<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1176794389076832&ev=PageView&noscript=1" />

2人目を産んで育休を取ったら「退園してください」ってなんだよー!「育休退園」はなぜ起こるの?

2人目を産んで育休を取ったら「退園してください」ってなんだよー!「育休退園」はなぜ起こるの?

2人目を産んで育休を取ったら「退園してください」ってなんだよー!「育休退園」はなぜ起こるの?

2人目の子どもを産んで育休を取ったら、保育園から「退園してください」といわれてしまういわゆる「育休退園」問題。ここでは「将来は子どもが欲しいレディ」と「育児スキー」(※空想のキャラクターです)という2人の会話の中から、重要なポイントを学んでいきましょう。

(将来は子どもが欲しいレディ):ねえ、育児スキー。

(育児スキー):なんだい?レディ。

将来は子どもが2人欲しいな〜と思ってるんだけど、今の仕事は楽しいから、できればずっと続けたいと思っているの…。保育園に入るのは大変って聞くけど、希望すれば兄弟が同じ園に通えるのかなぁ?ちょっと不安なの。

なるほど!確かに気になるよね。じゃあ、まず保育園入園についてから説明するよ。ニュースで聞いたことあるかもしれないけど、毎年秋頃に、翌年4月から子どもを認可保育園(※)に入園させようと、働く親が始める活動を、通称「保活」というんだ。

「保活」かー!聞いたことある。子どもが2人いると2回しなきゃいけないのか…大変そう。

そうだね、特に都心部は激戦だしね。それで、ようやく保育園の席を手に入れたとしよう。でも、2人目が生まれて親が育児休業(以下、育休)を取得すると、すでに保育園に通っている1人目を退園しなければならないケースがあるんだ。

え、どういうこと(怒)

それが、世に言われる「育休退園」なんだ。ネットには、保護者が寄せた悲痛な声がたくさんある。

「2人目が生後2か月で上の子どもが育休退園になり、頼れる人がいなくて大変だった」
「育休退園はきつすぎる」
「行政はひどい。半ば強制的に退園させられ、落ち着いた時に入る保育園が見つからない」

こんな感じだからね、「もう3人目は産まない!」ってなるよ。これじゃあ少子化を食い止めるのは無理があるね。

これでは暗に「働くな」って言われてるみたいだよ…。職場復帰できなかったら大好きな仕事をクビになっちゃうかも。なんでこんな風になっちゃったんだろう?

(※)国が定めた基準をクリアした保育園のこと。

保育園が足りない!全国の待機児童の数は約26,000人

育休退園の背景には、全国的に深刻な保育の受け皿不足があるんだ。そもそも「保活」は、需要に対して圧倒的に足りない保育枠をめぐって親が繰り広げる、たとえるなら椅子取りゲームだからね。

椅子に座れなかった子どもは「待機児童」と呼ばれ、その数は2017年4月1日時点で全国に約26,000人に上り、年々増えてるんだよ。まあ正確には、待っているのは児童ではなく親なんだけどね。

26,000人も順番待ちの子どもがいるなんて!なんでそんなに保育園が少ないの?たくさん作ったらいいのに。

▲「保育所等関連状況取りまとめ(平成 29 年4月1日)」より筆者作成

そもそも保育園は、仕事などの事情で親が保育することが難しい子どもを、国が代わりに保育する目的の施設なんだ。昔は「夫は外で仕事、妻は家で家事と育児」という生き方が一般的で、子育ては母親が家庭で行えばよかった時代につくられたものだから、当時は数が少なくてもなんとかなったんだね。

えー、今は共働きの家庭が多いのに。私もまだ見ぬ結婚相手とそうする予定だし。

そう、レディみたいに仕事を続けたい親からの需要が高まって、供給が追いつかない状況になってきているんだ。「待機児童問題」は、人口が多い都市部を中心に深刻化していて、そうした自治体にとって「保育枠をどう確保するか」は、急いで対処すべき重要な課題となっているんだよ。

で、それがなんで育休退園につながるの?

入園している人を退園させたら、別の待機児童を入れることができるからなんだ。そうすると、見かけ上の待機児童数は減る。自治体は暗にそれを狙っているんだ。

えー、待機児童の数を減らすためだけに退園とか、納得いかない!

「育休で家にいるなら、保育の必要はないよね?」

僕もそう思う。でも、待機児童の数を減らすことが隠れた目的だとしても、自治体はそれが直接の退園の理由だとは言ってないんだ。一応、自治体の言い分にも一理ある。

どういうこと?よくわからないんだけど。

保育園に子どもを預けるには、自治体に就労状況や労働時間などを申告して、「この家の子どもは家庭での保育が難しいから、国で保育する必要性がある」という認定を受ける必要があるのは知ってるかな?

知らなかった。

保活では、両親がフルタイムの共働きじゃないと厳しいと言われるんだ。その理由は、パートやアルバイトの場合は、勤務時間が短く、家庭での保育が可能だと判断されてしまうからなんだよ。

なるほどー!

でもいったん保育園に預けられても、親が育休期間中は在宅で育児をしているわけだから、自治体は「今保育園に預けているお子さんも一緒にご家庭で保育してください」、つまり「保育の必要はない」と見なすんだ。そして、認定が取り消されて保育園に居られなくなる。これが「育休退園」の仕組みなんだよ。

そっか。たしかに、子どもが待機児童になって、それでもなんとかして自分が仕事してる立場なら…今働いている親の預け先がないのに、育休中の親の子どもを保育し続けるのはおかしい!って思っちゃうかも。

そうなんだ!自治体は、少ない保育枠をできるだけ有効に活用したいと思っているんだね。

育休退園は全国共通の制度なの?

「育休退園」はどの自治体でもある制度なの?

いや、全国共通ではないんだよ。育休退園の発端となったのは、2015年に施行がスタートした「子ども・子育て支援新制度」でね。この制度では、保育を必要とする事由に「親が育休取得時にすでに保育利用をしている子どもがいる場合、保育を継続利用してもよい」ことを明確にしたんだ。国はせっかくルールづくりに動いたのだけど、解釈や運営は自治体が主導で行うので、見解にばらつきが出てしまったんだ。

 ①保育を必要とする事由

・就労(フルタイムのほか、パートタイム、夜間、居宅内の労働など)
・妊娠、出産
・保護者の疾病、障害
・同居又は長期入院等している親族の介護・看護
・災害復旧
・求職活動
・就学
・虐待やDVのおそれがあること
・育児休業取得中に、既に保育を利用している子どもがいて継続利用が必要であること
・その他、上記に類する状態として市町村が認める場合

ex:)第二子を出産し育児休業を取得する間も、上の子は保育所に在園することができます。妊娠・出産が「保育の必要性認定」の事由に該当するためです。

0~5歳児の親なら、知らなきゃ損してるかも!? 新しく変わった「子ども・子育て支援新制度」って?より

それまで保育の継続利用を認めている自治体は多かったんだけど、新制度で突然方針を変えたケースがあった。それが、ニュースで有名となった埼玉県所沢市なんだ。

新制度施行前は上の子どもの保育を認めていたのに、いきなり「育休退園」の方針を打ち出したものだから保護者が混乱するのは当然だよね。この決定を不服として、保護者が市を提訴する事態にまでなったんだよ。

自治体は、働く親の気持ちをわかってくれないのかなぁ。育休退園がないところってあるのかな?

全部の自治体がそうじゃないよ!親が安心して働けるように、静岡市、熊本市、津市など、育休退園を廃止するところもあるんだ。

待機児童問題を解消して!

結局、育休退園ってなくならないのかな?待機児童の数は一時期だけ減っても、退園させた子が待機児童になれば意味がないよね。

レディの言う通り、育休退園は待機児童の入れ替えのようなものだから、根本的には何も変わっていない。だから、新たに保育園を作るなどして、待機児童問題を解決しないといけないんだ。座れる椅子がたくさんあれば、退園させる必要はなくなるならね。

私が子どもを産むまでに保育園増えるといいな!むしろ待機児童になって仕事クビになったりしたら、保育園作っちゃおうかな。

レディ頼もしい!

まとめ

育休退園によって上の子どもを退園させられた親が、「仕事を続けられるだろうか」という不安を抱えたままで過ごすのは心理的に大きな負担です。これでは「子どもを持つのは損」という風潮ができてしまいます。少子化が解消するはずがありませんね。

現在1歳の子どもを持つ筆者も、過去に保活を経験しました。24時間体制で乳児のお世話をしながら、保育園の空き状況を調べ、見学に行き、申請書類を手書きするのは、なかなかの負担でした。もし育休退園の当事者だったら、「また保活をするのか…」と考えるだけで、心が重くなります。

待機児童を減らすには保育園建設だけでなく、託児機能付きのシェアオフィスやベビーシッター利用への助成金など、多様な環境の整備が必要ではないでしょうか。そうなれば、育児と仕事を両立しやすい社会になるのではないかと感じます。