むこと」

育児と仕事の両立に必要なのは「一人で頑張ること」ではなく、「パートナーを巻き込むこと」

育児と仕事の両立に必要なのは「一人で頑張ること」ではなく、「パートナーを巻き込むこと」

皆さんは子育てと仕事の両立について真剣に考えたことはありますか?

社会人2年目で、今は仕事が楽しいからあまり考えられてないかも。不器用な私に、子育てと仕事の両立なんてできるのだろうか…

先日、Book Lab Tokyoで開催されている「author's TALK」にて、後悔しない「産む」×「働く」の著者である少子化ジャーナリストの白河桃子さんを招いてトークセッションが行われました。

そもそもなんで「両立」って難しいんでしょうか?後悔しない「産む」と「働く」を実現させるにはどんなスキルとは?女性だけでなく、子育てと仕事を両立したい全社会人、必見です!

白河 桃子(しらかわ とうこ)

少子化ジャーナリスト・作家・相模女子大学客員教授。「働き方改革実現会議」有識者議員をはじめ、多くの政府の会議に参画。山田昌弘中央大学教授とともに「婚活」ブームを提唱。著書に『格付けしあう女たち』、『御社の働き方改革、ここが間違ってます!』などがある。

「仕事をしながら子育てをする自由」が確保されない時代で、みんな不安を抱えている

白河本日は朝早い中お集まりいただきありがとうございます。

『後悔しない「産む」×「働く」』という本は、元々は女子大生向けのライフキャリアデザインの授業のコンテンツを書籍化したものです。

女性の仕事・結婚・出産への不安に対して、医療とキャリア両方の視点から具体策を提示しています。医療分野は国立成育医療研究センターの不妊診療科医長の齊藤英和先生が書いています。

今の学生や若手社会人の方は「働きながら産み育てる」夫婦のロールモデルに出会ったことがない方が多くて、ロールモデルは「一家の大黒柱のお父さんと専業主婦のお母さん」というところで止まっている方が意外と多いんです。

仕事をしながら子育てなんて、本当に両立できるんだろうか?という不安をみんな抱えています。

事実として、出産した後に半数が退職してしまう現状は相変わらずです。出産しても長く働くために優秀にもかかわらず一般職などの「ゆるキャリ」を選択する人も多くいます。社会の仕組みがうまくいっていないんですね。

ここ数年で独身者も増え、以前に比べれば「産まない自由」は確保されてきましたが、「仕事をしながらいつでも産める、または子育てをできる自由」が確保されているかというと、まだ厳しい現実があるんです。

「産む」と「働く」を阻害する4つのハードルとは?

白河:では何が「仕事をしながら子育てをする自由」を阻んでいるのでしょうか?日本には、「産む」と「働く」を阻害する4つのハードルがあると私は思っています。

1. 性教育が足りない

日本では「妊娠すること」に関する教育がほとんどなされていません。そのために望まないタイミングで妊娠してしまい、学校の中退を余儀なくされるケースもあれば、逆に妊娠適齢期を逃してしまい、「もっと早く知っておくべきだった」と後悔するケースもあります。

男女で愛し合うことは素晴らしいことですが、妊娠、出産、子育てをいつするかは、人生において非常に重要な決断になります。すべてコントロールできないのが妊娠、出産ですが、正しい情報を得た上で自己決定することが大切です。

2. 結婚しないと産めない

フランスでは、まず同棲して、先に産んで、「一緒に人生をシェアしていける人なのか」を見極めるお試し期間を経てから、パクス(準結婚)や法的結婚などの形を選択していきます。

一方、日本は事実婚が異様に少ない国です。日本では、結婚しないカップルから生まれる子ども(婚外子)はわずか2%。

もう少し柔軟になればいいなと思うのですが、いずれにしろ日本では出産するためには結婚と思っている人が多い。そこにひとつのハードルがあるのは事実です。

3. 仕事と子育ての両立が難しい

スリールさんが先日発表した「両立不安白書」によると、9割の女性が産む前から両立に不安を抱えており、46%の女性は出産や妊娠を仕事のために遅らせたことがあるそうです。

▲スリール株式会社 仕事と子育て 両立不安白書より

仕事と子育ての両立を阻む原因は「職場の長時間労働」と「パパの非協力」です。みんなが残業するのが当たり前という職場で、子育て中のママが5時に「お先に帰ります!」は難しいですよね。

また、パパの職場で育休を取得しづらかったり、子どものお迎えのために早く帰るのも難しければ、結局ワンオペ育児になってしまいます。

「一人でやらなければ」と思うことが両立不安を高めます。「子育ては母親一人が誰にも迷惑をかけずに頑張らなければ行けない」という女性の思い込みもハードルのひとつです。

4. 加齢による不妊のリスク

上記の3つのハードルが若いうちに越えられないと、今度は「加齢による不妊のリスク」が待ち受けています。意外とこの年齢によるリスクを知らない人が多い。

妊孕性(にんようせい)という言葉を聞いたことはありますか?妊孕性とは、「妊娠のしやすさ」を指します。

健康な男女が排卵のタイミングを合わせてセックスした時、19〜26歳までは5割の確率で妊娠するのですが、27〜34歳では4割と少し陰りが見え、35〜39歳だと3割に下がってしまうんです。あくまで個人差ですが。

熱田:(妊娠しやすいピークは26歳ってこと!?意外と短い…)

白河:また、男性の年齢も相手の女性を妊娠させる能力に大きく関わってきます。男性の加齢に伴い妊娠率は下がりますし、流産率や子どもの先天性異常リスクも高まることがわかっています。

「男性は関係ないだろう」と思っている人も多いのですが、男性も自分の年齢を意識するべきですね。35才以上はおあいこだと思ってほしい。

熱田:(彼氏が年上の人も、早めに産んだ方がいいってことね…)

逃げ恥のみくりと平匡のようなカップルが増えている

白河先ほど、出産をするためには結婚のハードルを乗り越えなければいけない、というお話をしました。

じゃあどうすれば結婚できるのか?という話になるのですが、そもそも日本人はあまり恋愛をしていないというデータが出ています。

まず、20代の男女の5割近くが交際経験がありません。また、ある調査によると、「恋愛は相手からのアプローチを待つ方だ」と答えた女性が7割以上おり、同じアンケートではやはり男性の6割が「相手からのアプローチを待つ方だ」と答えているそうです。

待ち受け男子と待ち受け女子が出会っても、何も起こりません。「逃げるは恥だが役に立つ」のみくりと平匡(30代童貞)のようなカップルが増えているんです(笑)

男女ともに、ぜひ「いいな」と思う人を見つけたら積極的にアプローチをしてほしいですね。

また、婚活がうまくいかない原因として、「養ってほしい女性の数に対して、養える男性の数が圧倒的に少ない」ことが挙げられます。

今の日本の制度では、子どもを産んだ後にもとのような正社員に復帰したくてもできないことが多いので、女性は「子どもを産んだら働けないんじゃないか」という不安を抱えてしまうんですね。

だから、婚活の時もどうしても年収が高い人を選んでしまう。一方男性は、「大黒柱になるのは無理だ」とプレッシャーを抱えてしまう。

「男が大黒柱、女は専業主婦」という昭和の結婚観は捨てて、仕事も子育ても二人でシェアしていく、「チーム稼ぎ」「チーム育児」が鍵になっていきます。

女性からどんどん要求していくことも両立に必要なスキル

白河大学生に授業をする時、「親が共働きの人?」と聞くと最近は手が上がるようになってきました。でも、「お父さんが家事と育児をやっている人?」と聞くと、全然いないんです。

でも、女性が仕事と子育ての両立するには「男性の家庭進出」が重要。1人で頑張ろうと思わず、パートナーとしっかりチームを組むことが必要です。

様々なロールモデルの女性を見ていますが、これからの女性に必要な力は「要求力」だと思います。女性はどんどん要求した者勝ちで、両立に関しても女性から要求をしないと何も動きません。

うまくいっている夫婦だと、女性が独身の頃から「私は両立したい」と男性に言い聞かせていたり、独身のうちから子育てサークルの手伝いに行かせて、パパとしてのロールモデルを見せるなど何かしらのアクションを起こしています。

「なんで女性ばかりが行動しなきゃいけないの?」と思われる方もいらっしゃるでしょうが、自分のやりたいことのために周りを動かすというスキルはこれから求められる能力かなと思います。

編集後記

思っていた以上に妊娠適齢期が短くて衝撃…。また、一人で抱え込むのではなくパートナーを巻き込む大切さも痛感しました。

今まであまり向き合ってこなかった、「自分のライフイベントをいつにすべきか」問題。

妊娠適齢期を逃してから気づくのでは遅いので、出産を少しでも考えている20代女子ほど早いうちに自分のライフに向き合ってほしいし、自分自身も積極的にパートナーの助けを求められるようになりたいと強く思いました。

後編では、モデレーターの西村創一朗さんと白河さんの対談の中で「仕事が忙しい社会人になっても自分のライフについて考える大切さ、また「産む」と「働く」を両立させるための企業選びのコツなどを紹介させていただきます!