「二兎を追って二兎を得る世の中を」by西村創一朗/「いつの間にかヒーローを」by正能茉優

「二兎を追って二兎を得る世の中を」by西村創一朗/「いつの間にかヒーローを」by正能茉優

「二兎を追って二兎を得る世の中を」by西村創一朗/「いつの間にかヒーローを」by正能茉優

このエントリーをはてなブックマークに追加

複業研究家として活動される西村創一朗さんと、ソニーに勤めながら学生時代に起業した株式会社ハピキラFACTORYを経営される正能茉優さん。

複業界では言わずと知れたこのお二人に、社会人1年目から3社で活動している熱田優香と、トレンダーズ株式会社の社員として働きながらフリーランスとしても活動している中野笑里が素朴な疑問をぶつける今回の企画。

前編ではお二人が複業を始めたきっかけや、事業を広げるコツをお伺いしました。後編ではさらに踏み込んで、複業をするにあたって意識することや、今後のキャリア戦略、お二人の原動力についてお伺いします。

第1回
複業を広げるコツは?複業家の西村創一朗さん・正能茉優さんに直撃!
第2回
「二兎を追って二兎を得る世の中を」by西村創一朗/「いつの間にかヒーローを」by正能茉優

西村 創一朗(にしむら そういちろう)

1988年生まれ。当時19歳の頃に長男が誕生し、学生パパとなる。その後、2009年よりNPO法人ファザーリングジャパンに参画し、最年少理事を務める。 大学卒業後、2011年に新卒でリクルートキャリアに入社。本業の傍ら2015年に株式会社HARESを創業し、第三子となる長女の誕生を機に「通勤をなくす」ことを決め、2017年1月に独立。 独立後は「週休3日」で家族と過ごす時間を倍増させながら、複業研究家として、働き方改革の専門家として個人・企業・政府向けにコンサルティングを行う。2017年9月より経済産業省「我が国産業における人材力強化に向けた研究会」の委員を務める。

正能 茉優(しょうのう まゆ)

1991年、東京都生まれ。慶應義塾大学在学中の2012年、地方の商材をかわいくプロデュースし発信する株式会社ハピキラFACTORYを立ち上げる。 大学卒業後は広告代理店にプラナーとして就職した後、転職し、ソニーで新商品の開発を担当しながら、自社の経営も行う。その経験を生かし、経済産業省「兼業・副業を通じた創業・新事業創出に関する研究会」の委員を務める。

複業家が意識すべき5か条とは?

熱田:自分自身が複業をしているのでメリットはかなり分かっているのですが、複業をするにあたって、注意しなければいけないポイントはまだ理解できていない気がします。

西村:良い視点ですね。複業家が意識しなければいけないことは5つあります。

西村:まずは「先義後利」。最初から金稼ぎに走ると失敗するけれど、良い価値を提供していけば、利益は後からついてくるという考え方です。

複業をはじめたばかりのころは、まだ信頼がたまっていない時期なので、お金を稼ごうとすると圧倒的に時間効率が悪くなります。

「100時間ぐらい投資したのに、1万円しか稼げていない」という状態になることも珍しくありません。その時に「時給100円じゃん…」と思ってしまうかもしれないのですが、焦る必要はなくて。

複業を始めたばかりのころは、お金はたまらないかもしれないのですが、信頼をためる「貯信」のフェーズになります。

信頼残高にも損益分岐点があって、信頼がある程度のラインを超えるとお金に代わっていく、ということを意識すると良いです。

熱田:まずは高い価値を提供するということが大切なのですね。

西村:そうですね。2つ目の「“ラクして稼げる”にダマされるな。」にも繋がるのですが、このことが分かっていないと、情報商材やネットワークビジネスなどの怪しいビジネスに手を出してしまうことになりかねません。

3つ目は、「自己管理を徹底する」ということです。よく睡眠時間を削って複業をする人がいます。無理をして睡眠時間を削った結果、急に倒れてしまうんですね。自己管理ができないのであれば、複業をやめるか、セーブをする必要があります。

熱田:睡眠はたっぷりとっているのでその点は大丈夫そうです(笑)

西村:4つ目は「隠れキリシタンにならない」ことです。よく複業をやっていることを周りの人に言わず、こっそりやってしまう人がいるのですが、すごくもったいなくて。

熱田:なぜでしょうか?

西村:複業をこっそりやっていると発信が限られてしまうので、ファンを増やす機会が減ってしまうんですね。すなわち、一番大事なフェーズである「貯信」ができなくなってしまいます。

熱田:隠れてやっていると、貯信のペースが遅くなってしまうということですね。

西村:最後が一番重要なのですが、上司への感謝・リスペクトを伝える」ということです。自撮ラーで女子で有名なりょかちさんはその辺をすごく上手にやっていると思っています。

おかげさま戦略」といって、彼女が本を出した時も、「こういう風に上司がアドバイスしてくれたおかげで本を出せました」と感謝の気持ちを伝えているんですね。結果、その人もファンになってくれて、複業をしている部下のことを誇りに思うようになります。

複業をしていると目くじらを立てられるイメージがありますが、それは単に社内政治が下手なだけ。リスペクトを忘れずに感謝の気持ちを伝え続けていれば自然と味方は増えていきます。

熱田:社内政治、めちゃくちゃ苦手です!(笑)

西村:社内政治というと少しおおげさだけど、夫婦関係や友達関係と同じと考えればいいかもしれません。同じことをするのでも、事前に相談されるのと、事後報告なのでは全然印象が違います。

しれっと複業をはじめていたら「なんだこいつ」と思われるけれど、「こんなこと考えているんですけどどう思いますか?」と事前に相談を受けていれば応援したくなる。

実は「報・連・相」って順序が逆で。「相・連・報」、つまり相談から始めるとあらゆるコミュニケーションがうまくいくと思います。

人生はビュッフェライフ。仕事も子育ても彼氏も友達も、好きなバランスで充実させていけばいい

熱田:複業解禁の流れはあるものの、1年目から複業をしていると言うと驚かれることも多く、まだ複業自体が珍しい存在なんだなと感じます。

でも私、ほとんどの人はすでに複業をしていると思うんですよね。自分は複業をしていないと思っている人でも、家事や育児、ボランティアやPTAなど、何かしらの価値創造活動をしている時点ですでに広義での「複業」をしていると思います。お二人はどう思われますか?

西村:おっしゃる通りだと思います。サイボウズさん的な「複業」の考え方ですよね。

正能:「複業」と聞くとどうしても「仕事」というイメージが強いですが、仕事も子育ても彼氏も友達も、ありとあらゆることがフラットに並んででいて、それをいかに好きなバランスでやっていくかというだけなんですね。

私は「ビュッフェキャリア」と呼んでいるのですが、ビュッフェでは好きな食べ物を好きなだけ食べられるし、ラーメン屋にだって半ラーメンと半チャーハンのセットがあるのだから、仕事や人生も「どっちもやる」という選択肢があって良いと思うんです。

幸せの基本は、好きなことを好きなバランスで好きなだけやることに尽きると思います。

西村:「ビュッフェキャリア」と言いながら、実はキャリアに限らず「ビュッフェライフ」ですよね。

正能さんの今後のキャリア戦略は?

中野:正能さんはオンリーワンになるために複業という道を選んだと思いますが、複業解禁によって、「ベンチャー社長×正社員」という存在もいつかオンリーワンではなくなってしまうのかな、と思います。

そんな中で正能さんが今後、自分の希少価値を上げていくためのキャリア戦略などがあれば教えていただきたいです。

正能「ベンチャー社長だけど会社員」という切り口でオンリーワンになることができたので、次はオンリーワンをファーストワンに転化させていくフェーズだと思っています。

いま興味があるのは、私のような働き方を多くの人の人生の選択肢に入れてもらえるよう、これからの生き方や働き方について、学生さんに教えてみたいなということ。

今のキャリア論ってすごく極端で。堀江さんや藤田さんみたいにすごく頑張って上場していこうみたいな考え方の講義か、「女性の生き方とは」というフェミニズムっぽい講義しかありません。

中野:たしかに(笑)

正能:私は「好きなことをしながら、自分の規模感に合った稼ぎ方をして、自分の好きな人生を送る人」がもっと増えればいいなと思っています。でも、みんなそのやり方を知らない。

なので、自分の規模感に合った稼ぎ方をしながら、自分の好きなことをするという分野でのファーストワンの存在になって、それを伝えていく存在になれたらなと思っています。

複業解禁で、会社員の働き方はどう変わっていく?

中野:西村さんにお伺いしたいのですが、複業解禁によって、今後会社員の働き方はどう変わっていくと思いますか?

西村それまで「御恩と奉公」に支えられていた企業と個人の関係性が、よりフラットになっていくと思います。

戦後は、ブルーカラーの仕事が多かったので、投下時間がそのまま成果につながっていました。なので、「24時間働けますか?」という世界で、時間を投下するということが合理的だったんです。

企業と個人は「御恩と奉公」の関係で、個人は長時間労働や単身赴任をする代わりに、企業から終身雇用と年功賃金が保証されていました。

西村でも、今は違います。もう会社が個人を守ってくれる時代ではありません。

お給料は上がらないのに、個人の働き方はいまだに長時間労働や単身赴任などが根強く残っていて、企業側に搾取されたまま20年が過ぎてしまいました。過労死などの痛ましい事件も起きています。

しかし、今後は政府の長時間労働の是正と複業の解禁・促進によって、今後は個人が自由に使える可処分時間が確実に増えていきます。

ワーク・シフトという本の中に「レクリエーション(=娯楽)からリクリエーション(=再創造)へ」という言葉があるのですが、

それまでは残業して稼いだお金でおいしいものを食べて、映画を見てという消費型の時間の使い方だったのが、今後は消費から「誰かに何かを提供する」という価値創造活動に比重が高まっていくと思いますね。

過労死をなくし、二兎を追って二兎を得る世の中へ

中野:最後に、お二人はなぜそこまで活動的になれるのか、その原動力が知りたいです。西村さんは、複業を通して実現したことはありますか?

西村:僕は2030年というのをタイムリミットとして自分の中で置いています。

中野:2030年?

西村:2030年は、長男が23才になって社会に出る年なんです。そのころまでには日本から過労死みたいなものはなくしたいし、二兎を追って二兎を得る世の中を当たり前にしたい。

週末にサッカーのコーチをしているのですが、自分の息子に限らず子どもたちってみんな可愛いんですね。こいつらを絶対過労死させたくない、と思っています。

そのボウリングのセンターピンが複業の解禁だと思っているので、今は自分の仮説を検証している段階ですね。

「いつの間にかヒーロー」を増やしたい

中野:正能さんは、複業を通じて何か実現させたい、というお気持ちはありますか?

正能私は正直、大真面目に社会貢献しようという気持ちはあまりないです。

私は「いつの間にかヒーロー」と呼んでいるのですが、良いことをしようと思ってするのではなくて、自分が好きなことをやった結果、誰かが幸せになり、いつのまにか世の中が良くなっている、そんな人が増えたらいいなと思います。

今はSNSがあるのでちょっと良いことをしたら誰かが見つけてくれる時代です。みんなが好きなことをすることで「ちっちゃな社会貢献」がたくさん生まれて、自然と世の中も良くなっていく、というのが理想だなと思っています。

中野:すごく共感します。本日はありがとうございました!

編集後記

短い時間だったにも関わらず、これからの生き方、働き方について考えさせられるお話をたくさん聞けたFledge複業メンバー。インタビュー後の感想は? 

「仕事以外に大切にしたいものがある」というのがミレニアル世代の特徴だと思います。今後は西村さんや正能さんを筆頭に、自分の好きなことや好きな人を大切にしながら働くという形がスタンダードになっていくのだろうな、と思いました。

私も仕事が好きでのめり込んでしまう方なので(笑)、自己管理や貯信などを意識して複業ができればと思います。

ちょうど自分の人生の時間をどう使うか?ということに悩んでいる時期だったので、「多岐にわたる仕事がある人は配分をしっかり決めた方がいい」という助言がとても勉強になりました。

お二人が家族など私生活を大切にされながらも、社会でこんなにも活躍しているのだなと思い、私も後に続きたい!そしてそんな人がもっと増えればいいなと強く思いました。

複業はあくまでも手段ですが、仕事以外のことを大事にするスタイルが増えていきそうですね。西村さんと正能さん、ありがとうございました!

 

第1回
複業を広げるコツは?複業家の西村創一朗さん・正能茉優さんに直撃!
第2回
「二兎を追って二兎を得る世の中を」by西村創一朗/「いつの間にかヒーローを」by正能茉優
この記事をシェアしよう!
TAGS
もっと便利に!

記事のクリップを使ってオリジナルのライブラリを作りましょう。

すでにアカウントをお持ちの方
or

ソーシャルアカウントで登録/ログイン