「認可保育園」と「無認可保育園」って何が違うの?ややこしい保育園の種類を整理しよう

「認可保育園」と「無認可保育園」って何が違うの?ややこしい保育園の種類を整理しよう

前回「待機児童問題」について取り上げましたが、その待機児童問題と切っても切れない関係にあるのが保育園。

保育園にはいくつかの種類があり、親のライフスタイルや働き方によって最適な園の形態は変わってきます。子どもを産んだ後に復職したいのか、それともなるべく自宅で子どもと過ごしたいのか…女性はもちろん、パパとなる男性も今から理想のライフスタイルを考えておきたいもの

少しややこしい保育園の種類と特徴をまとめたので、これからの園選びの参考にご覧ください。最後には元保育士の私が考える、良い園選びのポイントも載せてみました(笑)

認可保育園(保育所)

認可保育園とは・・・国の基準である児童福祉法に基づく施設で、基本的に保護者の就労や病気などで保育できない子どもを保育することを目的にしています。児童福祉法に基づく基準をもとに設置されており、公費によって運営されています。

<特徴>

・施設の広さ、保育士の数、防災管理などが国の設置基準をクリアしている

・原則として、その市区町村に住んでいる、または勤めている人の利用に限る

・公費運営なので、保育料は比較的安い

認可保育園の中でも、「公立保育園」と「私立保育園」に分かれます。この2つの大きな違いは運営元であり、それにともない特徴も変わってきます。

公立保育園

<運営>

市区町村の自治体

<特徴>

・保育士が公務員のため、勤務年数の長い先生が多く安心感がある。

・保育士の異動がある。

 

私立保育園

<運営>

社会福祉法人やNPO法人、企業など。

<特徴>

・運営団体によって、独特の方針がある。

・特色のある教育が期待できる。


認可保育園の入園

認可保育園に入園できるかどうかは「点数の高さ」によって決まります。入園前にそれぞれの家庭状況に合わせて点数が付けられます。その点数が高いほど「保育が必要な家庭」と判断され保育園に入園できる、という仕組みです。

では、どういった家庭に点数が入るのでしょうか。

一例を挙げて見ると…

といった要因は大きく加点されますが

といった要因は減点となってしまいます。

特に、人口の多い都市部の場合、満点でないと入園できないケースもあります

認可保育園は、保育できない家庭の子どもを預かる福祉施設という位置付けなので、専業主婦のママが「これから働きたいから保育園に預けたい」と思っても、申請段階で働いていないと入園できないというのが現状です…。

無認可保育園

認可保育園と違い、国が定めた認可基準に何かの要件が足りない場合は無認可保育園になります。

<特徴>

保護者の状況に関係なく入園できる保育園が多い。

・認可保育園に比べると値段が高い

延長保育や夜間、24時間預かりなどの融通が利く園もある。

無認可保育園の入園

無認可保育園の場合、申請を提出した順番で入園が決定する場合もあります。早めに保育園探しを始めることが何よりも大事で、 住んでいる場所の近くに加えて、職場の近くなどを幅広く探してみるとぴったりの保育園が見つかることもあります。

無認可の保育園探しは、妥協できる点は妥協することも必要です。無認可と聞くと「なんだか不安…大丈夫なの?」と感じる方もいるかもしれません。しかし、施設の広さが少し足りなかったり、庭園がないなど、一部の認可基準が満たされていないだけで実はとても素敵な保育園も多くあります。

ちなみに、保育園の認可基準を一部抜粋すると…

・乳児/園児一人当たりの保育士の数

・乳児ひとり当たりの保育室の広さ

・保育時間・調理室などの設備の有無

・保育内容・園内外の施設の有無 など

園独自の教育方針を貫くために、あえて無認可のままでいる保育園もあります

ちなみに、以前Fledgeで取り上げた「働くパパママ必見!事業所内保育施設のある企業10選」などの保育園は、認可も無認可もさまざま。しかしその会社で働くパパやママにとっては何よりも育児と仕事の両立ができるありがたい存在であり認可、無認可はちっぽけな要因なのかもしれません。

無認可保育園はやめよう…と選択肢を狭めるのではなく、実際に見学に行って園の様子を見るなど、自分の子どもにあった保育園かどうかを見極めるのが一番大切だと言えるのではないでしょうか。

認可、無認可保育園についてもっと知りたい方はこちら

認証・認定保育園

認証保育園とは、待機児童問題が顕著な東京都の独自の制度で、都民の保育ニーズに寄り添った保育園です。ニーズに合わせてA型(駅前基本型)B型(小規模、家庭的保育所)があります。

<特徴>

・全ての保育園に13時間以上の開園を義務付けている

・0歳児保育を必ず実施している

・認証保育園A型は必ず駅前に設置することを基本

・23区と一部の市区町村では通園の補助金が出る など

認定保育園神奈川県独自の制度です。一部自治体では通園の補助金を出してくれるところもあるようです。

認定・認証保育園は自治体から園に補助が出ているので、無認可保育園よりは保育料が安く、上限もあります。地域によって料金が異なるので調べてみてはいかがでしょうか。

良い保育園を選ぶために

保育園の種類はなんとなく分かったけれど、どの保育園が良いのかイマイチ分からない…という方に、元保育士の私が「これは良い保育園!」と感じる基準をご紹介します。超個人的な基準なので、保育園選びの参考程度にご覧ください(笑)

保育士が楽しそうに働いている保育園

当たり前かもしれませんが、とても大切だと思うので書かせていただきました。「保育士は子どもたちの鏡」というように、先生が楽しそうに働いていると子どもたちも園で楽しく過ごせます。保育園に見学に行った際、保育士に笑顔がなかったり、保育士が厳しく指図をしているようだったら、その保育園はあまり良い環境ではないかもしれません。(子どもにとっても保育士にとっても…)

保育士が怒るのではなく、諭している保育園

何か悪いことをしてしまって、先生に怒られる。子どもだから仕方ないことだし、そういう時は保育士にしっかり叱ってほしい!と思う方もいるかもしれませんね。しかし、そういう状況だからこそしっかり見極めてほしいのが、怒っているか、諭しているかです。

「何やってるの!」と頭ごなしに怒るのではなく、そういう行為をした理由をしっかりと聞いてあげ、どうしてその行為は良くないのかを諭してくれると、子どもたちは理由を理解しその先生を信頼します。

たくさんいる子どもたちを数人の保育士で見るのは本当に難しいもの。しかし、本当に良い保育士は子どもたち一人ひとりとしっかり信頼関係を築き、子どもたちも保育士を信頼してまとまりのあるクラスになります。

忙しさのあまり、保育士が怒ることで子どもたちを従わせていないか、見学の際に注意して見てみてください。

子どもの個性を受け入れている保育園

お絵かきの時間、子どもがりんごを黄色に塗っていたのを見た保育士が「りんごは赤色でしょ。色を塗り直したらどう?」と言ったとします。これは一見普通の出来事に見えます。しかし、その子にはりんごが黄色や赤、オレンジなど色々な色に見えていたのかもしれません。保育士が「りんごは赤いもの」と決めつけてしまうことで、その子の伸びしろを狭めてしまっているかもしれません。

みんな同じがいい訳ではなく、子どもたち一人ひとりの個性を大切にしてくれているかどうか。見学に行った際、みんなと違う行動をとった子がいたら、ぜひ保育士の行動に注目してみてください。

園舎や園庭などの環境はもちろんですが、いい保育園に重要なのは何よりも「人」。園長先生をはじめ、保育士一人ひとりが「より良い保育」を意識し日々高めていこうと努力しているかが大切なのではないでしょうか。

保育士が単にお金をもらうために仕事をしているか、それとも本当に子どもたちの成長を思って保育をしているか。そこの見極めは非常に難しいですが、短時間の見学でも見えてくる部分はたくさんあります。

まとめ

以前に比べると大分マシにはなってきましたが、まだまだ母親の方が家庭での保護者責任を問われやすい時代。本当は働きたくても、「家で子どもを見る人がいないから働けない」「本当は社会復帰したいのに、保育園に入れないから…」と諦めてしまっている女性が本当に多いです。

「入園は早い者勝ち」と言ってしまえばそれまでですが、早くから知識をつけ心構えをしておくことで、より良い結果に繋がるかもしれません。

まだ子どもがいない人も、今のうちからしっかりと自分にとっての理想の働き方を考えてみて欲しいなと思います。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
TAGS
もっと便利に!

記事のクリップを使ってオリジナルのライブラリを作りましょう。

すでにアカウントをお持ちの方
or

ソーシャルアカウントで登録/ログイン