<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1176794389076832&ev=PageView&noscript=1" />

都心で疲弊している人に伝えたい。あなたは都心と田舎、どっちを選ぶ?──株式会社あわえ 山下 拓未

都心で疲弊している人に伝えたい。あなたは都心と田舎、どっちを選ぶ?──株式会社あわえ 山下 拓未

都心で疲弊している人に伝えたい。あなたは都心と田舎、どっちを選ぶ?──株式会社あわえ 山下 拓未

「日本の地方を元気にする」というビジョンを掲げ、徳島県美波町から全国の地方に向けて地域課題解決ソリューションを提供をしている株式会社あわえ。今回は辺り一面の大自然、その中心を流れる川でPCを広げ仕事をする写真のモデルにもなった山下さんに地方での働き方や魅力についてお伺いしてきました。

山下 拓未(やました たくみ)

株式会社あわえ取締役COO兼事業開発部部長。神奈川県秦野市出身。地方で働くことで日本の「田舎」が抱えるさまざまな地域課題を目の当たりにし、地域課題解決の必要性を実感して、徳島県美波町への移住を決意。 現在は事業責任者として地域課題の解決に取り組んでいる。

【徳島県海部群美波町】
徳島県南部に位置する町。総人口7,114人(2016年12月1日時点)、面積は140.80 km²。2006年に日和佐町と由岐町が合併し美波町が誕生。新日本観光地100選にも選ばれた美しい街並みと海。四国霊場の薬王寺に参拝するお遍路で門前町は賑わい、海岸ではアカウミガメが産卵に訪れるスポットとして有名。世界的にも珍しい施設となっている日和佐うみがめ博物館などウミガメで町おこしを行い、NHK連続テレビ小説「ウェルかめ」の舞台にもなっている。
参考:美波町役場ホームページ

過労による体調不良が地方移住のキッカケに

川で仕事をする山下 拓未
──この写真は「田舎で働く」という強烈なメッセージを感じますね(笑)
これは2011年に神山町で撮った写真です!当時この写真が斬新過ぎたみたいで、SNSなどでシェアされたんです(笑)

──思わずシェアしたくなる写真ですよね(笑)ちなみに、山下さんが地方で働くことに興味を持ったキッカケって何かあったんですか?
元々ダンクソフトという会社にいたんですが、ワーカーとして都市部で働くこと自体にずっと疑問を感じていて、仕事も結構過酷だし、疲弊してるなと感じることが多かったんです。ふとした時に「このまま生きて、このまま死んでいくのかな」って不安になってしまって(笑)ちょうどそんなタイミングで体調を崩して、半年くらい寝たきりになったんですよ。

──えっ...?そうなんですか?
はい(笑)ただ、僕の仕事はデザイン業務なので、ネット環境さえあればどこでも仕事が出来るなーって思い、半分出社、半分在宅で仕事をさせて欲しいって会社にお願いして、ワークスタイルを変えてもらいました。

──体調を崩したことがキッカケで、働き方を見つめ直したんですね。
そうですね!実際、半分在宅でも今まで通りに仕事が出来たので、今度は家じゃなくて趣味も楽しめる環境で仕事をしてみたいと思い「伊豆で遊びを教えるNPO法人を運営しながら、デザインの仕事もできる拠点を作りたい」と会社に伝えたんです。その後、会社の支援を得ることができ伊豆で新しい事業を立ち上げることになりまして。この時が僕とサテライトオフィス開発プロジェクトとの出会いになります。

──そこでは、どのような仕事をされていたんですか?
フライフィッシングやカヌーなどのアウトドアアクティビティを通じ地域活性化を促すNPO法人の運営と、今まで通りのデザイン業務を並行して行う感じですね。この時、僕にとって理想的な働き方(サテライトオフィスワーク)が実現できたと感じました。

また、NPO法人の活動でお世話になっている地域の方からパソコンやデザインの相談を受ける事も多くあり、地域で必要とされる人材イメージや田舎独特のギブアンドテイクの文化を知ることができたんです。

──なぜ伊豆での事業は辞められてしまったんですか?
リーマンショックや東日本大震災の影響で施設を閉鎖しなきゃいけなくなってしまったんです。その直後、徳島出身の経営者の方から「暇してるなら一度徳島を見にこないか」と言われ2011年5月に初めて徳島を訪れました。かねてより「徳島はITインフラ日本一!」と聞いていたのですが実際は半信半疑でした。

──実際に徳島県に訪れたら印象は大きく変わったんですか?
そうですね。様々な地域を視察させていただいたのですが、中でも神山町のNPO法人グリーンバレー大南さんとの出会いは大きかったです。立派な古民家やネット回線の状況などをご紹介していただき、同年9月に「徳島県神山町第一回サテライトオフィス実証実験」を行わせていただくことになりました。

忙しいけど楽しい美波町での日常

株式会社あわえのサテライトオフィス──そこからなぜ、美波町で「株式会社あわえ」を立ち上げたんですか?
神山町でのサテライトオフィスの実験実証を進めていく中で、徳島県が抱える最大の地域課題である「過疎集落」「限界集落」の存在を知ったんです。その解決方法の一つがサテライトオフィスでしたが、伊豆での経験も合わせると、もっと出来ることがあるはずだと思い、地域課題解決の企画を進めようと思ったんです。

そんなとき、サイファー・テックの吉田さんが地域課題を解決する会社を美波町でやりたいと考えていることを知り、色々話していくと意気投合しちゃいまして(笑)吉田さんと僕が考えていた美波町に対する想いを形にしたのが株式会社あわえなんです。

──吉田さんとは共同創業者みたいな感じだったんですね!
ですね。吉田さんも住民から『これどうにかなんない』とか『悩みがあるから聞いてくれ』といった地域の課題を相談される機会が多くあったみたいで。地域課題の解決となるとサイファー・テックは事業ドメインが違うので、別法人としてあわえを創業しました。

──美波町と都心だと仕事に対する考え方って大きく違いますか?
全然違うと思いますよ!あわえの業務内容も大きな要因ですが、先ずやりたいことより求められることが多いんです。例えば、都心だと仕事の内容や時間、場所ってだいたい決まっていて自分で仕事を探すとかってあまりないですよね?これって仕事の効率化は出来ますが、受け身になりやすいと思うんです。

一方で美波町だと生活地域で仕事をするので、課題を抱えている人が目の前にいて直接相談をしてくれます。こういった相談から地域課題を抽出して解決方法を仕事につなげていくので、仕事と生活を切り離さないで柔軟に対応していく必要があるんです。

──良い意味で仕事と生活を混同させる感じなんですね!
はい!あと田舎はデザイナーでも営業でも肩書は何でもいいんですよね。「で、お前は地域のために何が出来るの?」ってところがスタートなんです(笑)

「人の話をしっかり聞く」「自分の意見をしっかり言う」「できること・できないことの棲み分けをする」「仕事もちゃんと出来る」その上で、地区の草刈りで誰よりも汗をかいたり、お祭りを楽しんだりする。こういったことができて初めて田舎で知的生産が出来るようになるんだと思います。

──地域活動も積極的に参加されてますよね?
春から秋にかけて行われる、田植え・稲刈り・草刈り・阿波踊り・お祭り・町民運動会・その都度行われる準備や反省会と言う名の「飲み会」が目白押しですね(笑)地域活動での役割を「出役(でやく)」と呼んでいますが、こういった場で地域の方から、課題や悩みを直接聞けることも多いので、仕事ではないんですが「出役」がとても重要なんです。

──「田舎=スローライフ」と思う方も多くいらっしゃると思いますが、実際はどうなんでしょうか?
美波町の場合は体感的に東京にいた時の4〜5倍忙しいですね!東京だと通勤時間にスマホで1時間くらい好きなように遊べたりしますよね?こっちで1時間スマホをいじる時間を作ろうとすると、寝る前くらいしかないんですよ。でも毎日とても充実感があるので全然嫌じゃないんです。

──話されているお顔がとても楽しそうなので、すごく伝わりました!ちなみに山下さんの美波町での1日のタイムスケジュールを教えてほしいです!
春~秋の忙しいケースを例にあげると、だいたい7時くらいに起きて、漁師さんが持ってきてくれた魚をさばくとこから1日が始まりますね(笑)そのあと8時半くらいに、みんなでコーヒーを飲んだりしながら、地域の方にスマホの使い方を教えたりしてますね(笑)

そこからは、18時くらいまで仕事をして、18時半までに食事を済ませて地域の集会所になっている美雲屋さんで飲み会ですね(笑)地元のおっちゃん達が海の幸を持ってきてくれるので、それを頂いたりします。そして次の日は朝4時から釣りに行って…みたいな感じですね(笑)

──美雲屋の小林さんもFledgeでインタビューさせていただきましたが、山下さんとも親交があるんですね!
こばやん(※美雲屋小林さんのニックネーム)は引っ越した時期が近くて、会社も年齢も育った地域も違いますが、移住生活を共に過ごす戦友ですね(笑)とても仲良くさせて頂いてます。ちなみに美波町に来てる会社はみんなすごく仲良いですよ!

「誰かに尊敬される人」「地域から愛される人」


──美波町の魅力ってどういったところでしょうか?
まずはお祭りがとっても魅力ですね!参加すると一気に美波町の良い部分が見えるんですが、街全体の一体感がすごいんです!移住者や見に来てくれた方に対しても凄くウェルカムで、みんなで盛り上げようって意識がとても強い街なんですよ。こういう人と人との繋がりが一番の魅力だと思いますね!

──サイファー・テックさんや美雲屋さんも、祭りは本当にヤバイって言ってました(笑)
ちょっとしたフェスなんですよね。思い出しただけで鳥肌が立ちます(笑)美波町は地域行事が本当に魅力で阿波踊りもドーパミン出まくりでどんな遊びよりも感動しますね。

──何となくなイメージなんですが、踊ることって恥ずかしくないんですか?
東京だと踊りって何となく恥ずかしいですよね?でも美波町にいると全然違う感覚になってきて、女性はより美しく見えるし、男性もちゃんとした踊り方を覚えるとカッコイイので「やりたい!」に変わるんですよね!

──魅力に感じる部分には必ず「人」が関わっていますね!
地域の方はすごくカッコいい人が多いんですよ!特に仲良くさせて頂いてる60歳くらいでサーフィンをやってるおっちゃん達は、話はうまいし、釣りもうまい。魅力的な人たちですし、遊びの大先輩ですね。

美波町に移住した理由の一つがこの大先輩たちの姿で、自分が60歳になったとき、東京にいて誰かに尊敬される人に本当になれるの?このまま誰にも尊敬されない人生でいいの?あなたは東京と美波どっちを選びますか?って言われているよな気がして。

──そこまで人に影響を与えられるって凄いですね!!
そういったカッコイイ大人がいるから地域の子供達もいい意味で影響を受けていると思うし、若い人たちも本当にしっかりしているんです。僕らみたいな移住者なんかは、本気でぶつからないと舐められます(笑)でもそのお蔭で、年齢や立場に関係なく誰の話でもしっかり聞けるようになれましたし、それに気づかせてくれる環境なことも魅力ですね。

──移住者で地域から愛される人ってどういった人が多いのでしょうか?
美波町って人に対する評価制度が出来上がっていて、基準は、酒の飲み方、遊び方、話し方、お祭りや地域行事の仕切り方、力持ちかどうかで判断されるんですね(笑)そういった基準をクリアしていった人は地域から愛される人に自然となっていますね!

──ちょっと女性には厳しい評価基準なんですね(笑)
あっ!女性はまったく別です!「若い」「可愛い」の2軸で、男では辿り着けない「神の領域」に辿り着けますね(笑)僕よりうちの女性スタッフの方が圧倒的に地域での評価が高いですから(笑)

──なるほど(笑)
こういった評価のお披露目の場がお祭りや阿波踊りなんですが、どこか間違っていれば必ず誰かが真剣に叱ってくれるし、良い部分は褒めてくれます!移住者は地域住民からすれば年齢だけ30歳の赤ちゃんみたいなもんで、全然できないことだらけなんですよ。それを親身になって礼儀や田舎の作法を教育してくれるんです。

──人間味に溢れていて愛情のあるコミュニケーションですね!
そう言った礼儀や田舎の作法を知っている事が「美波の大人」の条件なので、評価されることってすごく気分がいいことなんですよ。年齢が離れた人と普段の生活の中で生まれるコミュニケーションって都心にいると経験しにくいことなので、これこそ美波町の素晴らしいところだし、日々「生きている意味」を教わっていますね!

──貴重なお話ありがとうございました。

 

【編集後記】

あわえさんのオフィスは明治時代に運営していた銭湯「初音湯」をリノベーションしており、美波町の住宅街の中心にありますが、取材当日もお隣や向かいに住まれている地域の方と、時折雑談されていて「生活地域で仕事をする」という意味がとても伝わりました!

また取材後の雑談で「いまの30代ってスタイルを変えたい世代だから、これから色々な働き方が出てくると思いますよ」とお話されたのがとても印象的でした。

働き方が見つめ直されている今、山下さんのような自分らしいスタイルで突き抜けていき、新しい生き方や働き方のロールモデルになる人がFledge読者から出てきてくれることを願うばかりです!

※本記事の中で登場した企業は、すべてFledgeで取材させて頂いた企業のため、合わせてお読み頂ければと思います。