「これやってもらえる?」この一言に、フリーランスへの第一歩のヒント有り。

「これやってもらえる?」この一言に、フリーランスへの第一歩のヒント有り。

株式会社LiBの企業インタビュー(近日公開予定)に同席いただいた広報担当の味岡さんが登壇する、『広報コンサルタントに聞く!「フリーランスの心構え」を知るトークイベント』に参加してきました!このイベントを主催するのは、しなやかに自分らしく生きる女性を応援するメディア『Rhythmoon(リズムーン)』。現役フリーランサーの赤裸々トークを、【仕事編】と【働き方&マインド編】で余すところなくお届けします。まずは、仕事編からどうぞ。

第1回
「これやってもらえる?」この一言に、フリーランスへの第一歩のヒント有り。
第2回
フリーランス広報コンサルタントが実践する、“自由”である事を楽しむための「マイルール」と「心構え」

【登壇者】 味岡倫歩さん

74広報事務所代表。 株式会社リクルート、株式会社富士山マガジンサービスを経て独立。スタートアップ企業、広報部門を持たない企業、新規事業などの広報部門の立ち上げ、機能改善、コンサルティングをメインで請け負う。現在は、キャリア女性向けライフキャリア支援事業を行う「LiB」やウェアラブルデバイスメーカーの広報、ベンチャー企業における広報コンサルティングなどの業務を請け負っている。

【聞き手】 オノリナさん

リズムーン編集長であり、合同会社カレイドスタイル代表。 IT企業、女性向けWebメディア編集を経て、2006年よりフリーランスに。国内外のネットワークを活かして最適なチームを組みながら、Webを中心としたコンテンツ企画・制作、発信などに関わっている。2009年にリズムーンの活動をスタート。組織という枠や概念を超え、「個」が主役の多様な働き方を加速させる社会の実現に向けた事業・サービスを展開している。これまで、のべ800人の女性フリーランスとの出会いと対話を通じて得た知見をもとに、イベントなどでは、フリーランスを目指す人向けのカウンセリングを担当することも。2014年、合同会社カレイドスタイルを設立。プライベートでは、2006年、2011年、2013年生まれの3児の母。

【仕事編】

フリーランスへの道4パターン

オノリナ氏(以下、オノ):今までリズムーンでインタビューしてきた中で統計をとってみると、フリーランスになる方法として、大きく4つくらいのパターンに分けられるなと思っているんですね。

まず1つ目は、これまで経験してきたスキルを生かしてフリーになるパターンです。旅行会社の会社員とかツアーコンダクターをやっていて、自分で旅行などを販売するような会社を立ち上げた方や、美容室で働いていたけれどフリーの美容師になって店舗の椅子を一個だけ借りてやっている方もいらっしゃいます。

2つ目は、習い事とか趣味を仕事にしていくパターン。子供の頃からずっと大好きなものがいつの間にか仕事になって行ったとか、アロマセラピーやアートフラワーとか好きな事を仕事にするという形でフリーランスの道を切り開く方です。

3つ目は、資格を取ってキャリアアップに繋げるパターン。介護福祉士とか、古民家鑑定士という資格を持っている方もいらっしゃって、何か資格を取得してそれでキャリアを少しずつ積んで独立して行く方もいます。

4つ目は、オリジナルの仕事を作っちゃうというパターン。きっかけプロデュースとかスカイプコンサルタントとか……。

味岡倫歩氏(以下、味岡):へー!面白いですね。

オノ:色々な方がいらっしゃって面白いんです。味岡さんは1つ目の(それまで培ってきたスキルを生かしてフリーになる)パターンですよね。

味岡:そうですね。前職の富士山マガジンサービスという雑誌の定期購読販売のサイトを運営している会社でwebマーケティングをやっていて、最後の1年間で本格的に広報のお仕事をしていました。

会社員時代に身につけたスキルでフリーランスに


オノ:
その前にいらっしゃったリクルートでは営業をされていたと伺ってますが、富士山マガジンサービスではwebマーケティングをやっていて、どこから広報っていうお仕事に繋がって行ったんですか?

味岡:そもそも広報をやり始めたのは、webマーケティングの視点からなんです。webマーケティングの担当でありながら、プレスリリースを書くとか、広報職の真似事っぽいことはそれなりにやっていたりしたんです、実は。

その後、売上を伸ばす手法は他にないかと考えていた時に、その1つの方法として広報に本格的に取り組み始めたという感じです。

オノ:そうなんですね。フリーランスになろうと思ったきっかけはなんだったんですか?

味岡:私の場合、退社をする事が先に決まっていたんです。次はどうしようかと考えていた時に、転職するか、留学するか、独立するかのどれかで悩んでいました。転職は誰もが普通に思い浮かべる道だと思うんですけれども、「留学はこの時期じゃないと行けないな…」って思ったり「独立もいいな…」って思ったり。

その話を社内外問わず何十人にも相談しているうちに、
「この仕事やってくれない?」とたまたまお声がけいただけて、
「あ、じゃあやります。」みたいな感じで(笑)
そうやってお仕事につながるようになっていきました。

それが32歳のタイミングだったんですけれども、もし才能がなくて失敗しても転職できる年齢だとも思いましたし、そのようにフリーランスの形態でお仕事をいただけるんだったら一回やってみよう!と独立する事にしました。お陰様でそのまま続けられています。

オノ:「広報の仕事をお願い」って言われた時に、「自分は一年しかやってないから出来ないかも」という気持ちは無かったんですか?

味岡:逆に、(まだ経験が浅い私に仕事を頼むなんて)みなさんすごい勇気あるなって思ってました(笑)

独立して最初にいただいたのはwebマーケティングのお仕事だったんです。でもwebマーケティングの仕事はその一件だけで(笑)後はずっと広報の仕事をいただいています。

前職で広報を本格的にやり始めた時に「なんて面白い仕事なんだ!」と感じてはまってしまって、もっと本格的に広報をやりたいという想いがありました。
実は前職を辞めるのを決めた理由に、「広報を続けられないかもしれない・・・」ということもありましたし、大好きな仕事なので、あまり不安とかそういった気持ちは無かったですね。「やれるものなら何でもやらせて下さい!」みたいな感じでした(笑)

「これやってもらえる?」と言われることを仕事にしてみる


オノ:
そうなんですね。フリーランスになりたいけど、どんな仕事で独立したらいいか分からないっていう相談も結構あるんですよ。

味岡:そういう場合は、自分がやってる事を誰かに話した時に、「じゃあ、これが必要なんだけどやってくれない?」と言ってもらえることを仕事にしたらいいのではないかと思います。もちろんそれは自分が発信していかなくてはいけないし、資格がいるものであれば資格も取らなくちゃいけないんですけど、多分それが一番早いですし、確実ですよね。

オノ:自分の得意分野や持っているスキル」に対して「人がお金を払いたいと思ってくれるかどうか」この2つがマッチしていれば大丈夫かなって思いますね。

味岡:フリーランスになってみて驚いたのは「何でも仕事になる」ということです。

広報の仕事ってプレスリリースを書きますとか、SNSを更新しますとか、記者さんと繋げますとか、ブログ記事を書きますとか、色々とあります。だからそれを丸っと依頼されると思いきや、「ツイッターの更新だけやってくれないか」のように「そこだけやって欲しい」っていう話が結構あるんですよ(笑)

オノ:そういった依頼もあるんですね!

あとは、自分の中で月々どれぐらい稼ぎたいか。それを稼ぐ為にはどういう仕事を組み合わせたらいいかというのを考えて、その理想に近づく為に実践していくだけですね。

1つの仕事だけで食べていくのが理想と思われるかもしれませんが、決してそんなことはないと思います。色んな仕事があって、それを自由に選ぶことができるのがフリーランスですから。

味岡:そうですね。フリーランスの一番のメリットは、やりたくない仕事をやらなくて済む事だと思うんです。逆に言えば、やりたい仕事しかしないので、きちんと考えないとお給料がそれこそすごく少なくなったりとか、働き過ぎちゃったりもしてしまうので、そこのバランスをどう取るかっているのは大事ですね。

次回は、フリーランスってどんな感じで働くのが良い?どんな考え方や心持ちですべき?働き方&マインド編をお届けします♪

このエントリーをはてなブックマークに追加
もっと便利に!

記事のクリップを使ってオリジナルのライブラリを作りましょう。

すでにアカウントをお持ちの方
or

ソーシャルアカウントで登録/ログイン

TAGS