限られた時間の中で、より良い質の「生きる」と「働く」を ── クリニカル・プラットフォーム

限られた時間の中で、より良い質の「生きる」と「働く」を ── クリニカル・プラットフォーム

パラレルキャリアを「制度」としてではなく、「文化」として取り入れているクリニカル・プラットフォーム株式会社
そんな同社で、正社員として働くかたわら、自身の会社を経営している堀辺憲さんと公認会計士をしている﨑田博之さんから、パラレルキャリアの苦労話や、経験したからこその気づきについてお話して頂きました。

第1回
「制度」ありきで働き方は改革されない。パラレルキャリアを「文化」にするクリニカル・プラットフォーム
第2回
限られた時間の中で、より良い質の「生きる」と「働く」を ── クリニカル・プラットフォーム

﨑田 博之(さきた ひろゆき)

2007年に監査法人トーマツ(現有限責任監査法人トーマツ)に入所、マネジャーとしてIT業界、小売業、製造業、商社等への監査・IPO準備支援、組織構築・業務改善・M&A・事業計画作成等のコンサルティング・アドバイザリー業務に従事。2016年よりクリニカル・プラットフォーム株式会社に参画し、ファイナンス業務及びコーポレート部門の立ち上げに携わる。公認会計士。

堀辺 憲(ほりべ けん)

1996年に株式会社クボタ、2004年に3M Japanにおいてセールスならびに事業開発、マーケティングに携わる。 2012年より株式会社ディー・エヌ・エーでコーポレートコミュニケーションに従事し、一般社団法人日本ソーシャルゲーム協会(JASGA)の啓発委員も務める。以降、コイニー株式会社、株式会社ビズリーチ、クリニカル・プラットフォーム株式会社などのスタートアップ、IT企業でPR部門の立ち上げやマネージメントに携わる。2016年1月にmixtape合同会社を設立。サポートのためのワークフロー管理ツール「formrun」を開発。共同創業者 兼事業統括責任者として、プロダクトマーケティングを推進。2016年12月のリリース後、6ヶ月で1,800を超えるユーザーを獲得。

仕事の時間、家族の時間、そしてパラレルキャリアの時間

── クリニカル・プラットフォームで働きながら会社を経営しているということですが、かなり大変そうだなと…実際いかがですか?

堀辺 憲(以下、堀辺):大変ですね。業務時間を除いた時間は自分の会社の時間として使えるわけですが、夢中になって経営していると結果的に睡眠時間を削ってしまい、体調管理が大変です。そいういう意味では、パラレルキャリアの中で最も難しいのはタイムマネジメントなのではないでしょうか。

私自身は、自分の想いや目標を実現するためにパラレルキャリアを選択しているため、シンプルな労働時間としての認識はしていません。

── ちなみにご家族との時間は?

堀辺:家族との時間も大切にしています。子どもは成長が早くて、その時間はかけがえのないもので、その時にしか得られない体験があるんじゃないかなと思っています。やりたいことを叶えるためには犠牲にしてしまうことも沢山ありますが、それを言い訳に家族との時間を犠牲にしないようにしてます

ただ、子どものイベントや、家族でキャンプや旅行に行った時、会社の連絡をついついスマホで見て仕事してたりすると家族から「こういう時に仕事するのやめてほしい」とか言われて、そういう時は凄く反省します。

より高い質を限られた時間で目指す働き方


▲同社では「医療者が質の高い医療を提供するために、医療に専念できる環境を整備すること。」として電子カルテのサービスを行っています。そのため、紙を食べてくれるヤギがキャラクターに。

﨑田 博之(以下、﨑田):家族との時間でいうと、うちのメンバーの大半は就業時間中にきっちり集中して仕事をして、就業時間が終わればすぱっと切り上げます。
家族との時間や仕事以外の時間も大切にする切り替え上手な人が多いですね。

── そうなったのには何か理由があるんですか?

﨑田:うちのサービスのミッションが「Better Quality with Less(質の高い仕事を、少ない労力で)」なんです。
このミッションを掲げている以上、自分たちが「質の高い仕事を、少ない労力で」を実践しないとイマイチじゃないですか。外部にはそんな風に提言してるのに自分たちがハードワークだったら説得力がないと思います。
なので、限られた時間の中でも質が担保できるように仕事に取り組んでいます。自分たちのサービスが目指している方向性を自ら実践していかないといけないという意識が強いです。

堀辺:代表の鐘江自身も「Work Smart」というのを心掛けています。限られた時間の中で仕事のパフォーマンスを発揮して、業務外の時間では、家庭や趣味など選択できる時間をしっかりと持ってほしいとメンバーに発信しています


▲同社の掲げる「Work Smart」はコーポレートサイトのカルチャーページに記載されています。

── 鐘江さんが「Work Smart」を実践しているから、メンバーの皆さんもやってみようと思える部分も大きいですよね。

堀辺:大きいと思います。単純計算にはなりますが、1日の8時間、つまり3分の1が働く時間と考えた際、生涯の中で働くことが占める割合は大きい。一日の時間の過ごし方や考え方を変えることで、より素敵なワークライフバランスを実践できるのではと思います。

「何を」「誰と」「何のために」があるからやり遂げられる

── パラレルキャリアを容認してくれる企業さんは増えていますけど、そんな中でもクリニカルプラットフォームを選んだ理由って、そういった鐘江さんの考え方や人柄に惹かれたからなんですかね?お話伺っていて凄く感じました。

堀辺:「何をやるのか」と「誰とやるのか」という2点を大切にしています。
「何をやるのか」という点では、自身が興味関心の高い課題や社会が直面する問題に対して、どう携わり、どう解決するのかという点です。

そして、「誰とやるのか」の点ですが、人と人とが掛け合わさった時に生まれるアウトプットは非常に大きい。論理的に思考するのが代表の鐘江の強みで、私とタイプは全く異なるんですが、お互いの強みを生かし、役割は異なれどともに社会が直面するヘルスケアの課題解決に向けて取り組むことはチャレンジングで、充実した時間を過ごせています。

── パラレルキャリア自体も「何をやるか」「誰とやるか」を意識されてるんですか?

堀辺:意識しています。
与えられたからやるアサイン型ではなくて、誰もやっていなくても、そこに自分が取り組むべき価値があると覚悟と決意を持つことが重要だと思います

何事も、伸びる時もあれば低迷する時もあって、低迷してる時も逃げずにグッとこらえて成し遂げるには「覚悟」がないと難しいです。そのため、揺るがない信念を持っていないと、パラレルキャリアを続けていくことは難しいのではと思います。

── 「もっとこうしたい」「叶えたい」という強い想いがパラレルキャリアを続けていける一つの方法でもありますよね。


── 﨑田さんがパラレルキャリアをされている理由ってなんですか?

﨑田:日々、この組織に貢献できる人間でいるためには自分の知識・スキル・経験をアップデートしてかなければならない一方で、限られた環境のみでそれを実現していくには限界があると感じています。なので、自分自身をアップデートすることで組織に貢献し続けることを目標にパラレルをやっている感じですね。

── 現時点で構わないですが、パラレルキャリアを通して自分自身がアップデートできていると感じますか?

﨑田:感じますね。元々、私がクリニカル・プラットフォームに参画したのは、プレイヤーとして仕事をしたいと思ったからです。公認会計士は職業柄、プレイヤーではなくサポーターとしてビジネスに関わる機会の方が圧倒的に多いです。もっとビジネスの中に入り込んで行う立場ではないので、「自分が入り込んで仕事をしたい、プレイヤーになりたい」という想いがありました。

プレイヤーとしての経験を積んでいくとプレイヤー側の勘所がわかってきてサポーターとしての質も上がる、逆にサポーターとして冷静な立場での機会もあることでプレイヤーとしての質も上がる、という仮説を持って、パラレルキャリアを実践しています。
実際にどちらも行ってみて、自分の中で好循環が生まれているという実感があります。

── 経験して学べることって沢山ありますよね。

﨑田:会計士としてやっている仕事でも、自分が会社員として仕事をしていることで分かる部分が沢山ありますね。

会計士の業務は「あるべき」を上から落としていくトップダウンのアプローチが多く、そのアプローチでクライアントの方にアドバイスして、「今のうちのリソースとカルチャーでは無理です」となってしまう、みたいなことも多々経験してきました。もちろんそういう視点も必要なんですが、今は自分が実践する側にもいるので、実務に即した現場感のあるソリューションも考えられるようになってきたかなと思います。

堀辺:色んな視点から物事を見れるようになることってとても重要ですよね。

﨑田:重要ですね。でも、そういった視点を持てるようになる機会を一つの会社が提供するには限界がありますからね。

パラレルキャリアを始める前に考えるべきこととは

── 色んな場所で色んな価値を見つけられるのがパラレルキャリアのいいところですよね。

堀辺:そうですね。最近はパラレルキャリアが各メディアで多様な働き方として取り上げられ、トレンド化しつつありますが、ご検討されていらっしゃる方には是非、「なぜパラレルキャリアを実践するのか」を考えてもらえればと思います

パラレルキャリアを選択しなくても、実現できる可能性があるかもしれない。パラレルキャリアをはじめようと思った時に果たしてそのパラレルキャリアは自分にとってどういう位置づけなのかを確認することは大切です。自分の想いや願い、情熱を通じてキャリアを具現化できる、その手段としてパラレルキャリアを選択してもらえればと思いますね。

── 色んな選択肢の中から自分に合った働き方・生き方をすることが大切ですよね。
本日は貴重なお話ありがとうございました。

まとめ

「周りがやってるからやってみよう」「会社にやれって言われてるしな…」という理由でパラレルキャリアをやっても、それが果たして自分のためになるか分かりませんよね。

限られた時間の中で、自分にとって何を優先したら満たされるのか、質の高い人生を送れるのか、それを叶えるためにパラレルキャリアという手段があるのだと、今回の取材を通して気づくことができました。

また、取材が終わった時間は19時を回っていたのですが、お二人以外誰もおらず、みなさん「Better Quality with Less」を実践していて素晴らしいなと思いました。


▲皆さん19時の時点で帰宅されていました。

そんな遅い時間まで、取材を快く受けて頂いた、堀辺さん、崎田さん、ありがとうございました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
TAGS
もっと便利に!

記事のクリップを使ってオリジナルのライブラリを作りましょう。

すでにアカウントをお持ちの方
or

ソーシャルアカウントで登録/ログイン