探し続けて行き着いた、自分自身が等身大で生きられる場所、ハワイ── Mayumi Drill

探し続けて行き着いた、自分自身が等身大で生きられる場所、ハワイ── Mayumi Drill

探し続けて行き着いた、自分自身が等身大で生きられる場所、ハワイ── Mayumi Drill

このエントリーをはてなブックマークに追加

私がこの世界一周の旅に出る前のこと。ハワイ留学の際、ホストファミリーとして私を受け入れてくださったまゆみさん。たった二週間しか一緒に過ごせなかったけれど、よく話し、よく相談にのってもらい、とにかくよく笑った最高の時間でした。私にとってハワイがとても特別な場所に感じられるのは、彼女がいるからかもしれません。

Mayumi Drill

アメリカ・ハワイ州 オアフ島 ジュエリーデザイナー 千葉県我孫子市出身。短大卒業後、ワーキングホリデービザを取得し、単身オーストラリアへ。各地を転々としながら1年間オーストラリアで過ごす。帰国後も、趣味であるサーフィンのためにハワイと日本を行き来する生活を送った後、ハワイで出会った現在の旦那さんと結婚、二児の母となる。子育ての傍ら、ジュエリーデザイナーとしての仕事に加えて、ホストファミリーとして日本人留学生の受け入れもしている。

趣味のサーフィンから始まった海外生活

短大卒業後、ワーキングホリデー(以下、ワーホリ)で滞在したオーストラリアでは、どんな仕事をしていたんですか?

オーストラリアでは結局働いていないんですよね(笑)

えええええ!「ワーキング」ホリデーなのに!!?

そうそう。ワーホリのビザを持っているからと言って必ずしも働く必要はないので、私は働かないという選択をしただけかな。

それはどうしてですか?

だって、英語も大して話せない私が働ける場所は、ほとんどの場合、日本料理店になる。短大を卒業する時に就職しないで海外に行くという選択をしたのに、それじゃあ日本で就職するのと大して変わらないって思ったんです。

だから働かないで、今しか見れない景色をたくさん見ようと思って、1年オーストラリア内を転々としてましたね。

そうなんですね。1年間どんな生活をされていたんですか?

当時サーフィンが好きだったのもあってオーストラリアを選んだから、サーフィンはもちろんしていたし、車を買って大陸を横断してみたり、パースという場所が気に入って長いこと住み着いてみたり、日本人の方とルームシェアして住んだこともあったかな。そんな感じで、自由気ままにオーストラリアで過ごしました。

その後はどうされたんですか?

日本に帰国をした後は、好きだったアクセサリーの勉強をしながら働いて、貯めたお金でまた海外へという生活を続けていましたね。そこでよく訪れたのがハワイでした。

それもやはりサーフィンで?

それだけではないんですけどね。田舎育ちなので、居心地がしっくりくるノースショアばかりに滞在して、ワイキキは素通り状態(笑)友達がいたことも大きかったですね。

そして、その頃からノースショアのショップに私が趣味で作っていたシルバーアクセサリーを置いてもらってたんです。そこが「HONUA(※)」の原点です。

(※)HONUA
まゆみさんのハンドメイドアクセサリーブランド

 


▲HOLIDAY monsarratの店内にて、アクセサリーのディスプレイをするまゆみさん

探し続けた心地の良い場所

ハワイはサーフィンだけの場所ではなくて、人も大好きだった。とにかくみんなが温かくて、ハワイに行く度に、その魅力に惹かれていきました。

その後ハワイに住むことに決めて、仕事も見つけて、生活する上では欠かせない車も買って、しばらく落ち着いた生活を送っていたんだけれど、なんだかハワイがしっくりこなくなって(笑)それで、全部を捨ててメインランド(※)に自分の居場所を探しに行ったこともありましたね。

※メインランド
ハワイやグアムからみて、アメリカ合衆国本土のことをメインランドと表現する。

 

そんなことあったんですか?

そうそう、なんだかハワイが自分にとって違う気がして。カリフォルニアだったり、フロリダだったり、自分にしっくりくる場所はどこなんだろうって。

数ヶ月間転々としたんだけれど、結局そんな場所は見つけられなくて、またハワイに戻ってきた。

それでホノルル空港に着いてハワイの空気を吸った瞬間に、「あぁ、私、やっとここに帰ってこれた。」って思ったんです。その時に初めて、私が居るべき場所はここなんだなって。

ハワイがやっとしっくりきたんですね。それはなぜですか?

それはやっぱり、自分が気張らずに、等身大で、ありのままで居られるところだと思います。

オーストラリアにいた時もメインランドにいた時も、ずっと気は張っていたし、なんだかんだ落ち着けていなかったと思うんです。そういう場所はやっぱりいくら好きでも疲れてしまうんですよね。

それ以外にも、ハワイの気候はもちろん良いし、変に線を引いたりしないから人との関わり方もすごく気持ちが良い。流れてる時間もゆっくり感じられて、私にとってはすごく過ごしやすい場所です。

私もそんな場所を見つけたい・・・!

どんな場所に行く時も、何かを無理に得ようとせず、何も考えずに行くのが一番いいと私は思いますね。成功した絵も失敗した絵も、何も作らずに。

だって現地に入らなきゃわからないことって、ものすごくいっぱいあるんですよ。いくら本を読んできたって、ネットで調べてきたって、現地に入ってみると全然違うなんてこともいっぱいあります。だから、何も期待しないで、失望する気持ちも持たないで行ってみる。

旅行で良かったからって行ってみても、やっぱり住んでみると違う景色が見えて来ますしね。

私にとってのハワイは正にそうですね。旅行で見てきたハワイの景色と、住んでみて見えたハワイの景色は全然違います。

でしょ?ハワイは特にそのギャップを感じる人が多いですよね。

だからまずは行ってみて、肌に合わないと思ったら帰ればいい。自分がここに合ってるはずだって一生懸命そこの型にはめようとしても絶対に合わないし、きっと後々歪みが来ちゃうと思うんです。

一番は家族、そして自分の時間としての仕事

まゆみさんらしくいられるハワイで、ホストファミリーとしてのお仕事もジュエリーデザイナーのお仕事も、とにかく楽しんでますよね。

うん、すごく楽しい!ホストファミリーの仕事って、子供たちの日常に日本語を取り入れたいと思って始めたんです。私と旦那との会話はどうしても英語になってしまうから、子供たちは日本語に触れる機会が少なくなってしまうので。

そう思って始めたんだけど、私自身がすごく楽しくって(笑)

私にとってはそこがすごく重要な部分で、楽しめなくなったらそれは無理してるってことかもしれないし、何かを大事にできてないってことかもしれない。

今一番大事なのは、何よりも家族。と言いつつも、私はずっと家にこもって家事と子育てだけをやっているタイプでもないから、仕事は家族を大事にするための重要なエッセンスだと思っています。

仕事の時間で自分自身のバランスを取ってる感じですか?

そうね。無理はしてないので、仕事の進捗も牛歩なんだけれども(笑)

私がよく思うことは、自分自身を大事にできない人は、他人のことも大事にできない。だから自分の時間はとっても大切です。

最後に、今後の展望があれば聞かせてください。

さっきも言ったように、自分が自分らしくいれる場所が、ここハワイなんです。そんな場所を見つけて過ごせていること自体がすごく有難いことで、そんな場所で家族と一緒にいられるだけで幸せだから、目の前の幸せを大事にして一日一日を生きていきたいと思いますね。

仕事面でいうと、現在ハワイでは2店舗、日本では1店舗に私のアクセサリーを置かせてもらってるんだけど、そういった展開を少しずつ増やしていきたいなと思っています。子供が小学校に上がればまた、生活リズムも今とは変わってきます。私の仕事の比重は家族の在り方と共に常に変わっていくので、それに合わせてマイペースにやっていくつもりです。


▲まゆみさんが制作したハンドメイドアクセサリーの中でも特に人気があるのは、ハワイでしか手に入らないというサンライズシェルを使ったアクセサリー。(写真左)

HONUA
ハワイ語で、「大地」「地球」。
身につけてくれた人が、地球にたった一つ自分だけのもの、大事にしたくなるもの、という想いを込めた。

全てハンドメイドで、カスタムオーダー可能。細かい要望にも応えてくれるので、自分だけのたった一つのアクセサリーができる。もちろん日本への配送にも対応している。

カスタムオーダーはInstagramのDMで受付中。(質問や相談もOK)
▼Instagram
https://www.instagram.com/honua_jewelry_hawaii/

 

まゆみさんの「HONUA」に出会えるお店(2017年10月9日時点の情報)

▼Hawaii
[1]HOLIDAY monsarrat
住所:3045 Monsarrat Ave, #4, Honolulu, HI 96815

 

▼Japan
[2]プアラニ鎌倉
住所:〒248-0014 鎌倉市由比ガ浜2-16-1

この記事をシェアしよう!
TAGS
もっと便利に!

記事のクリップを使ってオリジナルのライブラリを作りましょう。

すでにアカウントをお持ちの方
or

ソーシャルアカウントで登録/ログイン