家では子どもの家庭訪問まで対応!ChatWork開発の一端を担う、リモートワーカー小野澤さんの日常

家では子どもの家庭訪問まで対応!ChatWork開発の一端を担う、リモートワーカー小野澤さんの日常

ChatWorkのカルチャーについて伺った前回に引き続き、第4回目となる今回はフルタイムのリモートワーカーとして働かれている、エンジニアの小野澤さんに日頃の様子について伺いました!

第1回
実はバリバリの体育会系だった!? ChatWorkが自社のビジョンに込めた想いとは?
第2回
ChatWorkの働き方を徹底解剖!紙は不要、電話も不要。でも「対面」でのコミュニケーションは大切に
第3回
Botの活躍に“らしさ”が表れてる!? 効率化に「遊び心」を加えたChatWorkのカルチャー
第4回
家では子どもの家庭訪問まで対応!ChatWork開発の一端を担う、リモートワーカー小野澤さんの日常
第5回
非IT業界、大手、そして海外企業にも導入を!ChatWorkが歩む今後の道のり

山田 葉月(やまだ はづき)【広報室 ディレクター】

ロンドン大学を卒業後、仏系外資化粧品会社に入社。PRコーディネーターとしてパブ獲得やタイアップ、イベントのディレクションに携わる。2012年に大手インターネットサービス会社に入社。国内PRとグローバルPRを兼務し、取材ピッチングやイベント企画運営を行う。2015年12月にChatWork入社。広報室のディレクターとして国内外のコミュニケーション戦略の立案実行に従事する。

小野澤 洪作(おのざわ こうさく)【アプリケーション開発部 エンジニア】

2015年8月にChatWorkに入社。現在Androidアプリ開発に関わっているエンジニア。現在は週5で自宅から仕事をするリモートワーカー。

気軽に家族も参加できる「ChatWork飲み会」

── 小野澤さんはご結婚をされていて、お子さんもいらっしゃるんですよね?

小野澤:はい。いますね。中1の娘と、小5の息子です。

山田:この間、お嬢さんが会社の飲み会に来てくれて。

── 子どもを自分の職場に連れて来たり、同僚を知ってもらえるっていうのは良いですね!

小野澤「ChatWork飲み会」って、家族だけじゃなくて、付き合っているという段階の人でも連れて来ていいというくらい、わりと自由な感じなんですね。そういうのもあって娘もちょうど暇そうにしていましたし。

山田:仲良いですよね。中学生くらいになるとパパと一緒にお出かけするってなかなかないですよね。

小野澤:この間、一緒に(映画)『君の名は。』を観に行ったんですが、その日はそれを観るために仕事を早く上がったんですよ。夕方の6時半からの回を観たいから「じゃあ、5時半に仕事終わらせよう!」って。

── そういうモチベーションの作り方いいですよね!うちなんかも子どもがいるので、中学生くらいまで仲良くできるかな?って思っちゃいますけど(笑)でもやっぱりお子さんにとっても、お父さんが働いている姿を見られるのって良いですよね。

小野澤:僕はAndroidアプリの開発をしているので、基本的にスマホをいじっている事が多いんですね。だからあんまり仕事してる感じに見られないので、「本当に仕事してるの?」って言われることはありますけどね(笑)

自宅で仕事をすることで、家事や家庭訪問まで!

── 小野澤さんは基本的に週5フルタイム、ご自宅でお仕事を?

小野澤:そうですね。月に2〜3回くらいは会社に行くかなという感じです。娘からは「もう少し行きなよ」って言われますが(笑)

一同:(笑)

── 奥さまからは何て言われていますか?

小野澤:妻は看護師で土曜も仕事なので、平日のどこか1日が休みなんです。それで「平日も家にいるからくつろげない!」ってからかわれてます(笑)

── 切ないっ…!(笑)でもご自宅に居られるってことは、家事をやったりされるわけですよね?

小野澤:そうですね。掃除したりとか、雨降ってきたら洗濯物を入れたりだとか。

── 仕事に行かれる奥さまからしたら、すごく助かりますよね!

山田:家に居ると隙間時間でちょっとした洗い物ができたりするのがいいですよね。

小野澤:あとは家庭訪問の対応とか。

一同:家庭訪問!

── 家庭訪問、普通のお父さんはなかなか出られないですよね。

小野澤:息子の担任からは「今日奥さまは?」「あ、仕事です」って。僕が仕事をしてない人かと思われているんじゃないかと(笑)

リモートワーカー小野澤さんのタイムスケジュール 

── 一日のスケジュールはどのような感じですか?毎日、奥さまのお仕事だったりお子さんの状況で変わったりするんですか?

小野澤:基本的にあんまり変わらないですね。朝は早くて5時から6時の間に起きて、30分走って、ご飯食べて、シャワー浴びて、子どもたちが出掛けてから掃除機かけるみたいな。

── へー!主婦か!みたいな(笑)

小野澤:それで9時くらいから仕事を始めます。家に居るので、10時から始める必要もなくて。早ければ8時半とか9時くらいから働くこともあります。それで大体、夜の6時か7時くらいになったら終わる感じですね。テレビ見て家族がワイワイやってる横では仕事にならないので(笑)

それで家族とご飯を食べて、テレビとか見たりして、夜の9時くらいからは別の副業とかやってます。それも同じAndroidアプリ開発なんですけど。

本業だけだと技術的にも偏るので、副業のほうで本業ではやっていないようなことを意識して経験するようにしています。そんな感じで夜の12時くらいまでやってます。なので働いてる時間は長いほうですね。

リモートワークに切り替えた理由は「片道2時間半」の通勤時間

── ご自宅から会社まで、どのくらいかかりますか?

小野澤:今日は7時半に出ましたね。それで10時前くらいに着きました。

── 片道で2時間強ですね…。実際、それくらいの時間がかかると会社との往復だけでもかなりの時間になってしまいますよね。

小野澤:そうですね。ただ、ChatWorkに入ってすぐは毎日通っていたんです。リモートワークができるから入ったというわけではないので普通に通ってたんですけど、1ヶ月くらい経ってやっぱり時間がもったいないなと考えて、そこからですね。

去年の8月に入社したんですけど、8、9月は普通に会社に来ていて、10月くらいから少しずつリモートになって、12月で完全にリモートに切り替えることを願い出て許可されました。

── では、なにか特別な理由があったというよりは、もっと効率的に仕事しようといった理由で?

小野澤:そうですね。ちょっと時間がもったいないなと感じたので。

東京・神奈川・山口。チームのメンバーは各地に点在

── 普段、チームでお仕事をされていらっしゃると思うんですが、何名くらいの方と頻繁にやり取りをされてますか?

小野澤:Androidアプリ開発チームは3人なんですけど、東京に一人、山口県に一人、僕が横浜なので、その3拠点でやっています。

── じゃあ基本、みなさんリモートなんですね。対面ではなかなか会う機会はないですか?

小野澤:そうですね。僕は気軽に会社に来れるんですけど、山口のメンバーはなかなか頻繁には来れないので、せめて2ヶ月に1度くらいは出張で来てもらってコミュニケーションを取れるようにしています。

── ちなみに山口の方っていうのは、元から山口にいらっしゃる方なんですか?

小野澤:地元が山口県なんですね。一時期は東京で働いていたらしいんですけど、山口に帰って仕事をして、そこでChatWorkの社員と繋がりがあったようなんです。それで入社することになったという。

── では始めからリモートワークありきなんですね。

小野澤:そうですね。そうなります。

30分中25分が雑談?「ChatWork Live」で行うチームの朝礼

── 普段は基本的に、チャットワークのチャットを使ってコミュニケーション取られてらっしゃるんですよね?

小野澤:そうですね。iOSのチームはメンバーがほとんど大阪なんです。大阪オフィスに2人と大阪の自宅でやってる人1人と、東京に1人なんで、うちの部自体が結構リモートやっている人が多い感じです。

毎朝、部の朝礼っていうのをやってるんですけど、それを30分くらいやって・・まあ雑談だけなんですけど。

── 「ChatWork Live」を使って?

小野澤:ですね。全員拠点が違うという。大阪オフィスと東京オフィスに1人ずついて、あとは全員自宅みたいな。みんなバラバラで。

── 朝礼ってどんなことをやってらっしゃるんですか?

小野澤ほとんど雑談でくだらない話してます(笑)まあ、コミュニケーションがメインなので。30分のうち雑談が25分とか。

── 意外と長い!(笑)

小野澤:で、残りの5分くらいで今日やることについて話します。雑談が盛り上がっているとたまに30分過ぎちゃいますが。

── そういう仕事の始め方とか、マネージメントの方法もチーム毎に委ねられている感じですか?

山田:そうですね。マネージャーやチームリーダーに任されていますが、大枠だけカチッと決めて、あとは各々やりやすいように考えてやって下さいという感じです。

リモートワークで良かった点・困っている点

── 現在は毎日リモートワークで働かれているわけですけが、この働き方で良かったという部分と、これは今ちょっと困っているという部分は?

小野澤:そうですね。それも朝礼の時にメンバーと話したんですけども、「そんなに困ることってないよね」っていう話になって(笑)強いていうなら「運動不足」ぐらいかなという結論になって。

── 確かに。通勤がないですもんね。

小野澤:今日も走ってないですけど、雨の日は大体走れないので運動不足が心配というぐらいですかね。逆に良かった点としては、やっぱり時間が有効に使えるっていうことです。

コミュニケーションに関しては「オンライン」と「オフライン」で分けて、特に新しく入った人はオフラインの飲み会にも参加してもらうようにして、それ以降はチャットでやりとりするという流れですね。

会ったことのない人とチャットで話すのって結構難しいですよね?でも、一回でも対面で話していればチャット上でも気楽に話せます。

社長の山本も言ってましたが、効率だけ重視するのならリモートワークだけでもいいですけど、たまには“オフィスでの出会い”も必要。

なので、例えば「他部署の人とランチ」みたいなのは結構大事にしていて、そこからいろんなアイデアを出していったり、対面だからこそ伝わる内容というのもやっぱりあるので。そういう機会は大切にしてます。

 

今回はここまで!最終回となる次回は、ChatWorkの今後の展望について伺っています。引き続きご覧ください!

非IT業界、大手、そして海外企業にも導入を!ChatWorkが歩む今後の道のり

第1回
実はバリバリの体育会系だった!? ChatWorkが自社のビジョンに込めた想いとは?
第2回
ChatWorkの働き方を徹底解剖!紙は不要、電話も不要。でも「対面」でのコミュニケーションは大切に
第3回
Botの活躍に“らしさ”が表れてる!? 効率化に「遊び心」を加えたChatWorkのカルチャー
第4回
家では子どもの家庭訪問まで対応!ChatWork開発の一端を担う、リモートワーカー小野澤さんの日常
第5回
非IT業界、大手、そして海外企業にも導入を!ChatWorkが歩む今後の道のり
このエントリーをはてなブックマークに追加
TAGS
もっと便利に!

記事のクリップを使ってオリジナルのライブラリを作りましょう。

すでにアカウントをお持ちの方
or

ソーシャルアカウントで登録/ログイン