心からやりたいことを仕事に!一歩踏み出せない君へ。 プロギャンブラーが語る「天職」の見つけかた

心からやりたいことを仕事に!一歩踏み出せない君へ。 プロギャンブラーが語る「天職」の見つけかた

プロギャンブラーに聞く「仕事とは」「お金とは」「人生とは」第2話。

人生楽しみたければ、本当に楽しんでいる人に聞け!ということで、前回は人生を楽しむための考え方を教えていただきました。今回は、プロギャンブラーという職業を選んだのぶきさんにこそ聞きたい、『仕事』という人生とは切っても切り離せないテーマについてお話を伺いました。

第1回
ハッピーな人生はいかにして手に入れるのか?勝率9割のプロギャンブラーに学ぶ、人生必勝思考法。
第2回
心からやりたいことを仕事に!一歩踏み出せない君へ。 プロギャンブラーが語る「天職」の見つけかた
第3回
プロギャンブラーから一転、超有名画家の秘書になったワケ 〜秘書経験に学ぶ、個とチームを強くする仕事術〜
第4回
「一瞬賭命」人生を成功に導くため自身に問うべき3つのこと
第5回
財布も携帯もない究極のミニマリスト。 モノにも他人にも縛られないノブキ流の自由な生活

プロギャンブラーのぶきさん

東京都出身、旅をこよなく愛するプロギャンブラー。「休みたくないと思える仕事」を探し続け、25歳の時、アルバイト貯金1000万を元手にギャンブラーとしての道を選択する。ラスベガスをはじめとする世界中のカジノを周遊し、ギャンブルの世界では神の領域とされる「勝率9割」を達成。ギャンブルだけで生活し続け、15年間で世界6周、今まで訪れた国は82ヵ国におよぶ。災害ボランティアを機に帰国し、メディア取材、企業や大学での講演依頼が止まず、多方面で活躍中。

仕事とは、人生がハッピーであるかどうかを左右する「人生の中で一番使う時間」

ー プロギャンブラーという職業を選んだ理由とも関わってくると思うのですが、のぶきさんは「仕事」をどう捉えていらっしゃるのかなって。

のぶき:僕にとって仕事とは「人生の中で一番使う時間」仕事の時間がハッピーなら人生はよりハッピーになれる、そう考えています。逆に、ここがハッピーじゃなければ残りの時間でハッピーにしなければならないので、それはベストなチョイスではないのかなって思います。

じゃあ自分がハッピーになるためにはどういうふうに仕事をすればいいか。そこで考えたのがまずは起業です。起業するからには成功しなければだめだと考えました。僕は人から「右肩上がりの成長段階になるまでには3年から5年間かかる」と聞いていたので、それなら3年から5年間休まなくてもいい仕事を選べば成功できるかもって考えたんですね。

ー 「シゴト」や「働くこと」に対してそういう風に考えるキッカケはあったんですか?

のぶき:キッカケはいろいろありましたね。
まず、僕は大学に2浪して入ってるので、大学生活も現役で入った人と同じくらいの動きしかできなかったら、それは自分の中では人間としてダメダメだなって考えていたんです。だから他の人よりも仕事をしたし、他の人よりも遊んだ。バイトもMAXで4つ掛け持ちしてやってました。

あとは、大学1、2年の頃に親友が大道芸人やるって言い出して、それを聞いて視野が広がったっていうのはありますね。その当時の僕は、サラリーマンやってそこの会社の社長になるって仕事の視野しか持っていなかったので、親友の仕事観が結構僕の中では衝撃的でしたね。

一番のキッカケとしては、大学3年(ってことは高校時代の友人は就職している)のときに僕の友だちが就職して会社に入って鬱になっちゃったんですよ。その時に初めて、従業員のハッピーを考えてくれる会社と、従業員をただ使うだけでモノとしてしか考えていない会社と2パターンあるんだなって知ったんです。
だからこそ就職だけが仕事じゃないんだなって、その時思ったんですよね。

自分の仕事は、“例外なく”毎日できることを

のぶき:僕はすごいメモ魔で、100個ぐらい独立したい職種をリスト化していたんですよ。その中の1つに「パン屋をやりたい」という項目があって。

ー パン屋さんですか?

のぶき:そう。僕、菓子パンを食べるのが好きで(笑)日本の菓子パンこそ世界一だと思ってて、毎日でも菓子パンを食べることはできるんだけれど、毎日作るのはどうかなって考えたんですよ。毎日働くってことは、みんなが休んでる大晦日もです。
例えば友達と大晦日を過ごしていて「そろそろ紅白でも見ようか〜」ってなったときに、「明日はパンの仕込みで2時起きなんで、そろそろお開きに......」って、僕は果たして言えるのだろうかと。

ー 極端ですね(笑)

のぶき:でも、毎日働くってそういうことなんだと思ったんです。だから、想像してみるとパン屋はちょっと厳しいなって思えてきて。あんなに大好きな菓子パンですら、毎日作るのは無理なんだなって思いました。そうやって考えていったら、100個くらいあった「独立したい職種」は全部「たまには休みたい仕事」でベストな仕事ではなかったんですよ!

ラスベガスで出会った「仕事としてのギャンブル」


(▲ラスベガスのギャンブル専門書店)

ー ギャンブルにはまだまだたどり着かないですね。

のぶき:パン屋について考える数か月前、ビジネスチャンスを探しにアメリカを周遊してたことがあるんですよ。そのときラスベガスでギャンブルの専門書店になんとなく立ち寄って、そこにある何千冊ある本の中から「Playing Blackjack as a Business」という本をたまたま見つけたんですよ。これってつまり「ビジネスとしてのギャンブル」という意味だよね......?そんなのありなの!?って。少なくとも僕の頭の中にはなかったので、ギャンブルには一切興味がないけれどその本をタイトル買いしてたんです。

それで、「やりたいことリスト」の100個が全部消えて意気消沈してた時に、自分の背後に置いてあったその本が、もうピッカピッカ光っているように見えてきちゃって(笑)すごい勢いで点滅して見えるんですよ、これが。

のぶきの心の声:「あれれ?これがやりたいこと?」
現実ののぶき:「いやいや、違うでしょ!」
本:ピッカピッカ
現実ののぶき:「えっ?本当にこれなの......?」

ギャンブルなら、“大晦日”でも仕事にいける

のぶき:そこで考えたんです。『勝負事をしながら世界を旅できる仕事、そんな仕事だったら自分はどう思うだろう?』それこそ、『”大晦日問題”はどうだろう?』って。みんなで紅白を見ている中、「あ!俺、今からカジノ行ってくるわー!」っていってる自分を想像したら全然いけるじゃん!って思って。これだったら毎日いけるなって。

世界を見てみたいって想いもあったし、僕、勝負事は何でも好きだったんですよね。みんなで一気飲みをして、「負けた人が払おうぜー!」みたいなゲームとかね(笑)「おい見ろよ!1適残ってるじゃんかよー!」みたいなところで大喧嘩する感じね(笑)

25歳まで「自分の人生で何をしたいのか?」わからない日々だったんです。生まれて初めて感じた「本気でやってみたいこと」が、世界をさすらう勝負師!

ー かっこいい!!

のぶき:初めからそういう道を探そうとしていたわけではなくて、“休みたいと思わないような仕事”を探した結果、僕はたまたま見つけられたわけです。

結果的にそれは僕の常識外のことで、しかも「アホかっ!」とさえ思っていたギャンブルだったわけなんですけどね(笑)

「これ!」って思ったのに走らないのはクソだ


のぶき:
やりたいことは見えた!
手元には貯めてきたお金があって、アルバイトも辞めたから時間も際限なくある!!
彼女には浮気されて別れた!!!
友達は仕事で忙しく、平日は誰も遊んでくれなくなった!!!!
ってことは......
時間とお金を全部ぶっ込むしかない!!!!!

それでダメだったらもうネタになるし、「ダメだったパーティー」開催すればみんな絶対僕におごってくれるだろうなって思ったんで(笑)お金が尽きるまではやり切ろうって思えたんです。

ー プロギャンブラーは一般的には前例の少ない職業だと思うんですが、そこに対して不安とかはなかったんですか?

のぶき:もちろん、全く不安がなかったと言ったら嘘かもしれないですけど、そこまで大きくは感じていなかったですね。

本気になれることを探し続けてきて、やっと本気になれるって思えたのに「そこにブッこまなかったら、自分のことは本当にクソ!」だと思っていたくらいなので。

他の人がそこで「行かない」という選択をしても否定はしないですけど、僕自身が行かないというのは何か違うなって。「何のために生きてんの?やりたいこと見つけたいって思ってたんじゃないの?」って。その答えが「ギャンブル……?」とも思いましたけど、でも走ろうよって。

それに結果論ですけど、走りきれたら本当に訳わからないくらい“すごい道”が待っていたんですよ。だから、もしやりたいことが少しでも見えたのなら、そこは突っ走って欲しいです。「えっ!?そこに行くの?」ということでもいいんですよ。全然それでいいです。そこまで突っ走って、壁にガンガン頭ぶつけたら、そのうちその壁だって壊れますよ(笑)

「100%絶対に無理!」って言われていることはもしかしたらやめた方がいいかもしれないですけど、少しでも可能性があるならやった方がいい。先に誰か一人でも「それで食えています」という人がいるのであれば、誰にだってその可能性はありますから。

【第2話のまとめ】
★仕事の時間がハッピーなら、人生はよりハッピーだ!
★休みたくない仕事を探す!
★やりたいことがあるなら、全力で突っ走れ!


⇛【第3話】プロギャンブラーから一転、超有名画家の秘書になったワケ 〜秘書経験に学ぶ、個とチームを強くする仕事術〜

 【のぶきさんの魅力が満載】
のぶきさんが参加するイベント情報や考え方を知りたい方は、是非のぶきさんのfacebookをチェック&フォローしてみてください。記事では紹介しきれていないのぶきさんがたっぷり味わえるかも!?
フォロー大歓迎!プロギャンブラーのぶきfacebook

第1回
ハッピーな人生はいかにして手に入れるのか?勝率9割のプロギャンブラーに学ぶ、人生必勝思考法。
第2回
心からやりたいことを仕事に!一歩踏み出せない君へ。 プロギャンブラーが語る「天職」の見つけかた
第3回
プロギャンブラーから一転、超有名画家の秘書になったワケ 〜秘書経験に学ぶ、個とチームを強くする仕事術〜
第4回
「一瞬賭命」人生を成功に導くため自身に問うべき3つのこと
第5回
財布も携帯もない究極のミニマリスト。 モノにも他人にも縛られないノブキ流の自由な生活
このエントリーをはてなブックマークに追加
TAGS
もっと便利に!

記事のクリップを使ってオリジナルのライブラリを作りましょう。

すでにアカウントをお持ちの方
or

ソーシャルアカウントで登録/ログイン