<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1176794389076832&ev=PageView&noscript=1" />

「移住も転職も“人”がすべて」愉快で穏やかな長野県下條村の魅力を伝えたい!

「移住も転職も“人”がすべて」愉快で穏やかな長野県下條村の魅力を伝えたい!

「移住も転職も“人”がすべて」愉快で穏やかな長野県下條村の魅力を伝えたい!

はじめまして!南信州のアンバサダーに就任させていただきました宮越絵美と申します。

今回は、大阪での生活や何度かの転職を経て、なぜ現在、南信州の移住相談窓口をしているのかをお伝えしたいと思います。

宮越 絵美(みやこし えみ)

長野県長野市出身、人生の半分くらいを関西で過ごし販売業や旅行会社を経て、現在は下條村にて体験住宅管理・運営や移住希望者への相談窓口役として活動中。さまざまなイベント企画や情報発信も行う。

関西人の魅力にハマり、大阪に移住

長野県長野市出身ですが人生の半分を大阪で過ごしていました。
半分長野県民、半分関西人!

学生の頃、なぜか関西で暮らしてみたいと思い(人が面白そうで)大阪で暮らすことになります。そしてそのまま関西にドハマりし、しばらくエセ関西人に。

その頃、ブラジルに行ってファヴェーラで生活をしている人たちの光景を目の当たりにしてから、『なぜ、同じ人間なのにこうも暮らし方が違うのか』『豊かな暮らしとは何か』と疑問を抱くようになりました。そして学生時代は、発展途上国やNGOなどについて勉強をしていました。

南信州下條村との出会い

好奇心旺盛な私はやりたい事が多過ぎて、まずは大阪に長年住みながら神戸で大好きな北欧輸入家具・インテリア雑貨の販売業を経て店長として勤めます。

その後旅行会社に転職し、約8年間働いて全国を見ているうちに「もっと地方や地域に密着した働き方がしたい!」と思い『銀座Nagano』(銀座にある長野県のアンテナショップ、楽しいですよ!)で行われたイベントにて副村長と話す機会がありました。
色々話を聞いているうちに、これからの南信州下條村に魅力を感じ「ここにしよう!」と決意しました。

あとは以前に下條村へ行ったこともあり、ご縁を感じ「下條村」に移住して、現在地域おこし協力隊として活動中です。

南信州はまだまだ知名度が少ない!

長野県はよく「移住したい県ランキング」で上位に上がりますが長野県は広すぎる!
そして南信州はまだまだ知名度が少ない!

だけど、だからこそ?南信州人は地元が大好き(たぶん)。

下條村だけでなく、南信州(14市町村あります)はそれぞれとっても個性があるので、移住を希望される方にあった移住先をお伝えできたらと日々活動しています。

人と地域、地方と都市を繋げていきたい

結局は人が好きで、地域に関わる仕事がしたい。そんな思いがずっとあって今に至ります。なんだかんだ言って、行動の原点は人ですよね。

人と人、人と地域、地方と都市を繋げていきたい。
みんなが楽しく暮らせるためのお手伝いがしたい。

移住するときの目的や条件は人それぞれだけど、結局は人だと思っています。

等身大の私だからこそできる、自分の働き方や移住先を模索している方のサポートをしたい思いで移住相談役として働いています。

また、人と人を繋げたい思いでさまざまなイベント企画やラジオ局に出てみたり、SNS等情報発信や色んな活動を行なっています。

面白くて愉快な南信州を伝えたい

南信州は知られてないことだらけ!
なぜって穏やかな人柄だから、あまり地元アピールしないんです(笑)。

長野県=おやきと思っていたけれど、南信州にはおやきは少なくて、五平餅と焼肉と市田柿だらけの衝撃!とか(笑)。

長野と言えばのお蕎麦やそばガレット、こちらに来てから何本食べたか分からないくらい食べまくった五平餅を作ったりして毎日楽しんでいます。

人も気候も穏やか、まさにその言葉がピッタリな、面白くて愉快な南信州をお伝えしていきます。

▼宮越さんの活動詳細はこちら!

ブログ:長野県下條村(しもじょうむら)

 

\“地域”を盛り上げたい方大募集/

「我こそは地方創生アンバサダーに適任だ!」という地元愛溢れる方、

ご連絡はこちらから!