凄すぎる…!パパ・ママに嬉しいユニークな社内制度がある会社7選

凄すぎる…!パパ・ママに嬉しいユニークな社内制度がある会社7選

最近では、ユニークな制度を導入し注目を集めている会社が多いですね!今回は、「パパ・ママが嬉しい制度」にフォーカスして7社をピックアップしてみました。
※全て各社のホームページより引用(2016年9月15日現在)

1.merci box(株式会社メルカリ)

・産休・育休支援の拡充
産休・育休期間中の給与を会社が100%保障する制度です。安心して出産や育児に専念できる環境を整えています。
- 女性:産前10週+産後約6ヶ月間の給与を100%保障
- 男性:産後8週の給与を100%保障

・育児・介護休暇の有償化
子どもの看護および家族の介護で休暇を取得する場合は、5日間を特別有給休暇とし最大で10日間まで休暇取得が可能です。(1年あたり)

・妊活の支援
高額な費用が発生する可能性のある不妊治療を行う場合、治療開始から10年間、所得や年齢の制限なく、その費用を会社が一部負担します。
- 保険適用の治療:実質本人負担額は0円
- 保険適用外の治療:実質本人負担額は治療費の3割(自治体の助成金と会社の補助で7割を負担)

・病児保育費の支援
子どもが病気になった際、臨時で保育施設に預けたりベビーシッターを利用した場合の費用を支援します。安心して仕事に専念できるよう利用時間の制限なく1時間あたり1,500円を支給します。

・病気やけがの時のサポート
病気やけがにより仕事ができない期間、経済面も安心して入院や治療に専念できるような支援を整えています。

・全社員の死亡保険加入
メルカリで働く全社員に対して死亡保険に加入することで、万が一の時に社員の家族を最大限支援します。(数千万円〜)

・結婚休暇&お祝い金
結婚にあわせて、特別有給休暇(5日間)とお祝い金(5万円)を支給しています。

・出産休暇&お祝い金
子どもの出産にあわせて、立会いに十分な特別有給休暇(3日間)とお祝い金(10万円)を支給しています。

・慶弔時の支援
上記の結婚や出産時はもちろん、万が一の不幸があった場合にも特別有給休暇(3日〜7日)や弔慰金(5〜10万円)でサポートします。

・プライベート活動の支援
プライベート支援の一環として、株式会社エウレカが提供する恋愛・婚活マッチングサービス「pairs」の有料プランを、社員は無料で利用できます。

2.macalon(株式会社サイバーエージェント)

・エフ休
女性特有の体調不良の際に、月1回取得できる特別休暇。今後、通常の有給休暇も含め、女性社員が取得する休暇の呼び方を「エフ休」とすることで、利用用途がわからないようにし、取得理由の言いづらさ、取得しづらさを排除します。(エフ=FemaleのFを指します)

・妊活休暇
不妊治療中の女性社員が、治療のための通院等を目的に、月1回まで取得可能な特別休暇。急な通院や体調等に考慮し、当日取得が可。本休暇取得の際には「エフ休」という言葉を使用することで、周囲に知られず取得が可能。

・妊活コンシェル
妊活に興味がある社員や、将来の妊娠に不安がある社員が、専門家に月1回30分の個別カウンセリングで相談できる制度。このほかにも、専門医による社内セミナーの開催およびクリニックの紹介を実施。

・キッズ在宅
子どもの急な発病や登園禁止期間など、子どもの看護時に在宅勤務できる制度。契約した労働時間を上限に利用が可能。

・キッズデイ休暇
子どもの入園・入学式や親子遠足、参観日といった学校行事や記念日に取得できる特別休暇。年に半日休暇2回の取得が可能。

・認可外保育園補助
認可保育園・認証保育園に入れないために仕事復帰ができない女性社員を対象に、高額な認可外保育園料の一部を会社が負担することで女性社員の仕事復帰を促進する制度で、認可保育園と認可外保育園の保育料差額を支給いたします。渋谷にオフィスを構える当社では、通勤ラッシュ時の登園に抵抗を示す社員の声が大きかったことから、事業所内保育園の設置ではなく、認可外保育園料の一部を補助することで、ママ社員の仕事復帰を促進します。

・おちか区ランチ
居住する市区町村によって異なる保活情報や育児にまつわる情報について、ママ社員同士で情報交換・相談できるよう、同じ市区町村に住むママ社員(妊娠中のプレママ社員・産休育休中のママ社員も含む)が集まるランチ代を会社が補助する制度です。同じ市区町村に住むママ社員が4名以上集まれば実施が可能で、4ヶ月に1回、一人当たり3,000円のランチ代を会社が負担いたします。

・ママ報
ママ社員向けの社内報。育児と仕事を両立するママ社員の経験談や、会社の最新情報を掲載し、ママ社員同士はもちろん、産休・育休中の社員にも自宅へ郵送することで、産休・育休中の社員と会社とをつなぐことを目指します。

3.ママサポ(ギークス株式会社)

ワーキングマザーを支援する制度。誕生から3歳のバースディまで毎年10万円の育児手当を支給致します。現在も実際に制度を利用し、家庭と仕事を上手く両立させながら働いている社員がいます。また、弊社では社内行事に家族やパートナーにも一緒に参加していただくことが多く、一緒になって楽しい時間を共有しています。

4.ADWAYS-BABY(株式会社アドウェイズ )

・ADWAYS-BABY
社員の子供や家族が求めていることを伝える場を定期的に用意し、本質的に必要とされる制度を作ることを目的として設立された社員の子供を中心とした会社です。役員会で可決された「パパママコンシェルジュ制度」では、在宅勤務や時短勤務など、約7つの項目から社員一人ひとりの必要性に応じて制度をカスタマイズし利用することができます。

▼他にも家族に嬉しい制度
・HAPPY RICE-DAY
社員のご家族の誕生日に、5キロのお米とメッセージに社員が働いている様子の写真を添えてお届けしています。

・ファミリーデイ
年に1回、社員のご家族を会社に招き、普段見ることの出来ないお父さんやお母さんの働く姿を見学してもらう取り組みです。

5.32の制度(株式会社サニーサイドアップ)

「サニーベイビー支援」制度
サニーサイドアップ、グループ会社の社員同士で結婚し、2人目以降の子供が産まれたら、都度100万円を支給する制度。(在籍中の社員のみ)

「ファミリーホリデー」制度
旅行やイベントなど、親孝行をしたい時に休暇を取得できる制度。普段仕事を頑張ることができるのは、家族や支えてくれる人がいるからこそ。

「結婚記念日休暇」制度
結婚記念日に休暇取得できる制度。いつも仕事に集中できるのは、支えてくれている相手がいるから。そんな大事な人を幸せにしてほしい、という願いが込められている制度。※事実婚でも申請可能。

「Dear WOMAN」制度
日本企業としていち早く「卵子凍結から保存までの費用助成」をスタート。働き方の選択肢を増やすことで、社員ひとり一人が自分らしい生き方ができるようにバックアップしていきます。

6.ワークスミルククラブ(株式会社ワークスアプリケーションズ)

女性にとって仕事と出産/育児の両立は、キャリア形成の上では大きな影響を及ぼす問題です。能力のある人材が発揮すべき能力を活かすせっかくの機会を失われてしまうのは、その人にとっても会社にとっても大きな損失です。

ワークスでは、社内で活躍している女性社員が集まって、「自分だったらどういう制度があれば、仕事と出産/育児を両立できるか」という観点でアイデアを出し合い、制度として確立しました。それが「ワークスミルククラブ」です。

<ワークスミルククラブ>
・妊娠判明時から、子供が3歳になるまで取得できる育児休業制度
・子供が小学校を卒業するまで選択できる短時間勤務制度
・休業中も社内の情報にアクセスできる制度
・職場復帰時のボーナス制度

7.ファミリーシップオプション(株式会社 LiB)

・それぞれの状況に合わせた 多様な勤務形態が可能
オフィス出勤0日(週5日リモート)勤務、最短1日6時間の時短勤務、週休3日の変則勤務など

・キャリアアップもペースチェンジもどちらも応援
管理や昇給チャンスも他社員と同様。本人意向を重視し、ペースダウンやフルタイム正社員への切り替えも可能

・いざという時の充実サポート
・オーバー375:子供が熱を出した際の緊急リモートワーク切り替え
・ココイチ休暇:子供の誕生日やイベントなど、特別な「ココ一番」に使える特別休暇
・有休前借り(シック・リーブ)制度:有休付与前でも、家族が急病になった場合などに有休の前借りが可能

・ファミリーウェルカムオフィス環境
・LiBz Kids Cafeの設置:社内イベント時にベビーシッターを手配、子供たち同士も交流できる環境を整備
・当社で働く家族同士が仲良くなれる交流の場「リブザニア」開催

・パートナーシップ手当
パートナーの誕生日または記念日にデート代をプレゼント
※この制度は育児・介護などのライフイベントにまつわる状況にある社員が対象です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?こういった制度一つで会社がどれだけ社員のことを考えてくれてるのかも見て取れますね!「家族が喜ぶユニークな制度を持ってるよ!」という会社様がいましたらぜひ教えて下さい!内容判断の上になりますが、追加で掲載することも可能です!お問い合わせはコチラまで。お待ちしておりまーすdefault

このエントリーをはてなブックマークに追加
TAGS
もっと便利に!

記事のクリップを使ってオリジナルのライブラリを作りましょう。

すでにアカウントをお持ちの方
or

ソーシャルアカウントで登録/ログイン