<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1176794389076832&ev=PageView&noscript=1" />

「レールを外れても、あなたの居場所はある」寄り道キャリアの案内人──モモハラリン

「レールを外れても、あなたの居場所はある」寄り道キャリアの案内人──モモハラリン

「レールを外れても、あなたの居場所はある」寄り道キャリアの案内人──モモハラリン

「自分の今の仕事はいったい何のために続けているのだろう」「本当はもっと他に、やりたいことがあったはずなのに」「こんなハズじゃ無かったのに、何でだろう」

ひとりで悩み込んで自信を失っていたとしても、今のキャリアを“寄り道”と捉えれば、安心してこの先の居場所を築けるかもしれません。

モモハラリン

国家資格キャリアコンサルタント。寄り道キャリア主宰。ninpath認定 妊活・不妊キャリアコンサルタント。8年以上長期に渡り、学生へのキャリア支援に従事したのち、社会人へのキャリア支援も展開。「寄り道キャリアの羅針盤」をコンセプトに、個人が強みを自覚し、自信を取り戻すための人生の羅針盤づくりをサポート。現在、自身が不妊治療中という事もあり、不妊治療とキャリアの両立支援にも力を入れている。一方で、繋がりと体験で雇用にも繋がる地域密着型の場づくり《IBASHO》を計画中。

『キャリアマイノリティ』の人々に寄り添いたい!

モモハラさんはじめまして。キャリアコンサルタントの資格を持つ方が最近増えていますが、今現在どういった活動をされているのですか?

(モモハラリンさん以下、モモハラ):普段は大学生の就職支援や中高生への進路アドバイスをしたり、少し前まではシェアオフィスで社会人の方のキャリア相談に乗ったり、新規ビジネスの展開をサポートしたりしていました。

現在は、今の働き方や生き方にモヤモヤしている方々の個別相談にのったり、ワークショップやセミナー、キャリアをテーマにしたイベント等も開催しています。

私は今まで一度もキャリア相談をしたことがありません。でも、漠然と何か今とは違うことに挑戦したいという想いだけ持っています。そんなふわっとした感じでもキャリア相談にのっていただけるものなのでしょうか?

モモハラ:もちろんです。私のキャリア相談の特徴は、“キャリアマイノリティ”とされる方々に向けて支援をしたいという想いを持っています。

キャリアマイノリティですか?

モモハラ:はい、キャリアコンサルティングという言葉がそもそも、スキルアップや出世を目指していくような意識の高い人に向けた支援というイメージである場合が多いと思います。

そんな中、さまざまな事情で自分のやりたい仕事に就けない方、今の仕事にやりがいを持てないといったキャリアマイノリティの方への支援が手薄なのではないか、という課題を感じていました。

“寄り道キャリア”を歩む人の羅針盤づくりをサポート

モモハラ:家庭の事情や心身の健康、金銭的な問題などさまざまな理由で、キャリア(=人生)は左右されます。思い通りにならず、王道とされるキャリアアップのコースから外れてしまったとしても、自信をなくすのではなく『寄り道』と考えることができれば、自分らしいキャリアを築くことができるのではないでしょうか。

転職を繰り返し、海外での無職期間を経て、フリーランスになった私のようなザ・キャリアマイノリティでも、『レールからの脱落』ではなく『寄り道』と考えて良いんですね。

モモハラ:もちろんです。寄り道したからこそ見えてくるものもたくさんあります。大事なのはそんな自分を否定せずに認めて『寄り道キャリアの羅針盤』を明確にすることです。

『寄り道キャリアの羅針盤』ですか?

モモハラ:羅針盤というのは、自分の価値観を明確にし、向かいたい方向(こうなりたいという未来の自分や、こうありたいという今の自分、それを通じて成し遂げたい事など)へと進んでいくための方針のことです。寄り道キャリアを歩んでいる方々にこそ、この羅針盤が必要です。

自分の人生で大切にしたい価値観や、理想の自分像は何なのかを明確化することで、どういう想いを持って次に何をすべきなのかがわかってきます。

自分の方針がわかれば、どういったことにやりがいを感じられるかもわかりそうですね。

モモハラ:会社に所属していてもやりがいを感じられないという方は、個人の羅針盤がしっかりと描けていない場合が多く、むりやり会社の方針に自分を当てはめています。実は私も会社員時代はそのひとりでした。

でも、個人にとっての羅針盤と、組織の羅針盤が重なり合えば、個人はやりがいを持って働くことができて、組織にとってもプラスの力となるはずです。

就職や転職活動の際にも、組織(会社)や職種を選択する基準になります。逆に重なる部分が無ければ、向いていない可能性が高いと判断できます。

誰もが活躍できる『居場所』のある社会を目指して

ひとりひとりが人生の羅針盤を持っていることで、活躍できる場所を見つけやすくもなりそうですね。

モモハラ:道はたくさんあるので、迷子にならないように、個人の価値観と強み・理想の自分像をはっきりと持つためのお手伝いをするのが、私のキャリアコンサルタントとしての仕事です。

寄り道キャリアを歩んでいる方々の支援をしていると、社会の中での自分の居場所がないと感じている方が多いと感じます。

王道キャリアをそれてしまったことで、自信を失って、活躍できる場所をなかなか見つけられない、という人が多いのかもしれません。

モモハラ:誰もが居場所のある社会をつくりたい、という想いを持ってこの仕事をしています。誰もが輝いて羽ばたくための架け橋になることが私個人としての人生の羅針盤です。

寄り道キャリアを歩まれている方や、キャリア支援が行き届いていない方々への支援を通して、誰しもが居場所を見つけられることが私の目標です。

繋がりと体験で雇用が生まれる、地域に密着したリアルな場づくり

最後に、モモハラさんの今後の展望を教えてください。

モモハラ:今後は、居場所づくりの支援のひとつとして『Co-Living』《IBASHO》(仮名称)の運営をしたいと考えています。

『Co-Living』《IBASHO》とはどういったものでしょうか?

モモハラ:寄り道キャリアを歩む人々の拠点となるような場所をイメージしています。

具体的には、人が集まるリビング・ダイニングを中心に、コワーキングやシェアオフィス・ライブラリー・セミナールームといった働くや学ぶをテーマにしたエリア、カフェレストラン・キッチンといった食をテーマにしたエリア、ゲストハウスやシェアハウスといった住(泊)をテーマにしたエリアが隣接した複合施設です。

リビング・ダイニングでお茶や食事を取りながら休憩がてら雑談や情報交換をしたり、そこから出たアイデアを実際実験してみたり、普段とは違う役割を見つけ担う事もできます。

地元の食材を使った地産地消のカフェレストランがあれば、その地域の魅力がより分かりますし、キッチンがあれば料理好きな方が料理教室を開いたり、将来飲食店を開きたい方が間借りで気軽に食の提供も可能です。

ここにキャリアコンサルタントが常駐する事で、普段の雑談やコミュニケーションの中からキャリアの相談に乗ることも出来ます。また、仲介役として繋げることでインターンシップ(就業体験)や最終的に雇用が生まれる可能性も出てきます。キャリアコンサルタントは資格を取得してもそれを活かす場が無いという業界としての課題があるのですが、その解消も目指したいと思っています。

そんな場所を、私の活動拠点でもある鎌倉のまちの一角から作れたらと計画しています。

▲モモハラさんが計画している『Co-Living』《IBASHO》のイメージ

人と人の繋がりが生まれていきそうですね。

モモハラ:お年寄りから子どもまで利用できる場所として広がれば、子育て中の方がお年寄りに、子どもを見てもらって仕事に集中できたり。そんなふうにして、人と人が協力し合うことで繋がりができる。そして、それぞれが居場所を見つけていけるような、地域に密着した空間になると良いなと思います。

取材を終えて

立ち止まって考えてみると、自分が今の仕事を通してどこへ向かっているのか、わからなくなることがあると思います。

そんなとき、いっしょに羅針盤作りをしてくれるというモモハラさん。意識の高い人が対象なのだと思い込んでいたキャリア相談へのハードルが一気に下がり、安心して居場所を見つける旅に出られるような気がしました。

【モモハラさんのHP&ブログ等のSNS一覧はこちら!】