パパが子育てするのは「当たり前」!リモートワークで生まれるメリットとは? ── 株式会社イージフ

パパが子育てするのは「当たり前」!リモートワークで生まれるメリットとは? ── 株式会社イージフ

男性社員が8割の中、子育てがとても浸透している株式会社イージフで、子育てをしながら家の近くのコワーキングスペースでリモートワークを行っているパパさん社員の方へインタビュー。
実は、この方、以前お邪魔したコワーキングスペース「タネマキ」で出会い、今回の取材に繋がったのです!

なぜ、リモートワークを行っているのか、今の働き方に対してどう感じているのか、様々なお話を伺ってきました!

第1回
男性社員8割でも子育てに理解ある会社!イージフが目指す「大手企業では活躍できない優秀な人が活躍できる場」
第2回
パパが子育てするのは「当たり前」!リモートワークで生まれるメリットとは? ── 株式会社イージフ

加納 晶之助(かのう しょうのすけ)

取締役 CMO(Chief Marketing Officer)ワークライフバランス担当責任者。東京大学経済学部卒業。PWCコンサルティング株式会社(現日本IBM株式会社)入社後、主に戦略コンサルタントとして、大手商社に対するBPR、官公庁の新規調査業務の立ち上げ、官公庁の文書管理業務・システムの最適化計画など数々のプロジェクトに参画し、業務改革、業務策定、プロジェクトマネージメントの分野において活躍。 ワークライフバランス担当責任者として、働き方の整備や、社員からの相談役として新たな取組みや取引先との交渉、社員の上司との調整などを実施。

杉本 琢磨(すぎもと たくま)

プロダクトマネジャー オープンソースエンジニア。京都大学大学院農学研究科修士課程修了。大手印刷会社で顧客管理システムなどを担当した後、株式会社豆蔵にて、.NETを中心としたシステム開発のアーキテクトとして、多様なプロジェクトに参画。その他、雑誌などに技術者向け記事を執筆するなど多方面で活躍。子どもが小さい間は自宅近くで急用に対応できるようにと考え、コワーキングスペースの利用制度を提案し、リモートワークで業務を行っている。

リモートワークを始めたキッカケは「子育て」。奥様にも大きな変化が!


杉本 琢磨(以下、杉本):なんだか、こんなかしこまった場で話すの不思議ですね(笑)

── ほんとですね!タネマキではお世話になりました(笑)
……あれ?目元のケガ、お会いした時なかったですよね?

杉本:実は、お風呂で子どもの頭拭いてたら急にジャンプしてきて…頭突きを食らってしまいました(笑)

── えぇー!痛そう…でも、とっても元気ですね!(笑)
杉本さんがリモートワークを始めたのはお子さんが生まれたのがキッカケなんですか?

杉本:子どもが生まれたのは前職の時なんですが、その時はリモートワークができなかったんです。双子だったこともあり、絶対に大変だと分かっていたので前職では育児休暇を取りました。

イージフへは子どもが2歳くらいの時に、うちの副社長に誘われて入社しました。リモートワークも入社当初から行っています。通勤時間の削減と子育てしたいという想いがあったので今の働き方は有難いですね。

── 実際にリモートワークを始めて感じる変化はありますか?

杉本:QOL(※)がとても上がったと思いますね。
子どもの急病や送迎に対応できますし、中抜けして子どもの授業参観に参加することもできますし。オフィスまで行って中抜けして授業参観に参加するって中々できないじゃないですか(笑)

※QOLとは…クオリティー・オブ・ライフの略。仕事や生活を楽しむ豊かな人生を表現する言葉。


── かなり積極的に子育てに参加されているんですね!


杉本:子育てに「参加する」という感覚はないですね。自分の子どもなので子育ては「当たり前」だと思ってます。
でも、得意・不得意があって、僕は料理が不得意なので料理は奥さんに全部やってもらっているんです。その分、他でできないことはないと思っているので、自分にできることはやろうと思っていますね。

── 素晴らしいですね。このような働き方になってから奥様も凄く助かってるんじゃないですか?

杉本:どうなんですかね(笑)
ただ、今年の4月から妻がフルで働き始めたんですけど、それはこの働き方のおかげだと思いますね。もし僕が毎朝7:00には家を出なければならないような仕事なら、朝の家事や子どもの送り迎えをやる人が必然的に妻だけになってしまうので。
僕の働き方は時間の融通がきくから、奥さんも朝早くから仕事に出ることができるんですよね。

多様な働き方が長く働くための秘訣になる

── イージフさん自体、子育てがしやすい環境が浸透しているということですが、どのような場面で「子育てへ理解があるなぁ」と感じますか?

杉本:子どもの用事に何も嫌な顔をされないところですかね。社員旅行では子どものいる家は子どもを連れていきますし。

── へぇーー!家族同士で交流できる機会って中々ないので良いですね!

杉本:そうなんですよね。子ども同士で仲良く盛り上がったりしてて(笑)学校とは違った関係性というか友達ができるので、良かったなと思います。

あと、一昨年は夏休みの工作をさせるために小学生の子どもたちをオフィスに連れて行ってすみっこで作業させたこともありましたね。

── 子連れ出勤もOKなんですか?

加納 晶之助(以下、加納):ダメっていうわけではないので、来たら「ああ、来たんだ」って感じですね(笑)

杉本:一応うるさくなることを想定して、連れてくる前に許可を取ったのですが、「断る理由もない」って言われました(笑)

自分の業務が止まってしまったり、他の人の業務に支障が出たりすれば制度の検討やルール化をしなければならないだけですから。今のところ支障はないので、制度としてある必要性もないのかなと思いますね。

── 連れてきたいという相談があれば随時対応していくという感じなんですね。

加納:できる限り対応はしていくつもりですし、つい先日に入社した派遣のメンバーも子連れ出勤を行ってました。保育園入園直前の時期にどうしても仕事をお願いしたくて、最初の一か月間は「子どもと一緒なら仕事できます」というお話だったので、その条件で来てもらったんです。

元々、その人は前の会社でも子どもを抱っこしながら仕事をしていたこともあって、お子さんも母親が仕事をしていることに慣れているのか全く泣かないんですよ。

仕事に支障が出るどころか、お子さんがいることに気づかないくらい静かで(笑)
それを見て、やろうと思えばできるんだなって思いましたね。なので、工夫しながら、今後も色々チャレンジしていきたいと思ってますね。

── 今、「こうしなければならない」と決めるのではなく、その時その時に合わせてやり方を変化させていくことが重要なんですね。

杉本:リモートワーク一つ取ってもそうですよね。
リモートだと問題(課題)解決に時間がかかって直接相談した方が早いことって多いので、一定の短い期間に成果を出せという話であれば出社する方が成果は出ると感じます。

ただ、通勤時間が長い人、子育て・家のことを積極的に関わりたい人とかは、出社するという働き方にストレスを感じる場合もありますよね。そういう人が長期的に仕事を続けていける環境・手段の一つとしてリモートワークのような働き方が選択できるのは大事なんじゃないかなと。

「こうしなければならない」という働き方は古い、だからこそ「選択肢」の発信を

▲イージフのロゴは「いろんなカタチが、見えてくる」というコンセプト

── 杉本さんも出社に対してストレスを感じた経験はあるんですか?

杉本:もちろんありますよ!(笑)家族を持つと余計に感じましたね。都心にある職場だと、その近くで住居を構えるのは金銭的に難しいじゃないですか。そうなると必然的に通勤時間が長くなるわけで…その時間でできる仕事や家事・育児って沢山あるので、それに対して余計にストレスを感じましたね。

それと、僕が昔から思ってることなんですけど台風の日に頑張って会社に行く意味がよく分からなくて(笑)みんな台風の日に電車に乗って、台風だから電車が遅れて混んで、ストレスを感じて、怒ってる。台風の日に、ストレスを抱えながら出社して頑張ってやらなきゃいけない仕事があるのかな?と思います。

── 確かに…そういう時こそ、リモートワークを選択できるだけでも心の余裕が生まれる気がします。

杉本:生まれますね。イージフではリモートワークに加えて、コワーキングスペースの利用補助も出してくれるので、「都市部のターミナル駅の近くのコワーキングスペースをサテライトとして使う」ことができます。通勤時間をそのまま育児の時間に回せて、とても助かってます。

世の中の仕事は「必ずそこに行かなければならない」「必ずこう働かなければいけない」ことが多いですが、今の働き方をしていると全部が全部そうではないかなと思います。

── 仕事以外にもやりたいことがあるのに、結局仕事にとらわれている人って「こうしなければ」と思ってることが多いような気がします。

杉本:仕事でストレスを抱えて心身共に疲弊している人って沢山いますけど、そこまで自分をすり減らすほど仕事って重要なことなのか?と疑問ですね。
仕事がそこまで重要だと思うなら、家庭だって同じくらいというかそれ以上にとても重要だと思うんですよ。

今、働き方が変化している中で、従来の働き方が良いと思う人は、今の働き方改革が合ってない場合もあります。
一人ひとりの考えや生き方はそれぞれ違うので、お互いに生きやすい環境で働くことが一番いいですし、選択肢は多くあった方がよくて、働き方を個人の意志で選べるのが理想ですね。

あと、働き方に選択肢があることに気づいていない人も沢山いますよね。なので、こういう形でFledgeさんみたいな媒体が情報を発信してくださることで、働く人たちが選択肢に気づけるキッカケになるんじゃないかなと。それに加えて、僕たちもこういう生き方・働き方があることを発信していかなければと思いますね。

── 私たちも働く人たちに気づきを与えられるようにどんどん発信していきます!本日は貴重なお話ありがとうございました!

まとめ

男性は仕事、女性は家事・育児という風潮が未だ根強い日本ですが、「自分の子どもを育てるのに参加するも何もない、それが当たり前」だと答える杉本さんは父親の鏡だと感じました。
また、イージフの社員さんは皆さん、ただ制度を利用しているわけではありません。
加納さんからはこのようなお話もありました。

加納:うちのメンバーはとても優秀な人ばかりなので、新しく採用するのにはかなり苦労します。優秀な人たちと同じレベルで一緒に働くことのできる方を採用しなければならないので(笑)

制度を利用しながらも皆さん、会社にとても貢献されているんだそうです。

優秀な人が、みんな「バリバリ働きたい!」と思ってるかというとそんなことはないですよね。「家族との時間を大事にしたい」「趣味の時間を増やしたい」そんな人たちが、パフォーマンスを最大限に発揮できる環境がここにはある、と強く感じました。

▼今回お話を伺った企業の情報
株式会社イージフ

第1回
男性社員8割でも子育てに理解ある会社!イージフが目指す「大手企業では活躍できない優秀な人が活躍できる場」
第2回
パパが子育てするのは「当たり前」!リモートワークで生まれるメリットとは? ── 株式会社イージフ
このエントリーをはてなブックマークに追加
TAGS
もっと便利に!

記事のクリップを使ってオリジナルのライブラリを作りましょう。

すでにアカウントをお持ちの方
or

ソーシャルアカウントで登録/ログイン