<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1176794389076832&ev=PageView&noscript=1" />

恐怖の確定申告がスマホからできるようになる⁉国税庁が驚きの発表

恐怖の確定申告がスマホからできるようになる⁉国税庁が驚きの発表

恐怖の確定申告がスマホからできるようになる⁉国税庁が驚きの発表

副業元年といわれ、多様な働き方も当たり前になりつつある昨今。フリーランスやパラレルワーカーの方が、そろそろ気になり出すのが確定申告について。皆さんは日ごろから準備していますか?

そこで今回は確定申告とは何か、先日国税庁が発表した驚きの発表と合わせてお伝えします。

確定申告とは?


国税庁によると確定申告とは、下記のようなこと。

所得税及び復興特別所得税の確定申告は、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた全ての所得の金額とそれに対する所得税及び復興特別所得税の額を計算し、申告期限までに確定申告書を提出して、源泉徴収された税金や予定納税で納めた税金などとの過不足を精算する手続です。


引用:国税庁

つまり、1年間で得た所得にかかる税金の額を計算し、払うべき税金を支払うための手続きのことを指します。ポイントとなるのは支払うべき税金は、源泉徴収された税金などとの過不足分を精算する手続きであるということ。

よく「確定申告したら税金が戻ってきた」なんて言う言葉を聞きますが、あれは払う必要がある税金よりも源泉徴収された税金が上回っていた場合のことを指します。

また、確定申告とは日本国民全員がしなければならないといったものでもありません。自分が確定申告をする必要があるのかについては、ぜひ国税庁のホームページをチェックしてみてくださいね。

確定申告をするための長蛇の列にうんざり…

確定申告は毎年2月16日~3月15日までに税務署に申告し、納税する必要があります。この時に持って行くのが前の年の1月1日~12月31日までの1年間の確定申告書や決算書等の書類です。

また、これらの書類を作る時に必要なのが、日ごろから報酬として振り込まれた額や経費として出ていった額などの取りまとめ。申告期間である2月・3月に1年分の打ち合わせ代や交通費などの経費をとりまとめるだなんて想像の10000倍時間がかかりそうですよね。ぜひ「レシートを貯めてるからOK☆」ではなく、毎月時間を取って細目にお金の流れをつけておくことをおすすめします。

また、申告期間が終わりに差し掛かって来るに連れて、税務署の込み具合は深刻なもの。「こんなに並ぶだなんて…時間がもったいないじゃん…」とストレスとなりかねません。ぜひお早めの準備と、お早めの手続きをおすすめします!

と、思っていたのですが…先日驚きのニュースが舞い込んできました。

2019年1月からID・パスワード方式が追加!確定申告が超簡単に!

出典:毎日新聞

なんと!2019年1月から確定申告の手続きはスマートフォンでできるようになるのだそう!いや、これ超便利じゃないですか?ありがとう国税庁!開発担当の方に本当に感謝したい!

これまでもインターネットによる申告・納税システム「e-tax」はありましたが、マイナンバーカード(あの通知カード以外に発行しなければだめなカード)などを発行する必要があったため、個人利用率は5割にとどまっており、結局行列が回避されないといった問題点がありました。

しかし、そんな普及率を上げるために、今回新たにID・パスワード方式が導入されたのです!つまり、マイナンバーカードを用意しなくても、スマホやパソコンから申告ができるのです!

ID・パスワードを発行するためには、運転免許証などの本人確認書類を持って税務署に行けばOK!無料で即日発行されるだなんて…ありがたい…本当にありがとう…。

しかも、ID・パスワードは、翌年以降の申告でも同じものを使えるんだから超便利!発行の手続きは今からでもできるので、ぜひ手間を惜しまず事前に発行することをおすすめします!

まとめ

今回は確定申告とは何か、2019年1月より確定申告が楽になるID・パスワード方式でのお手続きについて紹介しました。

スマートフォンから申告できることで、あの行列をさけられるだなんて…夢のような話ですよね。本当にありがとう……。おかげで、確定申告は怖くない…はず!(笑)

ぜひ皆さん早めのお手続きをすることをおすすめします!