<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1176794389076832&ev=PageView&noscript=1" />

「時には“チョーク”を時には“マイク”を片手に」こどもたちと見つける地元の魅力

「時には“チョーク”を時には“マイク”を片手に」こどもたちと見つける地元の魅力

「時には“チョーク”を時には“マイク”を片手に」こどもたちと見つける地元の魅力

どうしても茨城で働きたい。地下鉄もあるし、買い物をするところだってたくさんある…。

何一つ不自由ない札幌を離れ、地域に密着して活動する道を選びました。

ラジオ局の勤務から地域おこし協力隊に。「一度しかない人生なんだからやりたいことやるしかあんめよ!」そんな想いを持ちながらの活動する私のお話です。

佐藤彩希(さとうあやき)

1991年5月生まれ。北海道札幌市出身。大学卒業後、茨城県のラジオ局で3年勤務。一度札幌に戻るも「どうしても茨城で暮らしたい!」と茨城県潮来市の地域おこし協力隊に。 現在は潮来市の小学生とともに地域住民に取材しラジオ番組を制作する「こどもジャーナリスト育成事業」を進めながら、市内の撮影などを通してSNSでの情報発信を行う。

いばらぎ?いばらき?で、どこそこ?

アナウンサーになりたくて全国各地のマスコミを受験し、採用通知をもらったのが茨城県のラジオ局でした。

実は2回目の大学受験(浪人経験あり)の時、つくばの大学を受けていたので「茨城県」の存在は知っていました(結局北海道の大学に行きましたが)。

でも就職試験のときに改めて書類を書いた時、「あれ?“いばらき”ってどうやって書くんだ?」と、そんなレベルで茨城県に関しては無知だったんです。茨城が北関東だということも、海があることも何も知らなかった。それでも縁あって茨城県での暮らしが始まりました。

「車ないとどこもいけないじゃん!」
「街灯少なくない?!」

茨城に来て1か月はそんなことばかり考えていました。それでも生活するうちに、不便(今となっては不便とも思わない)が心地よく感じるようになったんです。

自分の活動を家族のそばで見せられたら

シフト制で働いていたので盆も正月もなかった私は、めったに帰省することがありませんでした。茨城のラジオ局に勤務して3年が経とうとするころ、祖母が体調を崩してしまい、今まで自由気ままに過ごしていた自分の人生を振り返ることになりました。

「できるだけ近くで自分の元気な姿を見てもらえたら」そう思い、札幌のラジオ局を受験し社会人4年目の春から札幌に戻って働くことになりました。自分の声を電波に乗せて知り合いに届けることはとても幸せでした。高校の母校で中継するという貴重な体験もできました。

「いつも聴いているよ!」
「近所の人に(務めているラジオ局を)聴くように言っといたから!」
そんな風に言ってもらえることが増えました。自分の声がちゃんと届いていると実感する日々が続きました。 

気づけば考えていた茨城のこと

実家から職場に通っていたので、一人暮らしの時に比べれば金銭面が楽だったのは確かです。でもいつもなんだかモヤモヤしていました。「本当にこれでいいのかな。」と、自問自答する日々が続きました。

札幌で働くようになって約1か月後、祖母が亡くなりました。
入院している間、平日も休みの日も毎日お見舞いに行きました。私が中継で見聞きしたことをなんでも話していました。すると、祖母はこう言いました。

「茨城にもこういうところがあるのかい?」

今ある仕事を一生懸命やることが一番だと頭では分かっていても、気持ちがついてきません。どうしても「私が好きな茨城のことを茨城から大好きな家族に伝えたい」と強く感じました。

このモヤモヤが自分の中で渦巻いて、気持ちに折り合いがつかなくなってしまいました。このままじゃ自分がダメになってしまうと思い、多くの人に迷惑をかけましたが4か月ちょっとで退社することになりました。

そして紆余曲折あって、現在、茨城県潮来市の地域おこし協力隊として活動しています。

時には“チョーク”を時には“マイク”を

これまで地域おこし協力隊として、SNSでの情報発信や、壁新聞「地域おこし協力隊しんぶん」の作成、動画「いたこ知っchao!!」の撮影・編集を行ってきました。

2019年5月からは、市内の小学校で“チョーク”を握り、教壇に立って授業も行っています。「こどもジャーナリスト育成事業」という私のこれまでのキャリアを活かせる事業計画を提案し、学校で総合学習の時間を使って勉強しています。

内容は、こどもたちと潮来市のキーパーソンを取材してラジオ番組を作り上げて発表するというものです。取材して発表する時間はもともとカリキュラムに入っていました。

そこからさらに一歩踏み込んで、行動範囲を広げ、ラジオ番組として発表していきます。私自身ラジオ番組を制作・放送する経験はしてきましたが、学校で授業をしたことは一度もありません。「やるぞ!」と意気込んだものうまく教えられるだろうか、と不安ばかりが膨らみました。

しかし、授業が始まると学校の先生がしっかりサポートしてくれるし、こどもたちも素直に、そして実直に教えたことに挑戦しようとしてくれるし、とにかく環境に恵まれてなんとか無事に取材の日を迎えることができました。

夏休み明け、2学期にはいよいよラジオ番組の制作に入ります。「これ」「あれ」はラジオでは伝わりません。見たこと・感じたことをこどもたちの言葉で表現していけるような授業を展開していく予定です。

“チョーク”以外にも、“マイク”を握ることもあります。

週末にイベントがあると市内市外に関わらず司会のお仕事をさせてもらっています(これは協力隊としてではなく)。

お仕事でイベントに参加するからには知っておかなければならない情報がたくさんあります。それらを勉強するだけでも地域のことを知ることができるし、何よりも人とのつながりが広がります。どうやら取材をしてお話を聞いてマイクを握って喋るというのは私の性にあっているようで、イベントが立て込んでいてもうまく息抜きして毎日全力で楽しめちゃうんですよね(まだ20代だからかな)。

あと、これは私の性分なのかもしれませんが、毎月貯金ができないと不安になってしまいます。“家計が赤字にならなければいいか”と思う時期もあったのですが、貯金して大型バイク買いたいし(ツーリング大好き)、キャンプ道具買いたいし(キャンプツーリングしたい)、好きな時に飲みに行きたいし(今は家のみで我慢)・・・・貯金してぱーっと使いたいなというのが今の気持ちです。だから、アルバイトもしてます。

休みの日を探す方が困難なスケジュール帳ですが、先ほどもお伝えしたように炭酸の飲み物でうまく息抜きしているのでなんとか今は元気に生活しています。
どうぞ皆様、よろしくお願いします!

▼佐藤さんの活動詳細はこちら 

Facebookは@itako.chiikiokoshi
Twitterは@itako_okoshi
ブログ:https://itakocity-ayaki.hatenablog.com/

 

\“地域”を盛り上げたい方大募集/

「我こそは地方創生アンバサダーに適任だ!」という地元愛溢れる方、

ご連絡はこちらから!