働き方ニュース&注目の記事まとめ:2017年7月29日〜8月4日

働き方ニュース&注目の記事まとめ:2017年7月29日〜8月4日

働き方ニュース&注目の記事まとめ:2017年7月29日〜8月4日

このエントリーをはてなブックマークに追加

先週から早いもので8月に突入!!にも関わらず雨が続いたり、涼しかったりと、夏らしからぬ気候が続いてましたね。体調崩さないように皆さん、気を付けてこの夏をお過ごしください…sad

さてさて、毎週月曜日(祝日の場合は翌日)は、前週にあった「ニュース」と「注目記事」をFledge編集部が独断と偏見でピックアップ。

働き方ニュースまとめ、今週も気合い入れて行きますよー、GOGOGOー!

(※過去のニュース・注目記事はこちらから!)

働き方ニュース

2017年7月29日(土)
テレワーク・デイを「リモートワーク推奨日」と定め1700人が実施--SCSK

SCSKは、7月24日の「テレワーク・デイ」を「リモートワーク推奨日」と定め、社員1739人がテレワークを実施した。

(ZDNet Japanより)

2017年7月30日(日)
プレミアムフライデーの導入は全体で3.2%…働き方改革のサラリーマンへの浸透の実情をさぐる

2016年の半ば以降長時間労働に関わる対策やプレミアムフライデーの導入など、企業での就業者の働き方に関する改革が推進されている。それでは働き方改革はサラリーマンにはどの程度浸透しているのか。新生銀行の定点観測的調査報告書「サラリーマンのお小遣い調査」(※)の最新版を元に、確認していく。

(Yahoo!ニュースより)

2017年8月1日(火)
自殺男性、自筆で「5時半退勤」

2012年7月、ある会社の福井支店(福井市)に勤務する男性(24)が車中で命を絶った。自宅の部屋で見つかった日々の出勤簿には「午前9時から午後5時30分」と書かれていた。筆跡は男性のもので、会社にタイムカードはなかった。

(福井新聞ONLINEより)

 2017年8月2日(水)
トヨタが働き方改革を加速 裁量労働拡大や一般職も在宅勤務

トヨタ自動車は2日、時間に縛られない多様な働き方を促す目的から、裁量労働の対象社員を拡充する方向で労働組合と調整に入った。一般職に当たる業務職には在宅勤務制度を導入して、社員の育児・介護と仕事の両立を支援する。「働き方改革」を加速させて多様な働き方を認めることで、優秀な人材の確保につなげる狙いがある。

(産経ニュースより)

リゾートしながら仕事も=働き方改革で新提案-和歌山

和歌山県は2日、働き方改革の一環で、リゾート地で休暇中に一定期間働く「ワーケーション」を普及させるため、初のフォーラム(総務、経済産業両省共催)を都内で開催した。

(時事ドットコムより)

 2017年8月4日(金)
働き方改革 臨時国会の最大の焦点に

安倍首相は、働き方改革を「成長戦略の中核」と位置づけ、「(平成29年は)働き方改革断行の年にする」としてきた。第3次改造内閣を発足させた3日の記者会見でも「働き方改革はいよいよ実行の段階に移る。必要な法案の成立を目指す」と強調した。

(産経ニュースより)

注目の記事ピックアップ

2017年8月1日(火)
気鋭のベンチャーが仕掛ける「リモートワーク労働革命」(ニュースイッチ)

約170人の従業員全員がリモートワークを行っている株式会社キャスターの代表取締役、中川祥太氏へのインタビュー記事。会社設立からわずか3年で急成長している同社ですが、昨年、「労働改革で、人をもっと自由に」という企業ミッション・ビジョンを掲げています。なぜ労働改革が必要なのか、中川氏は労働改革を経て何を目指すのかについて語られています。


働き方改革、目先の残業対策に走るのは間違いだ
(JBpress)

働き方改革の取り組みは徐々に加速しているのですが、その一方で日本の労働市場が抱える矛盾や問題点も浮き彫りになってきています。働き方改革を通じて見えてきた、長時間労働の問題などの日本の労働市場の本質について書かれています。


2017年8月1日(火)
テレワークが変えた:働く女性の仕事と暮らし~ニッポンドットコムの小さな挑戦(nippon.com)

ニッポンドットコムで発信している日本語記事の英語翻訳の担当を行っている、高木恭子さん。彼女は今年の4月から子育てを理由にテレワークを利用しています。テレワークを利用して以来、「学校が休みの時にも、子を預ける必要がないので助かります」と話す彼女が感じることとは──。また、高木さんと同様に子育てを理由にテレワークを利用している犬伏洋子さんが感じる、テレワークの恩恵とは。ワーキングマザー必見の記事となっています。


2017年8月2日(水)

「ワンオペ育児」の現状、社会学者が分析したら...? 共働きも専業主婦もつらい、本当の理由(HUFFPOST)

ひとりで家事・育児の大半をこなす状況にあることを「ワンオペ育児」といいます。そんな「ワンオペ育児」という苦しい状況の人たちに向け、『ワンオペ育児 わかってほしい休めない日常』の著者・明治大学教授の藤田結子さんにお話を伺っている記事の前編。今の日本で働きながら子育てをすることがなぜ過酷なのかについてお話しています。翌日(2017年8月4日)配信の後編では、ワンオペ育児の解消策についても。ワンオペ育児に悩むパパママさんにぜひ読んでもらいたい内容です。 


2017年8月4日(金)
「メイドカフェでノマドワーク」が働き方改革の切り札ってホント?(ITpro)

「メイドカフェこそが仕事をする場として最適」、そう話すのはビープラウドのシステムクリエーター・石上晋氏。同氏がブログに書いた「メイドカフェがプログラマーのノマド作業に最高な理由」では、「電源、Wi-Fi完備の場合が多い」「長時間居やすい」「疲れたらメイドさんが話してくれる」など、メイドカフェがノマドワークに適している理由が挙げられています。
メイドカフェで本当に仕事ができるのか、記事の筆者が「メイドカフェでノマドワーク」を体験できるイベントに参加。実際に仕事をしてみて、感じたことについてまとめられています。

 
ソニーのパラレルキャリア女子、次の夢は「秋元康」(ニュースイッチ)

ソニー社員でありながら、カワイイを切り口に地方を活性化するハピキラFACTORYの社長でもある、パラレルキャリア女子の正能茉優さんにインタビューしている記事。「なぜハピキラFACTORYを立ち上げたのか?」「兼業による変化は?」「今後思い描いている夢は?」など正能さんの過去から未来まで語られています。

 

 

この記事をシェアしよう!
TAGS
もっと便利に!

記事のクリップを使ってオリジナルのライブラリを作りましょう。

すでにアカウントをお持ちの方
or

ソーシャルアカウントで登録/ログイン