<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1176794389076832&ev=PageView&noscript=1" />

毎日5時間勤務でプライベートも気力も充実、主体性が持てる職場環境—フューチャーイノベーション

毎日5時間勤務でプライベートも気力も充実、主体性が持てる職場環境—フューチャーイノベーション

毎日5時間勤務でプライベートも気力も充実、主体性が持てる職場環境—フューチャーイノベーション

時間労働のイメージが強い不動産業界で、午後1時~6時の5時間勤務という画期的なやり方を取り入れている株式会社フューチャーイノベーション前回の記事では、社員は午前中や夜の時間を趣味や勉強に使うことでパフォーマンスを維持させ、主体的に動けている様子や、そんな社員に対する想いなどを代表の新倉さんの視点から伺いました。

今回は、会社の素晴らしい制度を活用して仕事とプライベートを充実させ、働くことを楽しんでいる様子を、社員の方の視点からご紹介します。人事・広報部マネジャーの丸毛玲奈さんにお話を聞きました。

丸毛 玲奈(まるも れな)

株式会社フューチャーイノベーション 人事・広報部マネージャー 2015年に青山学院大学卒業後、新卒でみずほ銀行に入社。融資業務のバックオフィスで法 人営業のサポートや、外為窓口業務に携わる。2017年4月に転職し、現在は広報、人事を主に担当している。

第2回
毎日5時間勤務でプライベートも気力も充実、主体性が持てる職場環境—フューチャーイノベーション

社長がワクワク感を大切にしていた ここで働いたら楽しそうだな

フューチャーイノベーション丸毛玲奈さん1

転職しようと思ったきっかけを教えてください。

丸毛玲奈(以下、丸毛):就職すると1日8時間、1週間働くことが一般的です。つまり、ほとんどの時間を仕事に費やしているわけです。でも前職では仕事があまり楽しく感じられず時間がもったいないなと思いながらなんとなく働いていました。

入社後2年は仕事を続けましたが、転職するなら早いうちに動いた方がいいなと思っていた時に転職サイトでフューチャーイノベーションを知り、応募したんです。

転職で重視したのは、楽しく働けることだったのですが、一対一で社長と面談した時に「こんなに頭がいい人と出会ったことがないな」と感じ、ここで働いたら将来楽しめそうだと直感で決めました。

5時間勤務はやはり入社の決め手になりましたか?

丸毛:実は一次面接時に初めて知ったんですよ。「午前中は何をしてもいい。自分を高められることをすればいい」と言われました。

入社の決め手は、会社の雰囲気が気に入ったことが大きいです。社長がワクワク感を大事にしていて、私も楽しめそうだな、と。社長は41歳(取材時点)なのですが、外見も考え方も若くて全然見えないんですよ!

納得です。

5時間勤務と聞いて不安はなかったんですか?

丸毛:私は金融業界から不動産業界への転職で仕事内容がガラッと変わったためか、「5時間で仕事ができるかな?」という不安はあまりなかったです。むしろ、本当に5時間勤務でいいのかなと思いました。

実際に5時間勤務をしてみてどうですか?

丸毛:今は寝るのが遅くなっても7時間は眠れるので、就業中に睡魔に襲われることはなくなりました。前職では5時間ほどしか睡眠が取れないうえ、朝も早かったので昼間に眠くなることが多かったんです。

金融から不動産業界への転職、そして5時間勤務という馴染みのない働き方のため最初は周囲から心配されていました。でも仕事は5時間で十分に成り立っています。5時間という限られた時間だからこそ集中して効率よく仕事をしているなと実感します。友人からは羨ましがられていて、「次に採用が始まったら教えて!」と言われます(笑)

改善できそうなことは提案して、無駄な業務をしない

5時間勤務では時間の制約が強いので、限られた時間で仕事を終わらせないといけないというプレッシャーはありそうです。どう対応されていますか?

丸毛:いかに集中するかは重要です。行きの電車の中で、今日やることを頭の中で整理しながら出社します。

あとは周囲と頻繁にコミュニケーションを取って、仕事をため込んだり改善を先送りにしたりしないように心がけています。弊社では各部署3人ほどの少人数なので、意見を伝えやすい環境です。無駄なことをする時間がない分、周りとのコミュニケーションを活発に行うことで、自分がやることに集中できるようにします

また弊社では経理業務を外注しているので、月末の経費精算書類はレシートを送るなどのやりとりのみで済みます。外注化によって自分の作業を減らしています。

無駄だなと思うことを改善されたケースはありますか?

丸毛:週一で部内と社長とのミーティングがあるので、無駄だと感じていることがあればその場で話します。経理では営業と決算処理の確認をするのですが、そこでのやりとりに効率化できそうなところがあったので改善を提案し、営業と打ち合わせを行ったことがあります。

「これは改善できる」と感じたらミーティングを通じて直します。仕事をためておいていいことはありません。そうそう、弊社では社内でのやりとりはほぼLINEで済ませます。席の行き来の無駄を省くためなのですが、入社当時は戸惑いました(笑)

ヨガに英会話、簿記など勉強に時間を充ててスキルアップ

フューチャーイノベーション丸毛玲奈さん2

5時間勤務になってから、午前中は何をして過ごしているんですか?

丸毛:ヨガなど運動をやっていますが、最近は英会話を始めました。英語を話せるようになることを今後の目標に掲げています。

学生時代から海外旅行が好きでしたが、英語は全然ダメで(笑)いつもジェスチャーで乗り切っていました。当時からいつか英会話をやりたいという気持ちがあって面接時に社長に話したら、「午前中に1年間勉強したらTOEICがスコアが上がると思わない?」と言われました。英会話の勉強は夜にして、午前中は音楽や英語の音声を聴いて勉強する時間に充てています。

有意義な時間の使い方ですね!今の働き方になってから、実際に取得された資格はありますか?

丸毛:宅建です。5時間勤務だからこそ合格できたと思っています。資格学校の講師の方が会社に来てくれる日があるなど、会社のサポートのおかげもありますが、勉強する時間が持てたことはありがたかったです。

5時間勤務と午前中の時間がなかったら受からなかったと思います。模試があったのですが社長が採点してくれたということもあり、「やらなきゃ!」と鼓舞された面もありますが(笑)

取得はまだですが、これからは簿記の勉強をしたいです。現在経理面では他の人のサポート的なポジションで、自分がやれるようになりたいと思っています。

5時間勤務で自分の時間を持てるからこそ主体性が生まれるのでしょうね!

丸毛:それは大いにあります。実際、仕事は楽しいです。私はあまりストレスをためないタイプですが、それでも前職では、言われたことだけをやらないといけないのでさすがに疲れました。自分らしさを出せないことが嫌でした。当時から「もっと自分らしく働きたい」と思っていて、今は願いが叶っています。

会社は5時間勤務を含めて社員のことを考えてより良い環境を与えてくれることが多いので、それに応えたいと思えます。会社が楽しくないと、自分から動きたいと思えないものじゃないでしょうか。こうした気持ちを抱けたのは、今の会社の働き方があってこそだと思います。

新卒のロールモデルになれるように成長したい

入社して大変だと感じることはありますか?

丸毛:人事も広報も未経験なので、業務に慣れるのが大変でした。実はもともと営業事務で応募していました。ところが面接時には既に別の方に採用が決まっていて、社長から「ゼロからイチを生み出す方が楽しいから、やってみなよ」と言われて担当することになったのです。弊社ではまだ広報の業務が固まっていないので、午前中の時間などを使って勉強しています。

あとは社長は頭の回転が早いので、それについていくのに必死ですね。考えが私たちよりも何歩も先に行っているので。社長からフィードバックをもらい、繰り返して理解して、「あーやってよかった」と思うんです。大変だけど、どんどん先に行くわけではなく、歩調を合わせてくれるのはありがたいです。

丸毛さんは勉強熱心で、仕事のことをよく考えられていますよね。独立したいと思うことはあるんですか?今後の展望について聞きたいです。

丸毛:社長は社員に様々な分野で活躍してもらうことを望んでいますが、私は広報の仕事を勉強中なので、現段階では独立を考えていません。まだまだ周りのサポートがあって仕事ができている段階だと思うので、自分が陰ながら誰かの役に立っているなと思えるくらいに成長するまでは、会社で頑張りたいと思っています。

今私が社員の中で一番年下なんです。今後新卒が入社した際に、私が5時間勤務で成果をあげている姿を見せられるように、効率を意識して頑張りたいと思っています。

ありがとうございました!

編集後記

取材して印象的だったのは、仕事のことを目をキラキラさせながらお話されていたことです。会社も仕事も好きでたまらないというお気持ちが伝わってきました。

自分は会社のために何ができるかを常に考えていて、社員同士の親睦を深めるために行うゲームで「小豆の箸移し」を提案して、昨年の忘年会で実施したそうです。

フューチャーイノベーション忘年会の様子▲小豆の箸移しを行なっている様子

主体的に仕事に取り組み、仕事を楽しめるのは、5時間勤務で仕事とプライベートが充実しているからという理由は大きいと思います。しかしそれ以上に、未経験の仕事に真面目かつ前向きに取り組んだり勉強したりする丸毛さんのお人柄もあってこそだと感じます。

▼今回お話を伺った会社
株式会社フューチャーイノベーション

第2回
毎日5時間勤務でプライベートも気力も充実、主体性が持てる職場環境—フューチャーイノベーション