<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1176794389076832&ev=PageView&noscript=1" />

今ある地方の資源で一日10万人近く観光客を呼び込む方法とは??

今ある地方の資源で一日10万人近く観光客を呼び込む方法とは??

川原泰祐(かわはら たいすけ)

1991年生奈良県斑鳩町出身。サラリーマン時代、やりたいことが実現できずに葛藤。その最中うつ病を患う。うつを克服したことを皮切りに、自身のキャリアを見つめ直し起業。インターネットラジオ局の立上・運営、WEBマーケティング・コンサルティング業を通じ、セミナーや講演を実施。夢はなら100年会館(1700人キャパ)で講演すること。

奈良アンバサダーの「鹿・大仏・たいちゃん」こと川原泰祐です!


今回よく僕の住む奈良は「何もない」と言われてしまうのですが

あっても「鹿」「大仏」としか言われないのですが…


実はものすごく潤っている部分もあるので

そんな隠された地方奈良の可能性を知ってもらえれば!

と思っております!!




奈良にはとっておきの地方創生のための秘策がある!!


夏の風物詩〜

また地方にとってはたくさん人が来てもらえ、

大きな認知のきっかけ・ビジネスチャンスになる。


「花火大会」


全国的にも地方で成功している

花火大会の事例は数知れず…



が!!!

奈良県 特に県庁所在地の奈良市には

大きな花火大会がありません!!

(小規模なものはたくさんあります…!)


しかし

奈良県内には一日で10万人近く動員する

モンスターイベントがあります。


その名は

「なら燈花会」




なら燈花会(とうかえ)とは??



公式HPより引用


1300年前に都として栄えた奈良。 広大な自然の中に古代日本のおもかげが今も残る。
そんな奈良にふさわしい、どこか懐かしさを感じ、 心を癒してくれるろうそくのやさしい灯り。
「なら燈花会」はゆったりと時の流れる 世界遺産の地、奈良に集う人々の祈りを ろうそくの灯りで照らし出します。
1999年に誕生した「なら燈花会」。
古都奈良にろうそくの灯りがとけ込み、 人々の心にさまざまな感動を与えてきました。
夏のたった10日間だけ、 広大な奈良の緑と歴史の中にろうそくの花が咲きます。
「燈花」とは、灯心の先にできる花の形のかたまり。 これができると縁起が良いと言われています。
「なら燈花会」を訪れた人々が幸せになりますように。 そんな願いを込めてろうそく一つ一つに灯りをともします。


引用元: http://www.toukae.jp/



20年続くイベントになりますが

燈花会にめがけて奈良に来てくださる方が

期間中トータル90万人を超える奈良の中でも大イベントです。


かつては来たカップルは別れると逸話が残される

「さよ”なら”の”奈良”」とも言われていた悲しい過去…


それが見事にデートスポットとして様変わりしています!!



普段の奈良公園を灯篭で彩るだけで

県内で最高のヒットコンテンツになっています。

(もちろん関わる方々の弛まぬ努力があってです!)



地域と地域の企業、そして燈花会はこのイベントが好きと言う方が

毎日多くの有志の方がサポーターとして設営に関わってくださってます。


まさしく地方とその地方が好きな方の協力によって成り立つ

奈良で最強の地方創生コンテンツだと感じています。





燈花会に続け!奈良の夏といえば「ならまち遊歩」


この度私たいちゃんも公式アンバサダーとして

広報役を担わせていただいたイベント


「ならまち遊歩」

http://naramachi-yuho.com/


こちらはまだ3年目と若いイベントですが先日8月25日に終了しました。



古き良き街並みが残る「ならまち」

ここを1000個の提灯で彩り

昨年は2万人を超える方に来ていただけました。


今年もまだ来場者数はまだ出てませんが

普段見れない人と灯で活気付いたならまちの景色がありました!


口で説明するよりも写真でその良さを感じてもらえたら嬉しいです!!笑






地域とその地域が好きな人の連携は必須!!


今回ならまち遊歩に関しては、共催に奈良県・奈良市が入り

奈良に思い入れのある人をアンバサダーとして選出し

イベントの広報役を任命してくださいました。


総じて主催側とその想いに共感した協力者によって

プロジェクトは進んでいたのです


本イベントに限らず、この構想はどんなプロジェクトにも当てはまるはずです。



「奈良を盛り上げる」という想いの旗を建て

「奈良が好きで、たくさんの人に知って欲しい!」

という想いを持った人がその旗の下に集まる


バックボーンが全く違う仲間でも「共通の目的」を持っていれば

足並みを揃える大きなきっかけになり

その数が増えればプロジェクトは大きくなっていく


だから地域に住む方や地域を盛り上げたい方にお伝えしたいのが

「もっとその地域が好きな人を頼って欲しい!」と思っています


そんなマッチングを成すためには

互いに歩み寄る必要があると思っています

そしてそれを近付けるのが「発信」だと思っています


前回記載させてもらった

https://fledge.jp/article/kawahara-chihouhatten

WEBが地域の生命線の1つだということは

協力者を見つけるために必要な要素だからです



想いのマッチング

による地域と地域に想いのある人の連携



これによって集まった人の活躍による

プロジェクトは成功に近付く




心の奥底で自分の住む土地の発展を願っていない人は

いないと僕は信じているので


その人の心が震わせるようになるまで

目に留まるよう発信は続けて行かないとなと

自分にも言い聞かせています。



地方が好きで盛り上げたい人たちへ

「その地方が好きのアピールをドンドンしていきましょう!」


そうしたらきっと

地方の活性化を担う人がきっと見つけてくれます!!


そしてその土地への愛を感じてもらえたら

手を取り合ってより良い地方を創れる活動に繋がるはず


ならまち遊歩はそれが見事に実現されたイベントでした。


「奈良が好き」で集まったならまち遊歩公式アンバサダーの皆




奈良の観光以外の魅力「伝統工芸」


ならまち遊歩は終幕し、夏の催しが終わってしまいましたが

奈良にはまだ知られていないだけで眠っているコンテンツが多々あります!!



その1つ「伝統工芸」



シルクロードの終着点でもある奈良

日本の伝統工芸のそもそもの興りも奈良であったとかないとか…


そんな奈良を代表するものの1つ

伝統工芸の発展のためのイベントを企画してます!!


詳細はリンク先へ!

https://www.facebook.com/events/490717691694875/


職人さんは作品作りに集中してもらい

広げるのは僕らの役割!!!


地方での役割分担をしながら

一緒に盛り上げてくれる場になっていくはずです♪



▼川原さんの活躍詳細はこちら!

https://www.instagram.com/taisuke_naranara/

https://twitter.com/TaisukeNara