<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1176794389076832&ev=PageView&noscript=1" />

子育てを抱え込まなくても良い世の中に。人と人の繋がりがつくる、新しい家族のかたち

子育てを抱え込まなくても良い世の中に。人と人の繋がりがつくる、新しい家族のかたち

子育てを抱え込まなくても良い世の中に。人と人の繋がりがつくる、新しい家族のかたち

日本には、実親と暮らせない子どもが約4万5000人存在します。そのうち、里親の家庭で暮らす子どもは約5600人しかいません。

今回お話を伺った千葉彩さんは、歯科医師として働きながら「里親」の認知を広げるためにさまざまな活動を行っています。

千葉 彩

一般社団法人『RAC』代表理事。歯科医師、医療系ベンチャー勤務。グロービス経営大学院 経営研究科卒(MBA取得)。社会的養育、特に「養育里親」(里親)を広く知ってもらうための情報発信を行っている。

里親の普及団体『RAC』を立ち上げる

早速ですが、千葉さんは現在どういった働き方をされているのでしょうか?

(千葉彩さん以下、千葉):週3日は訪問歯科医師として、高齢者の介護施設や居宅に伺い診察・治療をしています。月に1〜2日は製薬のベンチャー企業の社外取締役として働き、週1〜2日は『RAC』での活動をしています。

RACでは里親制度の普及活動をされているそうですが、立ち上げの背景にはどんな想いがあったのでしょうか。

千葉:大学生の頃、歯学部に通っていたこともあり、周りには裕福な家庭で育った人がほとんどで、お金や家族関係で困っているという話を聞いたことがありませんでした。

そんな中、親がいなくてお金もない子どもたちはどうやって困難を乗り越えるのか?という疑問を持ち調べてみると、自分が想像していた以上に大変な生活をしていることがわかりました。

仕事をしながらでも子どもたちの支援ができる里親という制度を知り、将来は歯科医師をしながら、里親になると決めました。

里親というと、「理想の家族を作る必要がある」、「親としての責任を一生涯背負う」など少し重たいイメージがありますが、実際には、国からの援助を受けて短期間子どもの世話をする、という寮母さんのようなかたちも存在します。

しかし、短期の里親や数ヶ月に一度子どもを預かるといった制度はまだまだ認知度が低いのが現状です。 

子どもが求めているのは、頼れる大人の存在と生活の場

たしかに、国からの援助があったり、短期間であれば自分でも里親になれるかも!という気がしてきます。

千葉:子どもたちの中には、「親」が欲しいのではなく、頼れる身近な大人の存在を必要をしている場合もあります。ある一定期間の受け入れ先として親戚のような存在が各地域にいれば、支援する側の負担も比較的軽くなります。

子どもの年齢によっても、里親に求めるものは違ってきそうですね。

千葉:中学生や高校生の場合、あと数ヶ月でその学校を卒業できたのに、保護されてしまったために、転校せざるを得なくなる場合もあります。そういった子どもが必要としているのは、親の存在よりもまず生活を確保できる場所です。

学校に通うために部屋を貸してほしいと願う子どもと、部屋がひとつ余っているのであれば貸すことは問題ないと考える大人が、もっとうまく出会っていけるように、ぜひ多くの方に里親制度を知ってもらいたいです。

RACは具体的にどんな活動をされているのですか?

千葉:『里親ひろめ隊』と『近所de過ごし隊』というふたつを軸に活動しています。

『里親ひろめ隊』は、短期の里親制度があることや、定期的に子どもを受け入れる「週末里親」の認知を広めるために、イベントなどを開催しています。

イベントのゲストには、直接里親ではないけれど、実は仕組みとして里親のような役割を担っている人を呼ぶことが多いです。前回はシェアハウス、高齢者向けの住宅などを運営している方をお呼びしました。

『近所de過ごし隊』は、保護を必要としている子どもたちが、近所の協力家庭で過ごせるように、周りの家庭と交流できる仕組みづくりをしています。

イベントに参加される方はどんな方々なのでしょう。

千葉:元から里親に興味がある方もいますが、最近では、児童虐待の事件の影響も大きく、ニュースを見て心を痛めた方が、自分にも何かできないかと考えてボランティアに参加していただくということも多いですね。

※社会的養護…保護者のない児童や、保護者に監護させることが適当でない児童を、公的責任で社会的に養育し、保護するとともに養育に大きな困難を抱える家庭への支援を行うこと。

周囲とのつながりが、虐待やネグレクトから親子を救う

児童虐待のニュースはなくなりませんね。千葉さんは、児童虐待が起こってしまう一番の原因は何だと考えますか?

千葉:私も子育てをしていて泣きたくなることもありますし、手をあげたくなる気持ちもわかるので、こうした事件が起こってしまうのはとても悲しいです。原因のひとつとしては、密閉した空間に親子が閉じ込められているのが大きいと思います。

私は夫が海外に単身赴任していることもあり、子どもふたりといっしょに『マナハウス』というシングルマザー向けのシェアハウスに住んでいますが、他の人の目がある環境では手をあげそうになったとしても踏み留まることができます。

複数の大人たちと関わりのある環境で子育てをすることが、当たり前になると良いですよね。

千葉:今の社会では、「子どもは母親が責任を持って面倒をみなくてはいけない」という圧力が強すぎて、何か問題を抱えていても、それを隠すという行動をとってしまいます。その責任をみんなで分散して、大人がストレスを発散できる環境が必要です。

虐待やネグレクトという状態になる前に、親もSOSを出していると思います。そんなとき、日頃からご近所や知り合いとのつながりがあれば、子どもや親からのSOSに気がつくことができるはずです。

多様な大人の姿が、選択肢のある未来をつくる

千葉さんご自身が里親になりたいという夢は叶ったのですか?

千葉:実は周囲の意見などもあり、私はまだ里親になることができていません。それがずっとコンプレックスでしたが、今となっては強みでもあると思っています。

というのも、里親に興味があるけれどなれない、という人はとても多く、RACでの活動はそういった方々でも何らかのかたちで、地域の子育てに関わることができることを啓発しています。私と同じような方々の「何かしたい」という想いに火をつけることができると良いと思います。

千葉さんが、RACの活動を通して実現したいことは何でしょうか。

千葉:「子どもは家を選べない」という現状を里親の制度で変えていけたらと思います。例えば、週2日は自分の家、5日は他の家に行くという選択ができれば、家庭に問題があったとしても状況の悪化を防ぐことができます。

自分の家庭だけしか知らない場合、大声で怒られて育ったとすると、自分が子どもをもったときに、そのやり方しか再現することができません。親がうまく他の人を頼っていれば、頼ることは悪いことじゃないと考えられるようになります。

里親制度が多くの人にとって身近になり、子どもたちに多様な大人の姿を見せることで、生き方の正解はひとつだけじゃないと子どもたちが知ることができればと思います。

取材を終えて

「里親を必要としている子どもたち」その存在をどこか遠くに感じていましたが、虐待やネグレクト、その一歩手前であるというSOSは、今も近くで発せられているかもしれません。

家庭を越えたゆるい繋がりがあることで、「人を頼っても良いのだ」と安心して生きられる仕組みは、社会全体にとっても必要なことだと感じました。

▼RACの情報はこちらから
https://www.rac-foster.or.jp/