<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1176794389076832&ev=PageView&noscript=1" />

「気候も人もあたたかく、自由に働ける!」茨城県潮来市で地域おこし協力隊になったワケ

「気候も人もあたたかく、自由に働ける!」茨城県潮来市で地域おこし協力隊になったワケ

「気候も人もあたたかく、自由に働ける!」茨城県潮来市で地域おこし協力隊になったワケ

どうしても茨城で働きたい。実家のある札幌を離れ、ラジオ局の勤務から地域おこし協力隊になった私のお話です。

佐藤彩希(さとうあやき)

1991年5月生まれ。北海道札幌市出身。大学卒業後、茨城県のラジオ局で3年勤務。一度札幌に戻るも「どうしても茨城で暮らしたい!」と茨城県潮来市の地域おこし協力隊に。 現在は潮来市の小学生とともに地域住民に取材しラジオ番組を制作する「こどもジャーナリスト育成事業」を進めながら、市内の撮影などを通してSNSでの情報発信を行う。

一度住んだら忘れられない、わたしの生きる場所

茨城県に引っ越すきっかけになったのはズバリ就職です。
大学を卒業して入社したのが茨城県のラジオ局だった、それが理由です。

札幌に帰りたいよ~と嘆いていたのは入社1か月くらいまでで、そのあとは逆に帰りたくないという気持ちが高まっていきました。

単純に仕事が楽しかったというのもありますが、一人暮らしin茨城が快適だったんですね。取材先で野菜のおすそ分けをいただいたり、行く先々で「あやきちゃん、番組聴いてるよ!」と声をかけていただいたりして、「ああ、私ここで生きているんだ」と実感する毎日でした。

茨城県内各地からレポートする仕事もしていたので、44市町村すべてに足を運ぶことができました。自治体によってちょっとずつ見える風景、聞こえる言葉、ただよう香りが違うことを体感しました。入社2年目にオートバイの免許を取ったので、取材先に改めてバイクで遊びに行くことも増えました。もうすっかり茨城県に惚れていました。

茨城県独自で行っている「いばらき観光マイスター」試験もうけました。
44市町村の基礎知識を問う1次試験をなんなく合格し、観光客へのおもてなしの実演を行う「いばらき観光マイスターS級」の試験も無事にクリアしました。S級認定者ということで、講演依頼をいただくことも増えてきています。
県外の方も受験できます。なかなか難しいのでしっかり勉強して挑戦してみてくださいね。

どうして潮来(いたこ)市なの?

では、どうして今、茨城県の潮来市に住んでいるか、ですよね。

それは、どうして地域おこし協力隊になったのかという話と深く関係しています。

「茨城で働きたい」ともやもやしている時に地域紙にたまたま「地域おこし協力隊」の文字を見つけてこれだ!と思って応募したのがきっかけです。

茨城のラジオ局で働いていた頃、潮来市のお隣、稲敷市の地域おこし協力隊に取材したことがありました。当時の稲敷市の協力隊は空き家をリフォームして地域の憩いの場を作るという取り組みをしていたんです。お給料をもらって外で作業ができる、なんて素晴らしいんだろう!事務作業が苦手な私にとって地域おこし協力隊という仕事は憧れの一つになりました。

茨城で働けるのであればどこでもいいというのが正直なところでした。たった3年ですが、茨城で過ごした日々は何物にも代えがたい素晴らしいものだったので。
とはいうものの、寒いのが極端に嫌いで、雪が降る場所にはなるべく住みたくなかったので、県西・県南・鹿行(ろっこう)を考えていました。

それに加えて、仕事内容が決められているのも嫌でした。まずは自由にやらせてほしい。わがままですね(笑)。

雪が降らなくて、仕事内容が自由、この条件に合っていたのが潮来市だったのです。
こんな理由で応募した私を受け入れてくれた皆さんには本当に感謝しています。

古墳がいっぱい!いたこ!

潮来市に人が定住するようになったのは縄文時代早期からと言われているそうです。6世紀後半までは多くの古墳が作られて、今でもドライブすればあちらこちらに古墳が見られます。

大化の改新後に、地方の行政区分として板来という言葉が見られるようになります。
このころ、国府(石岡市)から鹿島神宮への通り道になっていた潮来は「板来の駅(いたくのうまや)」が置かれるほど交通の要所になっていたということです。

余談ですが・・・
このころの行政区分として郡や郷、里というのが設けられたというのは耳にしたことがあるかと思います。
当時、茂木・島須・辻といった名がつけられましたが、その名前が名字の方が潮来市は多いんです!
地名と名字を関連付けて考えるのってなんだかわくわくしませんか?

ろっこう!いたこ!

20kmも南に行けば千葉県です。

茨城県は、県央、県北、県南、県西、鹿行と茨城を区分しています。潮来市は鹿行エリアに入ります。
鹿行(ろっこう)の名前の由来は、鹿島郡の「鹿」と行方郡の「行」が合わさってこう呼ばれるようになったとのこと。

潮来市、神栖市、鹿嶋市、行方市、潮来市の5市があります(6個”ろっこ”ではない)。
自治体の境をあまり意識せず、隣町に買い物なんていうのも当たり前の光景です。

温暖な土地!いたこ!

私が住む場所を選ぶうえで一番気にしたのは、

雪が降るか否かです。

交通手段がバイク(原付じゃないですよ)なので雪が降るとおしまいなのです・・・

バスやタクシー電車を使えばいいじゃないか!という声が聞こえてきそうですが、時刻表を見て普段の生活をこなす、というのは、私にとってはストレスでしかないのです!!!
※旅など非日常の世界では別ですよ(*^^*)

天候に関して潮来市は、

☆大雨でこまった!ということが少ない
☆暑いけど何とか生きていける
☆雪がほとんど降らない
☆氷点下になることほぼない

という私には好条件ばかりの土地だったのです…!
潮来にまず遊びに来てくださいまし!

買い物もなんとかなるさ!いたこ!

住むとなるとお買い物する場所が必要ですよね。

みんなの味方ジャ〇コ(今はイ〇ン)は、ありません!

小学生のころ、寒いから、と階段の踊り場とかフードコートを使わせてもらってたジャ〇コもヨー〇ドーも、ありません!

潮来市でスーパーで買い物をするとなると
セイミヤ
タイヨー
ベイシア
のいずれかです!※記入漏れがあったらすみません

私が良く利用するのはセイミヤとタイヨーですがどちらもクレジットカードが使えません!

キャッシュレス化が進んでいる私にとっては
非常に不便!!!!!
普段現金をもちあるかないので
非常に不便!!!!!
(これに関しては本当に不便なので2回かきました)

現金のほうが良いという方もいるのでしょうけれど…ね。
〇〇ペイが推進されているわけですから、どうにかこうにか、スーパーでも使えるようにしてほしいなあ、と心から願っています。

ベイシアではクレジットカードが使えます!!!!!最&高!!!

その他、コンビニに関しては
セブンイレブンとローソン、ヤマザキ、ファミリーマートはありますが、ミニストップはありません。

季節のアイスで、
「あ~もうこんな時期か~」
なんて感じていた私にとっては少し寂しいですが、
潮来市に、ミニストップはありません。(2回目)

主要道路はR51!いたこ!

潮来市の真ん中を走る道路は国道51号線です。
51号沿いには大抵のお店がそろっています。100円ショップ、コインランドリー、ファストフード店、ファミレス、ガソリンスタンド、その他もろもろ。

生活に困ることは、ずばり、無いです!

ただ、
大きな病院はありません!
入院とか大きな手術とか、そういうことができる
大きな病院はありません!

そこらへんはちょっと心配かな。
普段から健康を意識して、車にも気を付けて生活していれば、90%くらいは大丈夫だと思います。

さて、ここまでつらつらと述べてきましたが、要するに、住んで困ることはほぼない!ということ。

どうでしょう、少しは潮来のイメージができたでしょうか?
まあ一言でまとめると、少なくとも私にとって住みやすい!ということですね。

住んで、体験して感じる「いたこ」

インターネットで検索すれば潮来にも1年を通して様々なイベントがあることがわかります。でも、撮影者・記録者目線だけでは感じ取れないことも多いと思います。

知らない土地で、知らない人と一緒に何かをすることは、どちらかと言えば不得意なんです。でも、それじゃあ地域おこし協力隊になった意味がないとも思っています。だからこそ今の私ができる範囲で地域に飛び込んでいます。

あやめ娘も務めたし、潮来祗園祭禮にも参加させてもらいました。
任期に限りがあるからこそ、できること、やってみたいことになんでも挑戦していくつもりです。全力で取り組んだら、これ以上踏み込んじゃいけないっていう引き際もわかる気がするので(笑)。

▼佐藤さんの活動詳細はこちら 

Facebook:@itako.chiikiokoshi
Twitter:@itako_okoshi
ブログ:https://itakocity-ayaki.hatenablog.com/

 

\“地域”を盛り上げたい方大募集/

「我こそは地方創生アンバサダーに適任だ!」という地元愛溢れる方、

ご連絡はこちらから!