<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1176794389076832&ev=PageView&noscript=1" />

【地方版】副業OKな企業まとめ

【地方版】副業OKな企業まとめ

【地方版】副業OKな企業まとめ

地方移住が注目される今、副業を解禁する地方企業も少しづつ増えてきています。自分のできる範囲で、まずは気軽に副業を始めるといった方法もあります。

都心部でのスキルを地方という新たなステージで生かしてみるのはどうでしょうか。

ChatWork株式会社【兵庫】

「本業に支障をきたさない」を前提に副業をOKとしています。他の仕事での学びを本業に活かしたり、別の場所で得た知見を自分自身のキャリアアップにしたり、その知見が会社にも活きてくるため認めています。
社員のライフスタイルに応じた仕組みや仕事と生活の両立に向けた多様な勤務形態を導入しているため、「東京ワーク・ライフ・バランス認定企業 多様な勤務形態導入部門」に認定されています。

株式会社フューチャースピリッツ【京都】

就業時間内の最大20時間を自分の好きな時間として利用してもいい「会社公認 働かない制度」を導入しています。メンバー一人ひとりの個性を大切にしたいという経営者のみなさんの想いからこの制度が生まれました。
会社で与えられた仕事だけをこなしていたら、社員も企業もイノベーションを起こすのは難しいと考え、20時間の中でも副業が認めれています。

株式会社カルテットコミュニケーションズ【愛知】

2011年の設立当初から、社員の残業削減やプライベートの時間を充実させることを目指して取り組みを進めており、その取り組みの1つが「副業」です。
そんな同社では副業している社員に向けて、「確定申告相談サービス」を無料で実施しています。社員が確定申告でトラブルを発生させないように、サービスを提供しています。

株式会社N2i【愛知】

代表取締役である篭橋氏が副業を認めている理由は大きく3つあります。
1. フリーランスとして働く人が年々増えていく中、企業で働く人も1つの企業に縛ることは難しく、安定しないスタートアップに賭けて働くのはナンセンスである
2. 自分の能力を会社に預けるのではなく、自分の力でブランディングすることが大切。自分で自分を切り盛りすることでビジネススキルも身に付くので、応援したい。
3. もし給与が足りないと判断したら、その分を自分で稼いでもらいたい。

株式会社LASSIC【鳥取】

経営理念「~鳥取発~ITで、地方創生」のもと、首都圏に一極集中する経済活動を分散し「誰もが、愛する土地で自分らしく働くことができる社会」を創造するため、地方の活性化を支援するIT事業や地域イノベーション支援事業などに取り組んでいます。
プロフェッショナルのライフスタイルやライフステージに合ったイノベーティブで多様な働き方を尊重しており、その一環として「副業制度」を導入しています。社員一人ひとりが生き生きと働ける方策を模索しながら、事業の拡大を目指しています。(広報担当より)

熱産ヒート株式会社【福岡】

モノづくりを陰で支える熱処理技術を専門とする会社。溶接時の予熱・焼鈍を中心に、様々なアプローチをしています。新商品開発のための基盤解析・設計及びソフト解析・設計を実行を事業の課題として、研究開発が好きで、C言語、アッセンブラが解る人材の採用に取り組んでいます。

有限会社アド・ループ【岐阜】

アド・ループは「あなたの想いをカタチにします」をコンセプトに、企画・提案・デザイン・設計・施工によりクライアントをサポートしています。世の中に出回っているモノとはひと味違うモノづくりを生かした新商品の開発を目指しています。遊び心を持ち、ニーズに合わせた商品開発ができる方の採用を行っています。

東海神栄電子工業株式会社【岐阜】

東海神栄電子工業株式会社は、持つものづくり(プリント配線基板製造)技術を用いて、新たな市場への事業展開や商品開発(B2B, B2C)へチャレンジします。新たな一歩を踏み出していくために、業界を問わずスキルや知見を発揮したいという方の採用を行っています。

株式会社イシザキ【広島】

建築は人の力でできあがるものをモットーに、株式会社イシザキはものづくりの精神を尊重し、若手職人を育成しています。その上で、営業・施工・物流・業務の機能を強化することで、総合専門工事業への特化を進めています。人事制度構築の経験者の積極的な採用など、組織開発に力を入れています。

▼参考URL
株式会社イシザキ

株式会社アラタナ【宮崎】

申請・許可された副業を行うことができます。メンバーの成長を支援する目的で始まっており、「社外のプロジェクトに個人事業主として参加する、あるいは自ら法人を設立しサービスを開発するなど、本業に還元できる副業を公式に許可し、社外でも通用するより市場価値の高い人材の育成を目指す」としています。

 

この他にも「複業・副業OKの会社です!」「うちの会社パラレルキャリアしてる人いるよ!」などなど情報をお持ちでしたら、ぜひコチラまで!お待ちしております。