社員全員リモートワーカー!世の中が求めていた自分らしい働き方を目指して── コデアル株式会社

社員全員リモートワーカー!世の中が求めていた自分らしい働き方を目指して── コデアル株式会社

人生の中で大きな時間を費やす「仕事」を「好きな人と、好きな時に、好きなことができる」ものにするためにはどうしたらいいのか?このテーマに対する答えを、自社の働き方だけでなく、高収入×リモートワークの求人サービスCODEALを通じて多くの人に体感させているコデアル株式会社。今回は代表の愛宕さんに理想とする「働き方」や「組織」について、スタッフの末永さんには自身の働き方について伺いました。

愛宕 翔太(あたご しょうた)

代表取締役社長 大学3年の夏から旧東京大学産学連携のデータマイニング企業「リッテル」(現在は株式会社ネクストに譲渡)にジョイン。東京大学経済学部経済学科卒業。大学では新宅純二郎先生の下、MOT (技術経営) を学ぶ。卒業後、買収先の株式会社ネクスト リッテル研究所に入社。新卒2年目で株式会社ネクスト新規事業部門にて、新規Webサービス「メンターズnet」を企画・実装(現在はサービス提供終了)。2012年にコデアル株式会社立ち上げ。コデアル株式会社代表取締役社長に就任。

末永 まり絵(すえなが まりえ)

デザイナー デザイン、コーディング担当。学生時代、Webサイトを作ったことがきっかけでWebの道に進む。はじめてのハッカソンを主催。勉強会の運営に携わるなど場づくりにも取り組む。2016年にコデアルにジョイン。

世の中が必要としていたリモートワークやパラレルワーク

── 本日はよろしくお願いします!早速ですが、なぜコデアルではリモートワークやパラレルワークを取り入れていたのでしょうか?

愛宕 翔太(以下、愛宕):コデアルは自宅の一室でスタートした会社で、当時はプログラミングの家庭教師事業やエンジニア向けの求人サイトを運営していました。少しずつ事業が軌道に乗り、1人で対応できる仕事量を超えてしまったので採用活動をすることになったんです。けど、全然上手くいかなくて。

そこで、働き方はリモートワークでもパラレルワークでもOKにしたんです!そうしたら一緒に働きたいと言ってくれる仲間が増えていったので、コデアルではリモートワークやパラレルワークといった働き方がスタンダードになっています。

── 採用活動がキッカケだったんですね!

愛宕:創業当初から目指すべき理念があったというよりは、そうしないと手伝ってもらえなかったのも事実ですね。この辺りは、Airbnbさんが創業当初に資金がないから自分たちの部屋を貸していたことと一緒かなと。僕たちも人が集まらないからリモートワークやパラレルワークを取り入れたという感じですね!

── 「すべての人にリモートワークを」というミッションも、この採用活動がキッカケで生まれたのでしょうか?

愛宕:そうですね!世の中の働き方を見ていると物理的な制約を受けていて自由とは言えない働き方をしている人が多いですよね。コデアルに集まってくれたメンバーも、リモートワークやパラレルワークといった物理的な制約を受けにくい働き方を望んでいました。「これは世の中が必要としている働き方だ!」って思ったんです。

結果的に、こういった働き方を広めていきたいと思うようになり、コデアルのミッションを「すべての人にリモートワークを」と定めました。

── コデアルが大事にされている価値観も同時期に?

愛宕:正直な話、創業して2年くらいは価値観を考える余裕もなく、ただ毎日必死に働き続けてました。なんとかギリギリの状態で会社の運転資金を稼いでいた感じですね(笑)

そんなとき、ふと「なんでこんなに頑張っているのか?自分たちは何がしたいんだっけ?」と思って。これは僕だけじゃなく、みんなで話し合うべきことだったので、泊りがけの合宿をやることにしました。2年間がむしゃらに走ってきた中で、自分たちが楽しかったことはなんだろう?逆にやりたくないと思ったことや大事にしたいと思ったことは何か?徹底的に話した内容をまとめたものがコデアルが大事にしている4つの価値観です。

理想の組織はスラムダンクの湘北高校!?

── コデアルにはリモートワークやパラレルワークをしている人が何名いますか?

愛宕:現在(※2017年7月時点)15人のメンバーがいますが、パラレルワークをしているのは8人で、リモートワークは全員してますね!コデアルの場合はオフィスに行きたいときや、定例ミーティングなどオフィスに集まった方が仕事が進めやすいときに出社をしています。それ以外で出社は求めてないので、基本みんなどこかしらでリモートワークしていますね。

── みんながそれぞれ自分らしい働き方をしてそうですね。

愛宕:弊社は国語100点・数学0点の人と、数学100点・国語0点の人みたいな両極端で個性が強いメンバーが多いです。自分と同じ考えの人と仕事する価値って僕はあまりないと考えていて。愛宕Aと愛宕Bがいても会話する価値って無いですよね(笑)そうじゃなくて年齢、性別、得意な領域、いずれは国籍も含まれると思いますが、そういった人達で議論するのが重要かと。育ってきた環境も違うから意見が変わってくる。だから「もっとこうした方が良い!」といったコミュニケーションが生まれる。結果、良い仕事につながっていくと思っていて。だからこそ、みんなそれぞれの特徴を活かして自分らしい働き方をして欲しいと思ってます。

── まさにダイバーシティですね!異なった個性を持つ集団が理想の組織ということでしょうか?

愛宕:そうですね!スラムダンクの湘北高校や弱虫ペダルの総北高校のイメージを目指してチーム創りをしています。

── と言いますと?

愛宕:ポジションを入れ替えると全然結果はでない。だからこそチームでやる意味があると思っていて。僕自身も欠点は多いし、不得意なこともあるので、みんなの得意や不得意が被ってない方が一緒にやっていて楽しいんです。

ソニーが昔だしていた求人の「生意気な人を求む」とか「英語でタンカを切れる人を求む」とかに近い感じかと。型にはまっていない人が好きだから、アクの強い人が集まるのかもしれないですね(笑)

── だからこそ、リモートワークやパラレルワークを含めて働き方を自分で選択できる組織にすることが重要なんですね。

愛宕:アクが強い人って、仕組みが出来上がってしまって指示通りにやらなきゃいけない環境だと仕事へのモチベーションが下がると思っていて。そういった人だからこそ、コデアルに関わる意義があって、自分らしい働き方ができていると思います。

「管理」ではなく「共有」しあう文化


── 事業としても高収入×リモートワークの求人サービスCODEALを展開しているコデアルだからこそお聞きしたいのですが、リモートワークやパラレルワークを企業が導入するメリットを教えてください。

愛宕:2つあって、1つは「一対多」でコミュニケーションがとれることですね。例えばオフィスに全員が集まっても「誰が、何を、いつ、どのようにやっているか」って共有しあうことは少ないと思うんです。あるとすれば、上長が一部メンバーの進捗管理をしているくらいかと。

一方でリモートワークやパラレルワークだと、オフィスに集まる機会が少ないのでチャットを活用したコミュニケーションをとります。この場合、誰かに管理されるわけではないので、みんなに自分の状況を伝えるために自然とチャット上で共有しあう文化が生まれるんですよ。

「一対多」のオープンなコミュニケーションがチャット上で行われると情報格差も無くなるし、問題がおきてもリアルタイムで場所を問わずに把握できるようになるのはメリットだと思います。僕自身もチャットを見てて、ここ問題だなって感じたらすぐ手を打ったりしていますね。

── 確かにチャット上でやり取りが可視化されると課題が見えやすいと思うので、経営の観点から見て大きなメリットがありますね!

愛宕:もう1つのメリットは採用がしやすいことですね。CODEALの利用者を見ていても、リモートワークやパラレルワークができるなら働きたいと思う人は数多くいます。企業側からすると近年は求人倍率も上がっていると思うので、欲しい人材を集めるのに有効な手段だと思います。

── パラレルワークと似て非なるものだと思いますが、副業に関してはどうお考えですか?

愛宕:残業にも関連する話ですが、基本的には仕事が早い人ほど得をする世の中にしていかなければいけないと思うんです。最悪なのは残業代が出るから遅くまで残って仕事しようという考え方じゃないですか。全く意味がないし会社的にもマイナスしかないと思うんです。だから仕事を早く終わらせられるんだったら、副業をして全く問題ないかと。

例えば、早く仕事が終わってないと副業はできないルールにすると、早く仕事を終わらせられる人が集まってくるはずです。これは残業代が削減できる企業側にもメリットがあるし、当事者も副業できたり、家族との時間に使えたり、メリットがたくさんある。まさにWIN-WINの関係じゃないかと思ってます。

働くがもっと自由になった方が楽しい


▲第1回コデアル合宿

── 多様性のある働き方ってなぜ必要だと考えていますか?

愛宕:一般論で言うと、少子化で子供が減ると人口が減り、経済活動が行われないことで国力が伸びず、働く人がどんどんいなくなるから必要なのかと思います。だから多様性のある働き方を認めて労働力を増やそうと。

もちろんそれは大事だと思いますが、そもそも個人的には「働くこと」自体が自由に選択できないのが嫌なんです。働く時間って人生の中で寝る時間に匹敵、もしくはそれ以上に長い時間になりますよね。これが自由じゃないってみんなも絶対嫌だと思うんです。すごい時間を投資しているわけだし、そこがもっと自由になった方が楽しい!全然論理的じゃないけど、僕自身はこの想いが一番大きいです。だからそれを目指して突き進むために、多様性のある働き方は必要だと考えてます。

── 愛宕さんの中で「楽しい」と「楽」ってどう違うのでしょうか?

愛宕:「楽しい」は誰かのために何かするから「楽しい」と感じるのかと。コデアルでも「ユーザーの皆様に価値提供していこう」と社内で話しますが、他者がいままで体験できなかったことを体験させて「メッチャいいよ」って言われることが「楽しい」と定義してます。

一方で「楽」は自分の中で完結している。好きなだけごはん食べて何もせずに生活するとか(笑)自分の中で完結して他者への影響がないものが「楽」。ここに違いがあると思います。

── 最後に、コデアルではどういった人と一緒に働いていきたいか教えて下さい。

愛宕:世間で言われている優秀な人に違和感を感じていて。偏差値教育じゃないから会社における優秀な人って変動的だと思うんです。例えば英語100点、国語0点の人は国語の問題をやらなければ優秀じゃないですか(笑)だから本質的に優秀な人なんていないかと。

── 確かに働く環境によって優秀の定義は変わる気がしますね。

愛宕:この前提の中で一緒に働きたいと思う人は、ユーザーに最高の体験を届ける手助けができる人だと思っています。コデアルが大事にしている4つの価値観の1つにも記載している「空気を読むな。時代の流れを読め」というのを実現させる力のある人と一緒に働きたいです。

例えばデザイナーでいうと最高の体験を届けるためのUI、UXを表現できる人とか。営業であれば、どんなトークをしてお客様に心地よく体験させる手助けができるかというのが重要ですね。得意分野は違っていいと思いますが、ユーザーに最高の体験をさせてあげられる人、あげたいと想っている人と一緒に働きたいです。

── 貴重なお話ありがとうございました。

リモートワーク×パラレルワークで自分らしく働く


──続いて、コデアルでデザイナーとして働かれている末永さんにインタビューさせていただきます!先ほど愛宕さんから社員全員がリモートワーカーとお聞きしましたが、末永さんは何故そういった働き方をしようと思ったのでしょうか?

末永 まり絵(以下、末永):家庭の事情で実家のある福岡に帰らなければいけなくなってしまったことがキッカケです。「はじめてのハッカソン」という勉強会を個人で主催しているので、継続していくためには東京と福岡の二拠点で仕事をするしかなくて。

そんなときにコデアルと出会い、リモートワークやパラレルワークを推奨してくれたので自分らしい働き方として二拠点生活をすることにしました。

── リモートワークやパラレルワークをして良かったと感じている点を教えてください。

末永:特に強く感じているのは仕事をする上で制限がなくなることかと。リモートワークをすることで場所の制限がなくなるので、「好きな人と、好きな時に、好きなことを。」が体現できるようになります。

また一企業だけで仕事をすると、このCMS(※)しか使っちゃダメとかの制限が結構あって。パラレルワークをすると案件ごとに作業する環境が違って、色々なサービスやシステムに触れることができるので良い刺激を受けられるし、勉強にもなりますね。

CMSとは…コンテンツ・マネジメント・システムの略で、Webサイトを管理・更新できるシステムのことをいいます。


── パラレルワークで色んな案件にふれると、デザインの幅も広がりそうですね!

末永:一案件のデザイン業務だけをしているとアイディアに詰まって視野が狭くなってしまうことはありますね。複数のお仕事をさせていただくと、一度リセットして頭を切り替えながらデザインするので、結果的に良いアイデアが思い浮かぶことがあるのはメリットだと思います。

──逆に大変だなと思う点はありますか?

末永:1つはスケジュール管理ですね。私の場合は自分の体調を見ながら1日のスケジュールを変えてますが、最初は無理をしない範囲で且つ与えられた仕事をしっかりと終わらせるペース配分が難しかったです。ここは慣れていくしかないと思っています。

また、自分で作業環境を用意しないといけない点はデメリットに感じる人もいるかと思います。クライアントからの依頼内容によっては作業する環境で固定IPを求められることもあって。そこまで個人や自宅で用意できないので、対応できなくて申し訳ない気持ちになります。

──ありがとうございました!

編集後記

社員全員がリモートワーカーというコデアル。

オフィスに全員が集まることが少ないため、進捗管理やコミュニケーション面でどういった工夫をしているのか?その答えは誰かが「管理」することではなく、オンライン上で一対多のオープンなコミュニケーションによる「共有」しあう文化にありました。

多様性のある働き方を実現していくためには、リモートワークは有効な手段の一つだと思います。コデアルはリモートワークのリーディングカンパニーとして自分らしく働ける人を増やしていく。そんなことを感じさせてくれた取材でした。 

▼今回お話を伺った会社
コデアル株式会社

このエントリーをはてなブックマークに追加
TAGS
もっと便利に!

記事のクリップを使ってオリジナルのライブラリを作りましょう。

すでにアカウントをお持ちの方
or

ソーシャルアカウントで登録/ログイン