<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1176794389076832&ev=PageView&noscript=1" />

日本の代表的なホラクラシー企業“6社”

日本の代表的なホラクラシー企業“6社”

日本の代表的なホラクラシー企業“6社”

前回は、「役職なし、上司なし、管理なし!「ホラクラシー」は近未来の組織スタイル!?」でホラクラシーについてお伝えしました。今回は、日本でもホラクラシーの仕組みを早くから取り入れ、メディアなどでも注目されている代表的な企業をご紹介したいと思います。

※完全なホラクラシーではなく、ホラクラシーの要素が強い企業も含まれています。
※6社の企業情報は、全て2016年8月26日現在の情報になります。
※本記事は、2016年8月26日に配信された記事を再投稿しています。

1.ダイヤモンドメディア株式会社

ダイヤモンドメディアのホームページ

ホラクラシーと言えばダイヤモンドメディアさん!
社長の武井さんには、以前に取材もさせて頂きましたが、ホラクラシーの徹底ぶりと言ったら群を抜いていますね!武井さん曰く「自然の摂理に則って経営していけば、自然と良くなっていく。その流れに身を任せるのがホラクラシー。」とのこと。

●取り組み事例
・みんなの給料はみんなで決める
・起業、副業を推奨
・肩書きは自分で決める
・雇う雇われるの概念が無い
・上司部下の概念が無い
・メンバーの社内外ボーダーレス化
・経費の清算は個人の裁量
・財務情報は全部オープン
・働く時間、場所、休みは自分で決める
・代表、役員は選挙と合議で決める
・明文化された理念が無い
・採用する前に仕事をする

詳しくはインタビュー記事をどうぞ!
【第1回】ホラクラシー組織の創り方。自走できる組織をつくるために必要な「社内データの蓄積」と「見える化」
【第2回】むやみな昇進は人を“無能”に変える!組織がやるべきことは、各自にとっての「ベストピーター」探し
【第3回】自然の摂理に従って、違和感がないように「話し合い」で決める。〜ホラクラシー組織での給与の決め方〜
【第4回】ホラクラシーに必要なのは「他人からの指摘を受け入れられる姿勢」と「エゴの暴走に気付ける仕組み」

【設立】2007年9月
【事業内容】Centrl事業/不動産ソリューション事業
ホームページ
社長ブログ 

2.株式会社ソニックガーデン

ソニックガーデンのホームページ

ソニックガーデンさんと言えばリモートワーク!「いつ・どこで働いても良い」というスローガンのもと「管理のない会社経営」を志向しているとのこと。「遊ぶように働く、働くことを楽しむ」というカルチャーがいいですね!

●取り組み事例
・分散型ワークプレイス(物理的なオフィスはなし)
・基本はリモートワーク
・地域による給与格差はない
・勤怠も進捗も業務も管理をしない
・ビジョンはあるが売上目標はない
・上場も売却も目指さない
・毎朝5分の社長ラジオ
・給与以外の情報は全てオープン
・ビジョン合宿
・休暇、経費に制限なし

詳しくはインタビュー記事をどうぞ!
離れていても一緒に働く!ソニックガーデンに聞く、全員がリモートワークでも機能する組織の秘訣
「管理からの脱却」「成果の見える化」リモートワーク環境で活躍できる人の条件

【設立】2011年7月1日(創業2009年5月1日)
【事業内容】オリジナルブランドのソフトウェアの提供/クラウドで動くウェブアプリケーションの開発受託/コンサルティング・社員教育および、講演・執筆など
ホームページ
社長ブログ
書籍(リモートチームでうまくいく)

3.株式会社アトラエ

アトラエのホームページ

アトラエさんは、出世という概念を一切なくし、肩書は取締役と社員のみというフラットな組織。情報は基本オープンで社員の7割が新卒とのこと。カルチャーを大事にしているからこそ、自然と新卒が増えるのかも知れませんね!

●取り組み事例
・出勤時間は自由
・服装も自由
・パパママ応援手当
・経営陣と同レベルでの情報共有
・役員以外の肩書なし

詳しくはインタビュー記事をどうぞ!
社員に誇りとやりがいを。役員が人事権を手放した究極のホラクラシー型組織
全社員が株を保有するオーナー!!?個の主体性がハンパない上場ベンチャーがあった
ワクワクする組織でイキイキ働く。「週3日・時短勤務」子育てと両立した自分らしい働き方

【設立】2003年10月
【事業内容】成功報酬型求人メディア『Green』の企画・運営/完全審査制AIビジネスマッチングアプリ『yenta』の企画・開発・運営
ホームページ
社内ブログ

4.面白法人カヤック

カヤックのホームページ

カヤックさんは、特にホラクラシーとは謳っていませんが、考え方や取り組みを拝見する限りホラクラシーの要素が強いと思います。常識を覆す面白い取り組みが多いことで有名ですよね!

●取り組み事例
・ぜんいん人事部
・ぜんいんで報酬を決定
・サイコロ給
・スマイル給&コブシ給
・入社前のファーストブレスト
・退職前のファイナルブレスト
・360度フルオープンフィードバック
・いしころぼうし研修
・旅するかばん持ち
・旅する支社
・フリープロデューサー制度「873号室」
・ウルトラマン型勤務制度
・退職者支援
・仕事参観日

【設立】1998年8月(合資会社カヤックとしてスタート、その後2005年に株式会社化)
【事業内容】日本的面白コンテンツ事業
ホームページ

 5.アナグラム株式会社

アナグラムのホームページ

アナグラムさんは、当初ヒエラルキー型の組織だったとのこと。私見ですが、珍しいパターンのように思います。アナグラムさんが目指す組織は、完全なホラクラシー型組織ではなく、オルフェウス型組織という独自の概念を取り入れていますね!

●取り組み事例
・残業非推奨
・書籍、セミナー代など全額負担
・勤務時間は、7~16時、11~20時の選択制
・毎週木曜日の午後に実務から強制的に切り離されるグロースハック

【設立】2010年4月
【事業内容】運用型広告(リスティング広告など)の運用代行、コンサルティング
ホームページ

6.株式会社えふなな

えふななのホームページ

当メディア「Fledge」を運営するえふなな。代表的な企業ではないかも知れませんが、6社に入れさせてもらいました(笑)ただ、当社もホラクラシーの要素が強いですね。「シゴトを楽しむ、人生を楽しむ。」という理念を持っており、それを実現するために組織を創っていった結果として今があります。

●取り組み事例
・フレックスタイム制
・リモートワーク可
・リゾートミーティング
・情報は全てオープン
・役職なし
・責任者なし(自然発生に任せる)
・パラレルワークOK
・好きなときに休暇を取れる「ホリぱす」
・平日と土日を交換できる「おやすみチェンジ」
・カフェでシゴトができる「お出かけオフィス」

【設立】2010年2月
【事業内容】webメディア運営
ホームページ
LIG取材記事


ちなみに、ホラクラシーの要素を取り入れている企業は近年増えてきているので、ホームページなどでエビデンスの取れる企業さんがあれば追加したいと思いますので、ぜひタレコミ情報をお願いします!自薦他薦は問いません!

タレコミ情報をお持ちの方はコチラからお願いしまーすdefault