<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1176794389076832&ev=PageView&noscript=1" />

働き方も生き方も、もっと自由で欲張りでいい。美波町で見つけた幸せな生き方──サイファー・テック株式会社

働き方も生き方も、もっと自由で欲張りでいい。美波町で見つけた幸せな生き方──サイファー・テック株式会社

働き方も生き方も、もっと自由で欲張りでいい。美波町で見つけた幸せな生き方──サイファー・テック株式会社

多くの企業がサテライトオフィスを開設している徳島県。南東部に位置する美波町で最初にサテライトオフィスを開設し、「半X半IT」という働き方を実践しているサイファー・テック株式会社。今回は代表の吉田さんと、美波labで働く住吉さんに、サテライトオフィスを開設した理由や、美波町の魅力についてお伺いしてきました!

吉田 基晴(よしだ もとはる)

サイファー・テック株式会社代表取締役社長。2012年徳島県海部郡美波町にサテライトオフィスを開設。翌年本社を東京から美波町に移転し、地域の課題を解決することを目的とした「株式会社あわえ」も創業。現在では美波町と地方創生におけるパートナーシップ協定を締結し参与として誘致活動にも積極的に取り組んでいる。

住吉 二郎(すみよし じろう)

埼玉県戸田市出身。趣味であるサーフィンと仕事の両立を目指しサイファー・テックに転職。美波labにてエンジニアとしてソフトウェア開発を行う。

第1回
働き方も生き方も、もっと自由で欲張りでいい。美波町で見つけた幸せな生き方──サイファー・テック株式会社

【徳島県海部群美波町】
徳島県南部に位置する町。総人口7,114人(2016年12月1日時点)、面積は140.80 km²。2006年に日和佐町と由岐町が合併し美波町が誕生。新日本観光地100選にも選ばれた美しい街並みと海。四国霊場の薬王寺に参拝するお遍路で門前町は賑わい、海岸ではアカウミガメが産卵に訪れるスポットとして有名。世界的にも珍しい施設となっている日和佐うみがめ博物館などウミガメで町おこしを行い、NHK連続テレビ小説「ウェルかめ」の舞台にもなっている。
参考:美波町役場ホームページ

みんな、もっと欲張りに生きていいんじゃないの?

-本日は宜しくお願いします。

吉田 基晴(以下、吉田):こちらこそ宜しくお願いします。(事前に渡した質問資料を見ながら)えふななさんの質問はエロいところを付いてくるからねー、今日は僕も楽しみにしてます(笑)

-それは褒められてますよね?ありがとうございます(笑)では早速吉田さんにお伺いしたいのですが、サテライトオフィスを開設するキッカケって何かあったんですか?

吉田:サテライトオフィスという考え方のヒントをもらったのは千葉で趣味の稲作をしていたときです。人海戦術の素人が行う稲作だったので東京の友人を中心にたくさんの人にお声掛けして手伝ってもらったんですが、みなさん口々に「楽しかった!」「誘ってくれてありがとう!」って言ってくれたんですね。そのとき、人間って本質的にこういったことを求めているだと感じたんです。だからそんな人達の楽園を作りたいと思ったのがキッカケですね。

-なるほど!ちなみに都心にいたときはどういった働き方をしてたんですか?

吉田:同じ時間に出社しPCに向かい、夜遅くに帰宅する毎日で、業績が伸び悩んでいたこともあり、いま僕がやっていることは本当に社会や地域の役に立っているのか?と満たされないモヤモヤした気持ちが正直ありましたね。

-都心で働いている人に多い悩みかも知れませんね。

吉田:何か充実感が足りないというか、それこそ先程の農業で得られたような感覚になれなかったんですね。これって仕事を優先した結果、趣味や暮らしを捨てた生き方をしていたからだと思うんですが、僕は何かを捨てる生き方って嫌なんです。全部やりたい(笑)だからみんなに仕事も趣味も両方優先したら?もっと欲張りに生きていいんじゃないの?って伝えてます。

-吉田さんも欲張りに生きていらっしゃるんですか?

吉田:僕、やりたいことが多すぎて社内では「欲望の千手観音」って呼ばれてるんです(笑)

-(一同、大爆笑)

吉田:本当にみんなからそうやって呼ばれてて、実は社内に「欲望の千手観音大入り袋」があるんです(笑)あとで差し上げますねー!でもそうやって欲張りに生きることが自分らしく幸せに生きることに繋がっていくと僕は考えています。

千手観音大入り袋▲社員の方が作られた欲望の千手観音大入り袋。左側と右側で欲望の差が…(笑)

美波町だから実現できた「半X半IT」という生き方

-なぜ美波町をサテライトオフィスに選ばれたんですか?

吉田:仕事も趣味も暮らしも全部捨てない、自分らしく欲張りに生きるということを日本一の都会である東京で10年間実施してみたんですが、なかなか上手く実行できなかった部分もあったので、逆に日本一の過疎地で勝負したらどうだろう?って(笑)

-思い切った発想の転換ですね!

吉田:そこで見つけた場所が徳島県の美波町だったんです。徳島県はインターネット環境がとても整っていますし、美波町を選んだのは何よりこの抜群なロケーショがあるからです。

徳島県海部群美波町
-本当に日本?って言うくらい景色が綺麗な場所ですよね!!

吉田:趣味って皆さんいろいろ持っていると思いますが、移住してでもやりたい趣味を持った人を惹きつけられる場所だと感じたのが美波町でした。ここならそういった人達が自分らしく生きることができると思いましたね!

-美波町はサーフィンスポットとしても有名だと思うので、サーフィンが好きな人とかはすごく魅力を感じそうですね!

吉田:そうなんです!サーフィン以外にも自然を楽しむアクティビティはたくさんありますが、単純に「美波町にオフィスを創りました!」では誰も魅力に感じてくれないと思ったので、趣味や暮らしと仕事をMIXした生き方「半X半IT」を提唱しました。

-半X半ITについて具体的にお聞きしてもいいですか?

吉田:はい。サイファー・テックはIT業なのでIT業を生業としながら、個人の趣味や暮らし(X)も両立していく考え方です。Xには自分の趣味を入れます。ちなみに・・・僕は渓流釣りも、海釣りも、キャンプも、稲作もやります。欲望の千手観音だから1個なんて到底無理で何個もXを持ってます(笑)

-wwwwwwwwwwwwwwwwwwww

吉田:先程サーフィンスポットという話がありましたが、半X半ITを掲げてから実際にサーフィンをXにしているエンジニアの住吉も採用できましたし、農業、狩猟、お遍路、子育てなど様々なXをもったスタッフが現在一緒に働いてくれています。

-生き方にすごく拘りを持った人が集まっているんですね!ちなみにこういった取り組みを実施していることでメディアにもたくさん取り上げられてますよね?

吉田:5年前にIT企業が過疎地に拠点を持つなんて珍現象過ぎて、それを色んなメディアや媒体が面白がって取り上げてくれたんです。ビジネス誌だけでなく、サーフィン雑誌まで取り上げてくれました(笑)

-サーフィン雑誌もですか!採用だけでなく会社のPRも兼ねられてると思うので一石二鳥ですね!

吉田:そうなんです!実際東京で10年間頑張って採用活動しても上手いきませんでしたが、過疎地である美波町に移転して、半X半ITを提唱してから社員数が3倍まで増えました。

 サーフィンと仕事を全力で楽しむ生き方

サイファー・テック株式会社 住吉二郎
-続いて住吉さんにお伺いしたいのですが、以前は東京で働かれていたんですよね?

住吉 二郎さん(以下、住吉):そうですね。通勤に1時間半位かけて自宅のある埼玉から東京に通って働いてました。

-1時間半はキツイですね…なぜ美波町で働こうと思われたんですか?

住吉:先ほど話にあった通り僕はサーフィンが趣味で、埼玉に住んでいる頃は週末に2時間くらいかけてサーフィンをしに行ってたんですね。でも海のそばで暮らしたら、この移動時間が削れるし、仕事と両立して好きなときに好きなだけサーフィンができるなーって思っていて、いつかそういった場所に移住したいと考えていたんです。そんなときにこの美波labができるという話をニュースで見つけて移住前提で転職しました。

-美波町に来てからライフスタイルって変わりましたか?

住吉:すごい変わりましたね(笑)東京で働いているときはだいたい6時半に起きて、9時半くらいから就業開始で22時位まで仕事をして家に帰るというルーティンが完全にパターン化していましたね。

-本当に仕事をするだけの1週間みたいな感じだったんですね。

住吉:そうですね。ただ、美波町に来てからは本当に生活がガラッと変わりましたね!

-一番ハードなスケジュールをお聞きしたいです(笑)

住吉:はい(笑)5時起きして海でサーフィンして、9時に一度家に帰り、うちは10時出社なので、そこから19時まで仕事します。その後、阿波踊りの練習に参加したり、お祭りの時期は準備をしたり、友人と飲みにいったりという感じですね。

-凄くハードですけど、メチャクチャ充実してますね!

住吉:こっちに来てからは、東京にいるときとは違ったハードさがあって、家に帰ると正直ぐったりします(笑)でも一日の中で色々な要素があるので楽しいし、充実感はすごくあるんですよね。そして夜はぐっすり寝られます(笑)

-サーフィンだったり阿波踊りに参加することで、ちょっとしたリフレッシュにもなっていますか?

住吉:そうですね!やはり仕事の合間に身体を動かす感じになるので、リフレッシュ効果は高いかなって思っています。

-こういったライフスタイルになると、仕事もプライベートもダラダラしなくなりそうですね。

住吉:むしろ仕事だけに没頭することはなくなりますね。それこそ東京にいたときは、週末や休日を仕事に充てることも少なくありませんでした。このような長時間労働を美徳とすら錯覚してしまうこともありましたが、そういった感覚は無くなりましたね。

美波町に移住して感じた地方の魅力とは?

日和佐八幡神社秋まつり
-地域の方とのコミュニケーションについてお聞きしたいです。

住吉:僕こないだ子供が生まれたので思う部分なんですが・・・

-え?おめでとうございます!!!

住吉:ありがとうございます。で、子育て環境はすごく良くて地域の人が面倒を見てくれるんですよね。散歩をしてるときにばったり近所の人と会うと抱っこしてくれたり、毎回「可愛い可愛い」ってあやしてくれるので、優しくて人間味に溢れたコミュニケーションが本当に多いなって思いますね!

-それはすごく良い環境ですね!

住吉:あと、美波町に来てから地域のイベントやボランティアなどに参加するこもも多くなりましたが、どのようなことでも地域の方々と一緒に楽しむことがコミュニケーションで一番大事なことかなって思っています。

-どういった地域の活動に参加されていらっしゃるんですか?

住吉:うしお連(阿波踊り)にも所属してますし、日和佐八幡神社秋まつりには毎年参加してます。一昨年は責任者として「ちょうさ(太鼓屋台)」も担ぎましたね。

-移住者でお祭りの責任者って地域にかなり溶け込んでいる証拠ですね!

住吉:地域の方にそう思って頂けてたら有難いですね(笑)あとは消防団にも所属しています。

-移住者も消防活動に参加するんですか?

住吉:そうですね。避難所の整備、人探しや見回り、火事のときの消化作業などは消防団でやっています。ちなみに火事や人探しなんて滅多にないので美波町は安全な街ですよ(笑)

-安心ですね!地域の活動に参加することで、より深いコミュニケーションが取れるようになっていくと思いますが、そういった活動の後に飲みに行ったりするんですか?

住吉:行きますよ!飲み会は多いと思います。地域の方々はお酒好きな人も多く、飲み会も重要なコミュニケーションの場であると感じています。

-お話をお伺いしていると、趣味も全力でやるし、消防団など地域の中での役割も果たさないといけないので、美波町は田舎でスローライフ送りたい人には向かなそうですね。

住吉:向かないですね。むしろ美波町に来るとみんな忙しくなると思います(笑)

-逆にどういった方に最高な環境なんでしょうか?

住吉:美波町は海、山、川がコンパクトにまとまっているので自然を楽しむアクティビティが好きな人には最高ですよね。僕はサーフィンが好きですし、うちのスタッフだと農業、釣り、狩猟など様々なアクティビティが好きな人が集まっているので、そういった趣味と仕事をどっちも全力で楽しみたい人には最高の環境だと思います。

-貴重なお話ありがとうございました。

 
息をのむほど美しい海と山に囲まれた美波町。その大自然を最大限に満喫して欲しいという想いから趣味と仕事を両立する「半X半IT」を掲げるサイファー・テックの吉田さんと住吉さんは仕事も全力、趣味も遊びも地域の集まりも目一杯満喫していて、自分らしく生きている姿に純粋に憧れてしまいました。

次回は吉田さんの誘致にかける想いと将来のビジョンをご紹介します!お楽しみに!

 

第1回
働き方も生き方も、もっと自由で欲張りでいい。美波町で見つけた幸せな生き方──サイファー・テック株式会社