<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1176794389076832&ev=PageView&noscript=1" />

本業 + 3つの副業!活躍の場所を広げ、心豊かに生きる ── 株式会社サーチフィールド

本業 + 3つの副業!活躍の場所を広げ、心豊かに生きる ── 株式会社サーチフィールド

本業 + 3つの副業!活躍の場所を広げ、心豊かに生きる ── 株式会社サーチフィールド

社員の活躍の場所を見つけるために、副業を取り入れている株式会社サーチフィールド
そんな同社で、本業と副業合わせて4枚の名刺を持っている社員の方がいらっしゃいました。
どのような副業をおこなっているのか、また、副業をおこなっていることで本業にどのような影響をもたらしているのかについてお話を伺ってきました!

八木 輝義(やぎ てるよし)

株式会社サーチフィールド FAAVO事業部 マネージャー 前職では(株)リクルートジョブズで地方企業向け採用セミナーに従事する傍ら、無報酬のプロボノとして(公社)宇都宮青年会議所の理事を2期務める。任期中に(株)サーチフィールドに転職。クラウドファンディング事業部に配属となる。転職後、2015年には副業としてCapraMediaを創業し、地ビール企画開発ならびに、移住コンサルティング事業(米国CCE,Inc.認定GCDF-Japan キャリアカウンセラー資格保持)をおこなっている。2016年は(公社)日本青年会議所トップランナー委員会にプロボノ出向し、地域課題解決型クラウドファンディング「JC地域創生投資」の立ち上げと運用に携わる。

第2回
本業 + 3つの副業!活躍の場所を広げ、心豊かに生きる ── 株式会社サーチフィールド

キャリアコンサルタント、プロボノ、オリジナルビール事業…どれも副業!?

── 八木さんは本業以外にも複数の場所で活動をしているということですが、今はどういった活動をおこなっているのでしょうか?

八木 輝義(以下、八木):本業がサーチフィールドで、その他にキャリアコンサルタント、プロボノである青年会議所、あとヤギビール事業をしています!

── どの活動も興味深いですね!それぞれどういった経緯で活動を始めたのか教えて下さい!

八木:まず、キャリアコンサルタントは前職の時に資格を取りました。当時は本業では求人媒体の営業として、採用活動をしている事業者様に企画提案をしていました。
求職者側の気持ちやキャリア全般のことを理解しないと、よりよいマッチングはできないと思い、自己研鑽として資格を取得したのですが、うちの会社に勤めてから全く違う業務で資格を持っているだけという状態だったんです。
でも、将来的に地方で就職(転職)のお手伝いをしていきたいと考えています。そのために、もっとキャリアコンサルタントとしての能力を磨いていく必要がありますし、感覚を鈍らせたくないという気持ちもあり、継続してやっています。

プロボノでは、青年会議所という地域で一番大きなお祭りや子どもの相撲大会などを企画している地域おこしの団体に参加しています。
以前は宇都宮に住んでいて、自分が暮らす街を盛り上げたいという想いがあったので参加することにしました。

── 元々そういった活動に興味があったんですか?

八木:あるにはありましたが、どちらかというとイベントなどは参加者として楽しんでいただけで。でも、大学の先輩が栃木出身で青年会議所に参加していて、「栃木に住んでるなら一緒に街を盛り上げよう!」って、半ば引っ張られる形で見学に行ったんですよ(笑)
その見学で、裏方の人たちが街を盛り上げるために頑張ってる姿を見て、この人たちのおかげで僕たちは楽しめてるんだって気づきました。それまではシャッターの多い街中を寂しく感じていましたが、青年会議所での活動を見て、自分も街に何かできる立場だったらこんな姿にしたくないなぁと思い入会したんです。

自分にできることをやっていきたいという想いからプロボノをスタートしました。以前は宇都宮に住んでいたので宇都宮青年会議所にいましたが、現在は都内に住んでいるので東京青年会議所へ移籍して活動をおこなっています。

── なるほど。では、先ほどから一番気になっている「ヤギビール事業」についてお聞きしたいです(笑)

八木:これもまた前職時代にさかのぼるのですが、飛び込み営業をしていた時に、たまたま入った営業先がビールをつくっていたんです。ビールづくりってすごく気になると思って、営業先にも関わらずビールづくりについて話を聞いたら、大体の食物であればビールはつくれると教えてくれたんですよ。

僕は、愛媛県が地元なんですけど、ちょうどその当時、愛媛を紹介できる何かをしたいと思っていたので、愛媛の名産であるミカンを使った「ミカンビール」をつくりたい!って話したら「美味しいと思う!」と言われて、ビールづくりをすることになったんです(笑)

── 営業先でとんとん拍子にビールづくりが決まったんですね(笑)

八木:自分が飛び込み営業したのに、お客さんとして飛び込んじゃうっていう(笑)
当時、飲食店のお客様を抱えていることが多かったので、つくったオリジナルのミカンビールを「ヤギビール」というノベルティで配って歩いたんです。
ビールがキッカケで、「八木って営業は愛媛出身でミカンビールをつくったやつ」と僕のことも、愛媛の名産はミカンだと覚えていただけるようになりました。更には営業先のお店から「ヤギビールを店に置きたいからまたつくって」と言われて。

地元を紹介する一つのコンテンツとしてビールをつくり始めて、今ではそういったリピーターにお応えして「ヤギビール事業」で年に4回くらい自分のオリジナルビールや、依頼を受けて地ビールををつくってます。
八木ビール

副業で経験値が増えて、本業に活かされる

── サーチフィールドに入社する前から、色んな活動をしていたんですね。

八木:そうですね。そもそも副業をやろう!と思って副業をやっているわけではなく、やりたいことをやり始めた結果、本業を含めて4枚の名刺を持っているという状況になってます。それに、今となっては、どの副業も本業で携わっている地域密着型クラウドファンディングサービス「FAAVO(※)」に繋がってきます。
キャリアコンサルタントは将来的に地方への就職(転職)のお手伝いをしたいという目標がありますし、プロボノは裏方として地域を盛り上げたいと思って活動しています。ビール事業も地元の名産を使ってビールをつくることで地域のブランディングにも繋がります。副業と本業の境目があまりないですね。

FAAVOホームページ

※FAAVOとは…『まちから生まれるおもいをつなげる』
このコンセプトを元に展開している、地域を盛り上げるプロジェクトに特化したクラウドファンディングネットワークです。

── どの副業も本業と親和性があるんですね。とはいえ、4つの活動をおこなうのは大変じゃないですか?

八木:キャリアコンサルの活動頻度はあまり高くないですし、ヤギビール事業も年に4回なんですけど、大変な時期はあります。プロボノは、基本は月1~4回でミーティングをおこなっていますが、すごく忙しい時だと週に5回ミーティングがあったりして…。

── ほぼ毎日じゃないですか!本業との両立は難しくないですか?

八木:サーチフィールド自体、生産性を非常に意識している会社なので、早い時間に業務を終わらせて、外の活動をすることはとてもやりやすい環境ですね。

ただ、プロボノの場合、行事のある時期に役職を任されると永田町にある事務局に夜な夜な通いつめたり、ミーティングが終わってからご飯して帰ると深夜だったりしますが、次の日は意地でもいつも通り会社へ出社します(笑)本業に支障が出るのは本末転倒ですからね。
忙しい時期はかなりキツイですけど、「街を変えていこう!」という想いがあれば、いくらボランティアでお金をもらってないとはいえ責任が生まれるんですよ。
大変ですけど、それって自分が普段の業務ではやらないような役回りを任せてもらえるので、すごく経験値が増えて、本業に活かされます

本業 + 3つの副業 = 心の豊かさ

株式会社サーチフィールド 八木輝義
── キツイことも沢山あると思いますけど、すごく楽しそうですね。

八木:楽しいですね!忙しくて体がしんどいとかありますけど、全部違う場所で違うことをやっているのでスイッチが切り替わるんですよ。体は疲れてるけど、心がリフレッシュされてるので、実際あまり疲れた!って思わないんですよね。
本業では胸を張れる・やりがいのある仕事でご飯を食べていけることの心の豊かさ、仕事以外の時間も興味関心事にライフワークとして関わることの心の豊かさを得られることができています。

やたら友達も増えますし!地元を良くしたいという想いを持った、経営者の方が活動されていることも多くて。
僕は普通のサラリーマンですが、経営者と同じ目線で対等にボランティアをすることができたり、地域を良くしていこうと同じ志を持って活動してるんですよね。更に、経営者の方たちと一緒に活動することで、ビジネスの考え方やビジネスに対する向き合い方が自然と身に付いてくるので、とても勉強になります。

── 副業が本業にかなり活かされてますよね!

八木:活かされてますね。一つのイベントでも色んな役回りを覚えることができます。何百人も前に司会をやったり、受付をやったり、アテンドを経験することもあって、普通のサラリーマンをやっているだけじゃできない体験ができていますね。

あと、クラウドファンディングのワークショップの講師業も本業の役割の一つなのですが、一対一ではなく大勢の人前で話すことができるのはプロボノで身につけたスキルですね。この経験がなければ上手くできていなかったと思うので、それが今一番本業に活きてると感じます!

副業は個人と会社の「信頼関係」が重要

── それでは最後に。副業をおこなうことによって、自分自身や会社にどのような影響を与えると思いますか?

八木:どんなに本業と違う仕事・関係ない仕事でも学べることって沢山あるんです。色んな場所での経験や様々なキャリアで学んだスキルって、ポータブルスキルとして活かせるので、自分の経験の幅も広くなります。
一つの仕事をおこなうよりも自分の市場価値が高まる。そのための投資を本業以外の時間でおこなう。投資して得たスキルがあれば、異動や転職先でも活躍しやすいケースもありますし、会社内で「こういう経験をして、こんなことができます」と社内営業ができるんです。
自分の付加価値を高めるためにもパラレルな活動は非常にいいですし、報酬がなくてもパラレルキャリアやプロボノは価値があると思います。会社としても、高いお金を出して研修に行かせるより、自分の好きなことを好きな場所で学びを深めて、スキルや人脈を広げた方がいいですよね。

ただ、副業をおこなうためには個人と会社の信頼関係は非常に重要です。例えば、副業先へ社内の情報を持ち出してしまわないか、副業をすることで本業が疎かになってしまうんじゃないかと、個人の行い一つで副業のイメージも変わってきてしまいます。
そこに対して、副業をする側は副業をさせて頂いているチャンスを、会社への還元に変えたり、還元するぞ!といった姿勢を見せることが大事だと思うんです。そうすることで会社も背中を押して「行ってこいよ」と言ってくれる、そんな関係が築けるのではないでしょうか。

── 会社に甘えるのではなく、やりたいことをやらせてもらってるからこそ、責任を持って取り組むことが重要ですよね。貴重なお話ありがとうございました!

編集後記

取材終了時、なんと八木さんからヤギビールをお土産に頂きました!家に持ち帰り飲ませて頂きましたが、飲みやすくて感動しました!(筆者はお酒が得意ではないのですが、とても美味しかったです!)ありがとうございます!

八木ビールのビール

本業を含めて4枚もの名刺を持っている八木さん。本業とそれ以外の活動を上手く使い分けながらも、すべての活動は一貫して「地方やゆかりのある地域を良くしていきたい」という熱い想いがありました。
そんな個人の「やりたいこと」や「活躍したいと思う場所」を叶えられるのは、サーチフィールドの「活躍の場所を見つける」という会社としての熱い想いがあるからですよね。

会社の想いと個人の想いが上手に重なって、本当に活躍できる場所を見つけられる人がどんどん増える、そんな未来を想像できるような取材でした。

▼今回お話を伺った企業の情報
株式会社サーチフィールド
・八木さんがおこなっている地域おこし事業「FAAVO
ヤギビールのFacebookページ

第2回
本業 + 3つの副業!活躍の場所を広げ、心豊かに生きる ── 株式会社サーチフィールド