<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1176794389076832&ev=PageView&noscript=1" />

第一線で活躍し続ける「30代・男」の仕事観・人生観とは?(後編)──飯髙悠太×前原穂高

第一線で活躍し続ける「30代・男」の仕事観・人生観とは?(後編)──飯髙悠太×前原穂高

第一線で活躍し続ける「30代・男」の仕事観・人生観とは?(後編)──飯髙悠太×前原穂高

2017年1月に、株式会社ベーシックの執行役員に就任された、飯髙悠太氏。そして2015年5月に、美容室Violetを開業された、超売れっ子の前原穂高氏。彼らは共に友人関係という間柄であり、異業種ではあるが、30代で業界を牽引するビジネスリーダーという共通点を持ち、今なお、活躍の場を広げ続けている。そんな彼らの仕事観や人生観とは一体どんなものなのか?飯髙氏と知人関係にある、当メディアを運営する、株式会社えふななの新田が取材してきました。

飯髙 悠太(いいたか ゆうた)

1986年生まれ、東京都出身。株式会社ベーシックのWebマーケティングメディア「ferret」の管掌役員/創刊編集長を務める。これまで広告代理店、制作会社、スタートアップを経験。複数のWebサービスやWebメディアの立ち上げに関わる。セミナー講演など多数。

前原 穂高(まえばら ほだか)

1982年生まれ、宮崎県出身。美容室Violetのオーナー。アフロートにて実績を積み、今や雑誌やCM、セミナーなどでも活躍。数々の芸能人やモデルからの信頼も厚い。2015年5月20日に表参道店をオープンし、2016年11月23日には、名古屋の栄に2号店をオープン。

インタビュアー 新田 勢剛(にった せいごう)

1982年生まれ、静岡県出身。株式会社えふなな代表取締役。 「シゴトを楽しむ、人生を楽しむ。」という理念を広めたいとの想いから当メディア「Fledge」を立ち上げる。

第2回
第一線で活躍し続ける「30代・男」の仕事観・人生観とは?(後編)──飯髙悠太×前原穂高

二人が求める人材とは?

株式会社ベーシック飯髙悠太(左)と、美容室Violet前原穂高(右)

新田:どんな人と働きたいとかありますか?

前原:人として普通に付き合える人がいいっすね。

新田:先ほどのお話で言うと、常識的なところを持ち合わせながらも、ラフに接客ができるタイプですか?

前原:常識はなくても、「教えて下さい!」って気持ちがある人がいいですね。

新田:そういう素直さは大事ですよね。技術的なところは?

前原:もちろん見てますし、上手い人が好きです(笑)下手くそは嫌い。後はダサい人も(笑)でも一番嫌いなのは、変わる気がない人ですね。逆に、お店の雰囲気に合ってるとかは見てなくて、むしろ、うちのお店にいないタイプの人が欲しいですね。いろんな個性を持った集団がいいかなと。だからほんとまとまんないっす(笑)

新田:でもまとまると強いですよね!同じようなタイプの方が最初はやり易くて楽なんだけど、組織としての幅を持たせるには、いろんな個性を持った集団の方が強くなりますよね!

飯髙:オープンしてからずっとVioletに通ってますけど、確かにいろんなタイプ人がいますよね。真っ先に挨拶に来てくれる子だったり、接客のときに凄く話を聞いてくれる子だったり、ちょうど良いタイミングでコーヒー変えてくれる子だったり。あとシャンプーが上手い人って良い人が多くないですか?

前原:そうなんですよ!それは昔から言われてますね。

飯髙:シャンプーって単純作業なんで、一般企業で言うと、1通のメールを送るのに近いと思うんですよ。その1通で丁寧さだったり、相手のことをどれだけ考えてるかって見えるじゃないですか。シャンプーも同じで「今この子違うこと考えながらシャンプーしてんな」みたいなことが何となく分かりますよね。

新田:なるほど!逆に飯髙さんはどんな人と働きたいですか?

飯髙:穂高さんと近いですけど、素直で変化できる人かな。それとやっぱり熱量は重要!

新田:どうやって面接で見極めてるんですか?

飯髙:だいたい過去の体験談ですよね。人って良いときもあれば悪いときもあるんで、悪いときにどう乗り越えたか?変化できない人って何も変えないまま伸びようとするんですよ。ferretの事業も、どんどん変えていかなきゃ駄目なんで、変化できない人はうちの組織に対応できないですね。そのときに大事なのが素直さかな。まずは、言われたことを愚直にできるとか。あとはこのサービスをもっと伸ばしたいっていう熱量。熱量ってやっぱり何にも変えられない価値があるんですよね。

飯髙:「Webが当たり前の世の中に」
前原:「カリスマ美容室の敷居を下げたい」

株式会社ベーシック飯髙悠太(左)と、美容室Violet前原穂高(右)2

新田:確かにITは流れが早いんで、柔軟に変化できる人じゃないと難しいですよね。飯髙さんって、今の目標や目指してるところってどこなんですか?

飯髙:大きなところで言うと、世の中を良くしたいですね。例えば、地方に行くと良いものってたくさんあるじゃないっすか。でも、プロモーションが正直上手じゃないところが多くて、陰に隠れちゃってるプロダクトだったりお店が多いと思うんですよ。そもそも未だにWebが嫌いな人も多いですしね。
だから、まずはWebを好きになってもらったり、そもそもWebマーケティングの必要性から知ってもらって、もっとWebが当たり前の世の中にしたいですね。都市部では当たり前でも、地方ではまだまだ発展途上なんで。

新田:さすがferretの管掌役員っすね!では前原さんの目標や目指してるところは?

前原:まずはVioletのコンセプトやビジョンを実現したいかな。Violetって、青文字系(※1)から赤文字系(※2)まで混ざり合って、どんな時代が来ても対応できる集団でいたいっていうコンセプトで運営してるんですよ。あと、カリスマ美容室の敷居を下げたいというビジョンを持っていて。

※1)青文字系とは・・・東京の原宿などで多く見かける個性的で同性受けを狙ったファッション
※2)赤文字系・・・女子大生・若年OLなどの20歳代前半ぐらいの女性を対象に男性受けを狙ったファッション

新田:敷居を下げるってどういうことですか?

前原:カリスマ美容室って「あそこは私が行くお店じゃない…」とか「行ってみたいけど、入りづらい…」みたいなところがあって。もっとオシャレになりたいと思う人が誰でも来られるようなお店にしたいし、目指すところは「無印」だなと思ったんですよ。
オシャレが生活にちゃんと馴染んで、ちょっとお金出したら買えるみたいな。もちろん、技術とか知識とか接客は一流のまま、お客様の層を広げていきたいと思ってますね。

新田:なるほど!その考えに至ったキッカケって何かあったんですか?

前原:前のお店で働いてるときに、「髪型のお悩み相談」みたいなテーマでテレビに出たことがあって。髪型のお悩み相談なんで、オシャレな人というよりは、髪に悩みを抱える人たちだったんですよ。そしたら、テレビを見てた人からの反響が物凄かったんですよ!

「こんなにも悩みを抱えている人がいるんだ。俺は何て狭い世界で生きてたんだ」っていうことを実感して。アフロートに居たら、この人たちの悩みを解決できないなと。日本全体で見たときに女性が変わらないなと、世界に誇れる日本の文化はいつまで経っても作られないなって本気で思ったんですよ!

飯髙:めっちゃいい話っすねー。

前原:だから、お店の雰囲気も「無印」っぽくないっすか。内装をアパレルブランドに寄せちゃうと入りづらさが出ちゃうんで、カフェに寄せたんですよ。カフェ風ならオシャレでもちょっと行ってみようかなってなると思ったんで。

飯髙:確かに!ここまで考えて経営してる美容室のオーナーさんって少なそうですね。穂高さんってグロービスで経営を学んでましたよね?

前原:アフロート時代ですけど、経営に興味があったんで通ってましたね。大学で経済とか経営の勉強してた訳じゃないんで、経営を知らなかったですよ。

新田:美容師でグロービスに通う人は中々いないですよね。飯髙さんは独立しないんですか?

飯髙:僕はしないですね。遊んじゃいそうだし(笑)てか、最高の二番手になりたいんですよ。厳密にいうと、事業に対しては一番手で任せてもらって、会社の方針とかは二番手で支えていきたいですね。たぶん僕が経営者になると、会社の方針とかコロコロ変わっちゃいそうだし。やりたいことも多すぎるんで、ある程度縛ってもらった方がパフォーマンスが最大化されるんじゃないかなと。諸葛孔明が大好きで、昔自分の役職を参謀役にしてた時もあった(笑)

第一線で活躍する人のプライベートの過ごし方

株式会社ベーシック飯髙悠太(左)と、美容室Violet前原穂高(右)3新田:じゃあ、ここから少し話が変わりますが、趣味って何かありますか?

前原:趣味を意図的に増やそうとするのが趣味です(笑)少しでも興味を持ったら、とりあえずやってみるかな。あとは、さっきも言いましたけど、漫画とゲームが好きなんで、だいたい家での過ごし方は決まってるんですよ!家に帰って時間があればゲームをやって、お風呂ではアニメを見て、寝る前に漫画を読んでますね。これは3点セットです(笑)

一同:(爆笑)

新田:飯髙さんの趣味って、ランニングとサッカーですよね?

飯髙:まぁ、そうですね。ランニングは月によりますけど、だいたい100kmくらい走って、サッカーは月2回くらいフルコートの試合してますね。あとは、お酒と読書かな。ビジネス書も月に10冊くらいは読んでますね。

新田:趣味から仕事に活きた経験ってありますか?

飯髙:スポーツと読書は多いですね。負けず嫌いなところは、スポーツで培われたと思います。何をやるのでも絶対負けたくないし。読書に関しては先人が苦労したことを学べる訳なので、それはそれは仕事に活きていると思います。

新田:前原さんは、漫画とかゲームから学ぶことってあります?

前原:もう、教科書ですよ!学びだらけですね!だって漫画って、その経験をしてなかった漫画家が取材をしてから描く訳じゃないっすか。例えば、モンキーターンの作者も競艇場とか行ったり、いろいろ調べたりして描いてると思うんですよ。その人なりに取材して感じたものを楽しく読みやすいように変換してくれてますし、読まない理由がないっていうか。少しデフォルメされてる部分はあると思うけど、読めば読むほど知識も増えていきますし、めっちゃ勉強になりますね!

飯髙:僕も漫画は好きなんですけど、あんまり好きな漫画を人に教えたくないっすね(笑)

新田:え、何でですか?

飯髙:漫画のフレーズってめちゃめちゃいいじゃないですか。それを自分事に変えて日常で使ったりするので、パクリ!って思われちゃうし(笑)例えば、「シュート」っていう漫画が好きなんですけど、その漫画に出てくる有名なフレーズで、「ボールを持ったら観客全てが自分を見ていると思え」ってことを言うんですよ。これなんて高校でサッカーのキャプテンやってる時使いまくってましたよ(笑)これに関してはメンバーみんな知ってたけど、やっぱりこのフレーズってめちゃっテンションあがるんですよね。

前原:それいいっすねー!確かに、刺さるフレーズって多いですよね。

新田:でも、バレたら恥ずかしいやつですね(笑)確かに、漫画に限ったことじゃないかも知れないですけど、フレーズの引き出しは増えそうですね!ちなみに仕事とプライベートのバランスって考えて動いてますか?

前原:僕は仕事とプライベートのバランスは考えたことないですね。美容師って全てが仕事に繋がるんですよ!接客業なんで、漫画一つとっても会話のネタとして使えますし、飯髙さんみたいに勉強会で出会ってお客さんになってくれることもありますし。本を読めば読むほど、会話のネタが広がるし、宗教の勉強をすればするほど、ここは触れちゃ駄目だなとか分かりますし(笑)

新田:なるほど!飯髙さんはどうですかね?

飯髙:特にバランスは考えてないけど、会社に行くときには会社の自分になるっていうか、スイッチをいれるようにしてますね。。でも、僕も穂高さんと一緒ですよ。プライベートで呑みに行っても、仕事の話になったりする訳じゃないですか。そこから事業提携の話に発展することもありますし、誰かを紹介してもらえることもありますしね。

前原:「映画を作ってみたい!」
飯髙:「教授をやってみたい!」

株式会社ベーシック飯髙悠太(左)と、美容室Violet前原穂高(右)4

新田:そもそもプライベートの時間が増えれば、幸せに近づくんですかね?人生を豊かにするポイントって何かありますか?

前原:僕は好奇心ですね!

飯髙:過信し過ぎないことですかね。そうじゃないと向上心がなくなっちゃうんで。今は、周りにいる人の中で僕が思っている以上に評価してくれてるんで、これもラッキーだと思っていて。自分ではそこまでの人間じゃないと思ってるので、そういった評価に追いつきたいんですよ。だから、向上心を自然と持ちやすいっていうのはあると思いますね。

新田:じゃあ、最後のお題に行きましょう!
今の仕事以外の部分で、チャレンジしてみたい事業とか分野ってありますか?

前原:映画を作ってみたいですね。この業界にいると面子が揃うんですよ!カメラマンはいるし、役者はいるし、ヘアメイクはいるし、衣装もいるし。後は脚本家がいないんで、脚本家とか漫画家と仲良くなりたいですね。

飯髙:僕は教授やってみたいですね。例えば、大学の講義で言うと「◯◯」って何で成功したのか?を分解して説明ってしないじゃないですか。僕はそこを分解して話せると思ってるんで、そういう講義なら聞きたいって人がたくさんいると思うんですよ。日本って優秀なマーケターが少ないんで、まずは「マーケターってかっこいいな!」って思ってもらって、世の中に優秀なマーケターを増やしたいですね。

 

~番外編~
前原:飯髙さんって昔からモテるんですよね?

飯髙:うん、モテましたね(笑)

新田:これ絶対書くからね(笑)でもリアルに、サッカーで選抜とか入ってるとモテますよね?

飯髙:それは確かにあって、逆に大学に行ったら全然モテなくなったよ。だからサッカーやってる僕がよかったのかーって。

新田:試合にファンの子とか来たでしょ!

飯髙:来てくれてたね(笑)てか、穂高さん方がヤバいでしょ!

前原:美容師って昔の方がモテましたよね。例えば、バレンタインのときとか、チョコだけ持って来てくれる子とかいましたけど、今は全くないですよ!

飯髙:どんな女性が好きなんですか?

前原:僕はメンヘラな女性っすね(笑)飯髙さんは?

飯髙:メンヘラって(笑)これメディアで公開することっすか。そしたらどんな女性も好きとしか言えないっすよ(笑)

…更にディープな話へとつづく。

この後の会話は非公開となります…。
知りたい方は、twitterで質問してみて下さい(笑)

 

筆者のつぶやき

業界は違えど、30代で共に業界を牽引するお二人。何と言っても最大の共通点はイケメンであること(笑)イケメンで仕事もできるって…もはや向かうところ敵なしですね!共通する考えもあれば、対照的な考えもありましたが、お互いを認め合い、リスペクトし合っている印象がとても強かったです。今回の取材を通じて改めて感じたのは、優秀な人ってプライベートな時間でも、自然と学びに変えられるんですよね。だから、仕事とプライベートの境目なんて考えてもいないし、自然と交わり合っているんです。お二人の未来に凄くワクワクした取材でした。そして、とにかく楽しかったし、たくさんの刺激をもらえました!ありがとうございました。

第2回
第一線で活躍し続ける「30代・男」の仕事観・人生観とは?(後編)──飯髙悠太×前原穂高