<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1176794389076832&ev=PageView&noscript=1" />

起業家のコンサルからニッチ分野のECサイト運営まで!幅広い分野で展開されるエンファクトリーの複業事例

起業家のコンサルからニッチ分野のECサイト運営まで!幅広い分野で展開されるエンファクトリーの複業事例

起業家のコンサルからニッチ分野のECサイト運営まで!幅広い分野で展開されるエンファクトリーの複業事例

エンファクトリー入社前にも、複数のWebサイトを運営する傍ら、新規メディアの立ち上げのディレクションを行い売り上げを立てていたという井川竜さん。

前回の記事では、個人で働くのではなく、エンファクトリーの仲間たちと協業することを選択した理由について伺いました。引き続き今回は、気になる社内の“複業事情”について語っていただいています!

井川 竜(いかわ めぐむ)

エンファクトリーでは主に新規事業開発を担当。自身もwebメディアプランナーとして、4つのメディア立ち上げを半年で行いながら、就職・転職情報メディアRplay、Coolhommeなど多数のwebメディアを立ち上げ、運用を手掛ける。

自由度が高い!エンファクトリーの複業事情

── 社内で複業をされている方というのは、定時後に社内に残ってお仕事をされているというような方が多いのでしょうか?

人によりバラバラですが、21時くらいまで自分のデスクでそのまま複業の仕事をしている場合が多い気がします。僕の場合、社内で平日昼間に複業の仕事をしてる時もあります

── そういうこともあるんですね!

はい、お客さまがいるので、自分で優先度を判断しています。僕の場合、お客さまのオフィスへ商談に行く必要があるケースもありますので、その場合はエンファクトリーの仕事を抜けて外出することもあります。

── その辺はかなり自由度が高いんですね。

そうですね。行く時にちゃんと共有すれば、そこは問題になることはありません。ただ、もちろんだからといって、日常の作業がなくなるわけではないので、社内の仕事はしっかり成果を生む。そういう信頼関係があってはじめて成り立つものだと思っています。

エンファクトリー社員間での連携について

── ちなみにご自身で運営されているメディアでは、エンファクトリーの他の社員の方と連携する機会はあるんですか?

僕の場合は意外とないですね。

── 中にはそういうケースもあるのでしょうか?

はい。例えば、新規でオウンドメディアを作りたいというニーズがあったとします。その開発・記事制作・マーケティング・運用などすべてを取り仕切る大きな仕事の話があった時に、自分一人で受託するにはリソースが足りないというケースがあったとします。

その場合、開発のリソースはエンファクトリー側で担当して、今後の運用については僕が担当しますといった連携をすることもあります。

── なるほど。そういった連携の仕方もあるんですね。

幅広い分野で展開される社内の複業例

エンファクトリー井川 竜1

── 井川さん以外の方に関しては、複業でどのようなことをされている方がいらっしゃるんですか?

例えば副社長の清水は、EC分野の中でも、ギフト・小包を作る部分に特化したジャンルで、超ニッチだけれども、一部に確実にニーズがある分野などでサービスを立ち上げています

あとは起業家のコンサルを受けているというような会社とか。他にもベトナムで仕事をしている社員で言うと、世界中を旅しながら、まだ文字起こしされてないような情報を拾ってくる仕組みを作り、それを国内でインバウンドマーケティング施策として売り出していたりとか。あとはエンジニアだと、自分で手を動かしてプロダクトを作るという例があります。

── なるほど。本当に様々ですね。

あとは、はなぺちゃ系のワンちゃん(パグ)の服に特化したメーカー×ECとか。

── ものすごくニッチに特化してますね!(笑)

はい、ものすごく幅は広いですね!万人にいいよねと言われるサービスよりも、一部の人に熱狂的に愛されるようなサービスを立ち上げる人が多いように思います。彼らと毎日ディスカッションしながら社内では共通のサービスを成長させるという環境は、非常に刺激的ですね。

<エンファクトリー複業事例一覧>

■清水 正樹
副社長(事業戦略・新規事業開発) × [複業]起業&Webプランナー

■山崎 俊彦
カスタマーサポート × [複業]犬用の手作りグッズ・洋服のインターネット販売

■石井 啓介
エンジニア/情シスインフラ × [複業]フィリピン オフショア企業

■高荷 智也
サービスディレクター × [複業]防災専門家
運営サイト「備える.jp」

■藤生 朋子
webデザイナー × [複業]人材系新規事業サービス
ワークハブ & チームネットワーキングサービス(企画/開発中)

複業によって得られた「経営視点」こそが、エンファクトリーの強み

エンファクトリー井川 竜2
── エンファクトリーさんが他の会社と違う点は、どういったところに感じますか?

個々の仕事に対するスタンスが根本的に他社と違うと感じています。例えば、個人で複業として行う仕事は、自分で全ての責任を持って意思決定をする必要があり、その決定がダイレクトに成果に反映されます。そうすると自ずと経営者視点で意思決定をする機会が増えざるを得ないと感じています。エンファクトリーではそういった視点を多くの社員が持っているというのが、組織として非常に稀有だと感じています。

枠にとらわれない!井川さんの今後のビジョン

── 最後に、井川さん個人のビジョンについてお聞かせください。

「ビジネスとして持続できるメディアを作る」、「フリーランスがプロジェクトベースで働くことのできる環境を作る」という2点を突き詰めていきたいと考えています。

一つ目の「ビジネスとして持続できるメディアを作る」ですが、最近のメディアの多くは持続性が欠けた設計になっていると感じることが多いです。メディア運営は非常にコストも体力もいりますので、運営したけども結果1年で終わってしまう、というケースが実は多かったりするのが事実です。

これをクリアするには、新しいメディアを立ち上げる者に経営感覚もあり、ディレクター感覚もあり、ライター感覚もあることが必要だと思っています。

なので、僕自身がこれらを兼ね備えた人材でありたいと考え、仕事をしています。そのため、今でも毎日記事を書きますし、記事の編集、企画、SEO施策のキャッチアップなどを行うようにしています。

二つ目に関しては、ここまで触れてきませんでしたが、「フリーランスがプロジェクトベースで働くことのできる環境を作る」という目標を掲げています。自分自身がフリーランスとして働く中で感じている「負」の側面を解決したいと考えています。

例えば、いちフリーランスの人間が大企業と直接契約を結ぶためには、様々なハードルがあります。そのため、フリーランスでできる仕事の幅が限られてしまうケースが多いと感じています。これは特にエンジニア、デザイナーなどの方に多いケースです。

こういった負の側面を少しずつ無くしていき、フリーランスが働きやすくなるような仕組みをサービス化すること。それをやりきって、「フリーランス領域でいったら井川だよね」といわれるような状態を作りたいと思っています。

── なるほど。実体験に基づいた課題を解決したいということですね。

そうですね。あと今僕が考えているのは、2年後にはエンファクトリーで毎日働くことはせずに、海外を浮浪しながら仕事をするということです。僕はある環境の中に入り込むと、そこを俯瞰してみる癖があるので、世界中を回る中でその国ごとのビジネス状況を肌で感じて、ビジネスを行いたい。そうすることで、今よりより大きな挑戦ができるのではないかと考えています。

── それはエンファクトリーさんの仕事を辞めて、個人でやっていくという意味ですか?

良い意味でどちらでも良いと思っています。そのタイミングでエンファクトリーと海外にいながら良い仕事ができそうな接点があれば、エンファクトリーの中でやるのもありですし、自分で作るのもありです。エンファクトリーには、「フェロー」という制度もありますので、この仕組みを最大限活かしたいと思っています。

あとは、会社として働き方の雇用形態を柔軟に選択できるようにして、それをしっかり保証できるような採用の仕組みを作っていきたいと思います。

例えばリモートワークで働くような社員をもっと増やしたり、お子さんをお持ちの方は時短の働き方でもいいと思います。それ以外にも外国人の方の雇用もあります。そういった柔軟な環境を、今のエンファクトリーで作っていく、実践者でありたいと考えています。

【編集後記】
今回の取材前までは「複業OK(むしろ専業禁止)」「独立も構わない」と聞くと、どこか“仕事だけの繋がり”になってしまうのではないかという印象がありました。しかし、経営者視点で考えれば、社員を自社の仕事だけに専念させることもできるのに、一人一人が本当の意味で自立できるように、こうやって体制を築いているのですから、むしろこれほどまでに社員のことを考えた組織はなかなか無いのではないでしょうか!『専業禁止』奥が深いですね。